こんなのができました♪「ものがたり住宅工房」冊子

これは、私にとってはちょっと記念になる仕事でした。
なぜなら、ずうっとイラストの仕事をしてきて、はじめて
  ラフスケッチを描かずに
  少しの背伸びもせず
  トレンドも気にせず(今まで気にしていたのか?というご意見は置いておくとして)
  クライアントの顔色も気にせず
  資料も全くなしで
  自分自身の等身大、いわばすっぴんのまま
  心のおもむくままに

描くことができたからです。  
しかも、丸々一冊全部自分のイラストで、印刷もデザインも好み。こんなことは滅多にあるもので
はないと思います。
緊張はしました(どんな仕事でも多少は緊張します)。だって、先にいただいた小池一三さんの文
章は、一言一言、私の「住まい」への想いを言い当てているかのようで、きっときっとそれにぴっ
たり合う絵にしなくてはと思ったから。
大体が、私にとっては、充分に資料を揃えて「自由でなく」描くほうがよほど気が楽。力を抜い
て、自分らしく、好きなように描く
ほうが、ぐっとむずかしい。

描く前に、「光子さんや光子さん、お前さんのままでいいんだから、自信を持って、はいリラ〜
〜ックス、リラ〜ックス
」なんて、肩に力が入らないように暗示をかけたりして。鼻歌をう
たっているように描こうとして肩に力が入るとは何事!?

そうしてできたのが、これ。
f0063645_1582070.jpg


f0063645_4552773.jpg


写真が鮮明ではありませんが、雰囲気だけでも。


表紙には実はこんな窓があいています。

f0063645_1463393.jpg

f0063645_1465461.jpg

f0063645_147989.jpg

f0063645_1474578.jpg

f0063645_148023.jpg

f0063645_1481611.jpg

f0063645_1483372.jpg

f0063645_1562750.jpg

f0063645_459556.jpg

イラストそのものは、刷り上がった
瞬間から「もっとこうすればよかっ
た」「もっといい絵にしたかった」
と思ってしまうのは、自分の力不足
のせいですが。


いかがでした?


※(画像の訂正)あまりにも最初にアップした画像が不鮮明だったので、少しマシな画像と入れ替え
ました。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-07-05 23:57 | Comments(12)
Commented by tomotubby at 2008-07-06 09:08 x
表紙がいいですね。カルダーの版画が好きなんですが
共通の雰囲気を感じます。住宅とは住む人にとって繭のようなもので
その人に合わせて成長していくのかな。
Commented by ai at 2008-07-06 17:51 x
どのイラストもいいですね~。
依頼された方はお願いして良かった!って思ってらっしゃることでしょう!
Commented by yaliusatII at 2008-07-07 01:23
ウーーーーーン、こいつは素敵です。良い仕事をしてらっしゃる。パチパチパチ。素晴しい。
Commented by *やん* at 2008-07-07 01:53 x
肩に力が入っているとは思えない、優しい作品!!
こんな絵本のような冊子をもらえたら、お客様は
うれしいでしょうね♪

Commented by アン at 2008-07-07 18:01 x
ふわっと優しい気持ちになります。
見ているだけでとんがった心がま~るくま~るくなっていきます。
あたたかいイラストですね。
Commented by nao at 2008-07-07 21:37 x
せんせらしい、やさしい作品ですね〜
グリズーさんにここを紹介しておきましたよ、とっても喜んでいました。次回会えるね、きっと!
Commented by kadoorie-ave at 2008-07-08 11:49
>tomotubbyさま
カルダーは、版画もモビールも、御本人の目(といっても、母の美術雑誌で小さい頃眺めただけですけど)も好きです。
この表紙、イラストを描く前にすでにデザインが決まっていたので、見た時すっかり嬉しくなったのでした。
この色は寄り添う家族のようでもあって、左から「青春」「朱夏」「白秋」「玄冬」と
色面のそばに小さく言葉が添えてあります。
Commented by kadoorie-ave at 2008-07-08 11:53
>aiさま
ありがとうございます。
自分の素のままでイラストを描くと、パジャマか下着姿で人前に飛び出してしまったような
気恥ずかしさがあります。けれども、素のままでリラックスして描くことは
今の私にはとても必要なことでした。
若いときじゃなくて、それなりに積み重ねてきた今だからこそ...と思いました。
Commented by kadoorie-ave at 2008-07-08 11:56
> yaliusatIIさま
ほんとうに?
yaliusatIIさんにまで言っていただけるなんて、すごく嬉しいです。
積み重ねてきた分ていどの自信はあるけれど、同時に消え入りたいような自信のなさもあって
そういっていただくと少し自信になります。
Commented by kadoorie-ave at 2008-07-08 12:15
> *やん* さま
もうね、肩の力を抜くのって意外と努力が必要です〜〜。
でも、こんなにリラックスして楽しく描いたのははじめてかもしれません。
Commented by kadoorie-ave at 2008-07-08 12:21
>アンさま
これ、和紙に下描きしないで直に線描きしました。
スペースの指定もなかったので、ほんとうに自由に思いつくままに描いたのです。
「暮らし」や「住まい」のことは、実感を込めて描けるから却ってそのぶんシンプルなイラストでも保つのかも。
Commented by kadoorie-ave at 2008-07-08 12:24
>naoさま
私の、短気なところとか、そのほかよろしくないところは
全部押し入れにしまって描きました。

え、グリズーさんたちに伝えてくださったんですか??恥ずかしい〜。
でも、それなら次回会いやすいかも。はやく来ないかな〜その「次回」っていうの。
<< 朝日新聞社 広告月報 2008... で、「住人祭」かぁ.....。 >>