もうすぐ春♪

通販会社のFELISSIMO(フェリシモ)の「しあわせの学校/暮らしムックシリーズ」から
「にほんに暮らす  和のかたちとおけいこ・作法」というシリーズが出ています。
「はな」「つき」「みず」「くさ」「かぜ」「そら」の6冊。
私は各号の「にほんの文様」のページのイラストを担当しました。

丁度、95歳の祖母から昔の着物を譲り受けたところでしたので
日本の文様の美しさ、豊かさにワクワクしながら描きました。

ご覧いただけたらうれしいです。
この画像は、シリーズの中の「はな」のイラスト。
イラストは原画からそのままスキャンしたので、紙のヨレヨレが出てしまって
ごめんなさい。

f0063645_17253089.jpgf0063645_17255038.jpgf0063645_1726789.jpgf0063645_1726298.jpg
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-02-18 17:51 | イラストの仕事 | Comments(4)
Commented by neon at 2006-02-19 16:46 x
こんにちは~。春が来た~という画面ですね。私も着物柄とか大好きです。細工物もしないのに、ちりめんとかつい好きで集めてしまったり。ところで、紙は何をお使いなんでしょう?企業秘密かな?どうも、ひとの画材が気になるたちでして・・・。
Commented by GG-1 at 2006-02-19 19:07
和服の柄など、最近は【和】が見直されている様ですね
最近は しばわんこの和のこころ という川浦良枝のマンガが気に入っております
元々は幸田文や銀花という雑誌から和についての興味が始まりました
空・水・月・草 何れも面白そうですね
ちょっと眺めてみたいが書店では扱って無さそうなのが残念です
Commented by kadoorie-ave at 2006-02-19 19:22
>neonさま
!こんにちは!ようこそ。紙は私にとって大きなモンダイです。
ここで使ったのはウィンザーニュートンのLana(Medium Surface
Drawing Pad/130gsm)という紙です。
高いものではないのですが、多分既に廃盤になっていると思います。
何年か前に画材店で廃盤になると聞いて「す、すみませんこれがないと
仕事にならないんです」とチェーン各店から全ての在庫を集めてもらいストックしました。
印刷の原稿なので、質のいい厚い水彩紙だとヨレなくていいのですが、
色鉛筆の線がかすれすぎるんです。
人の目は白いところを味わいとしてつなげて見てくれますが
印刷だと白く点線のようになっちゃうので。
ほんとは「細目で白くて薄い」紙、しかも水を吸ってもヨレヨレしないのが欲しいのですが。
人の画材は私も気になります...。
(彩色は色鉛筆とホルベインの透明水彩)
Commented by kadoorie-ave at 2006-02-19 21:54
>GG-1さま
「しばわんこ・・」私も本屋さんで捜してみます。
私の和への興味は、古い時代(平安)ですが仕事で2年半ほど描いた「源氏物語」の週刊グラビア誌のイラスト。
頭の中で、映像になって動き出すころまでいかないとどうにも描けないので、
資料をたくさん漁りました。
それから、新しいところでは祖母から若いころの「東京」「横浜」の話を聞くことも愉しい刺激です。
昔の東京のお蕎麦の味は....。
当時の女学生の制服は...なんていう話を聞いて想像をふくらませています。
<< つくること・たべること・かくこと 電車でスヤスヤは。 >>