墨田さんぽ その2 <鳩の街通り商店街>

一行は、鳩の街通り商店街へ。向島界隈は戦災で焼け残ったところも多く、昭和の香りが色濃く残
るところです。

f0063645_22145147.jpg

f0063645_22153268.jpg
田中冩真館。入り口がV字形でものすごくコンパクトにでき
ています。あまり立派な体格になると入れないかもしれませ
ん....。


それにしても、ドアの塗装が色あせて、なんともいい、乾い
たブルーになっています。

f0063645_22155013.jpg
質屋さんの塀沿い。じゅんこさんが教えてくれ
たのですが、ブロック塀の小さな穴から首を出
した植木が、こんなに立派に育っています!

f0063645_22161597.jpg
あれまあ!

緑のカーテンというのも巷に増
えているけれど、これはもしや
緑の壁か!?







f0063645_22163458.jpg

ちょっと遊び心のある入り口。
なかなかモダン。


f0063645_22165055.jpgf0063645_22195254.jpg

f0063645_2217543.jpg
このベージュの3つの写真は同じ建物。
塗りつぶされた看板(? もしくは掲示板?)
がまるで作品のよう。

f0063645_22222641.jpgf0063645_22224585.jpg

丸い柱の装飾、細かいタイルで彩った建物が多く残っています。今は静かな民家のようです。


f0063645_2223886.jpg
商店街には、店主がお年を召して、もう営業し
ていない店もちらほら。この閉まったきりの手
芸材料店には、私の欲しいものが幾つもあった
のです。
交渉しにもう一度行ってみようかな...。

f0063645_22232879.jpg
ぶら下がっているもの、2点。
日差しの強い、午後の街にぷ
ら〜〜ん。




せっかくここまで来たならと
じゅんこさんに案内されて
次の場所までまだぷらぷら歩き
ま〜す。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-08-05 23:13 | 散歩と旅・建物 | Comments(8)
Commented by 王華 at 2008-08-06 00:10 x
「このベージュの建物〜」ってやつの前で撮られた昭和20年代の写真、
うちにありますよー。鳩の街は元々赤線だったから。
Commented by yukiりん at 2008-08-06 15:25 x
こんにちは!先日はこんなところや、あんなところを歩かれたのですね。
知っている場所ばかりで嬉しくなります。
こちらのトップ写真は前にmasaさんも素晴らしい、ここを借りたいっ!とうなっていましたね。やはりドアの角度が可愛らしいですよね。
それにしても結構な距離をお歩きになりましたねぇ~。
あの炎天下の中、すごい運動量かと思います。
しかもまだ続くとは…!楽しみです。(^^;
Commented by junq at 2008-08-07 08:38 x
みつこさん、いま、大阪にいるんですが、大阪にはもっと昭和があってびっくりしています。じゃあ、また
Commented by kadoorie-ave at 2008-08-07 11:00
>王華さま
わあ、さすがは王華さんち。
それは父上のサイトには載っていないのでしょうか?
Commented by kadoorie-ave at 2008-08-07 11:03
>yukiりんさま
実は、ところどころタクシーにも乗ってしまいました。
三人いたので....。あの辺は散歩し甲斐がありますね。
路地を歩いていると、自分が猫になったような気がしてきます。
この冩真館、カーテンの柄までいいかんじでした。
中からもしmasaさんが出てきたらびっくりですけど。
Commented by kadoorie-ave at 2008-08-07 11:06
>junqさま
このあいだはほんとーーーにありがとう。お世話になりました。
大阪、私ももうちょっとウロウロしてみたいな〜。
ちょっと行っただけでも、歩き甲斐がありそうだと思ったもの♪
Commented by すぎ at 2008-08-11 07:29 x
滝田ゆうの世界?
むか〜し、その辺で生まれ育った友人に案内してもらったことがあります。
所謂赤線地帯?
通ったこともないのに何故かしら懐かしく感じてしまうのはどうしてなのだらふ?

Commented by kadoorie-ave at 2008-08-11 20:34
>すぎさま
ああ、そうですねえ。滝田ゆうの世界。
今はすっかり静かな商店街で、いわゆる活気もありません。
昔を思い出してまどろんでいるかのような、そんな通りですね。
すぎさんは...もしかして生まれる時代を間違えてしまったのかもしれないと思ふのです。
<< ではちょっと行ってまいります。 墨田さんぽ その1 >>