増岡徹設計室「小さな小さな家」のオープンハウス

香港のことを書こうと思ったのですが、先日、仲良くしていただいている増岡徹さん・陳雅琳
(YALINさん、もしくはEmmy♪)のお二人が手掛けた「小さな小さな家」のオープンハウスがあ
りましたので、伺って来ました。ですから、家つながりでそのご報告を。
増庵 Blog -建築設計事務所の日常と周辺-  MAS/AN 増岡徹設計室
   →→小さな小さな家 -オープンハウス終了-
YALIN note
   →→小さな小さな家15 OPEN HOUSE終了
f0063645_23485068.jpg


建築面積5.37坪 延床面積10.36坪(ロフトを除く)という条件です。
とても小さいけれど、お二人の工夫と知恵で、こんなふうに気持ちのいい空間ができるんだなあ..と
感心しました。
「ここに何人家族で住む予定?」と伺ったら、「ひとり」というお答え。そそそ...そうなの?
いいな、うらやましい〜。
ひとりなら十分広いではないですか!2人までなら余裕ですね。

あら。床に可愛い人がお休み中。低予算の床というお話でしたけど、無垢の木ってこんなふうに感
触が柔らかくて温かなものだったんだな...と再認識。昔、実家の廊下に腹這いになっていた感触は
どんなだったかな...と思い出す。合板のフローリングって、カチンとした堅さなんですよね。

<一階>一階には玄関、部屋が一つとバス・トイレ。あれっと思うような場所に洗濯機のスペース
が隠れています。

f0063645_23571329.jpgf0063645_23572541.jpgf0063645_00348.jpg
小さな壺庭からバスルームを見たところ。


<二階>キッチンはこの階。そしてパソコンを並べる予定のデスクもここに。

f0063645_005391.jpgf0063645_012134.jpg

嬉しいカラクリが、窓の外に。ささやかなスペースなれど、お布団も洗濯物も干しやすく取り込み
やすい工夫がしてあります。木のバーには布団も干せます。そしてこれは跳ね上げられる。そのし
たにチラリと見えるステンレスのバーに、ハンガーに下げた洗濯物が下げられるというしくみ。

f0063645_015397.jpgf0063645_02733.jpg

ロフトに上がりました。私ならここをどういうふうに使おうか?考えるのは楽しい。見下ろすと、
こんなふう。まだスヤスヤ眠ってます。本当は私も添い寝したかったなあ。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-04-30 23:55 | 住むこと暮らすこと | Comments(10)
Commented by na_geanna at 2008-05-01 10:40
お久しぶりです~
この「お家」は、何とSimpleでかつ機能的な家なんでしょう!
小生も、思わず釘付けになりました。
このようなところが在ったらどんなに人生が豊かに過ごせるか
ふと思ってしまいました!
Commented by shimotaka1971 at 2008-05-01 12:46

自分のブログのコメントもつけていないのに、
「小さい家」というテーマに黙っていられず、出てきましたー。
実はわが家は敷地10坪、建坪7坪の超!狭小住宅に
サマンサ&ダーリン+チビ×2+猫2.5匹で暮らしているのです。
しかも夫婦ふたりで在宅ワーカーだし!
ふふふふ……。
現在は築40年のぼっろい家に手を加えて住んでいますが、
けっこー平気です。こんなもんかなーって。
逆に、よくマンションの広告で「リビング20畳」なんて書いてあると、
そこでみんな、何してるんだろう?って思っちゃいますねー(大きな家に住めないヒガミ!?)。
こういう(小さな家)に住んでると、空間の使い方には敏感になる……ような。


チビたちが大きくなるまでに、建て替えを考えなきゃならないのが
頭のイタいところですわ……(先立つものが……!)
Commented by YALIn note at 2008-05-01 16:54 x
小野寺さんに紹介して頂いて、とても嬉しいです。
ありがとうございます♪
小さいけれど、色々と工夫して住みやすい家になったかなぁ、と思っています。
アトリエとしても、使えそうでしたか?

またオープンハウスをする時には連絡しますので、見に来て下さい。
Commented by うきうき at 2008-05-01 20:06 x
YALINさんのところから、思わず飛んできちゃいました。
いつも楽しく拝見しています。
私も実はこのオープンハウスに行きたかったのです。
もっと言ってしまうと、
あと6年早く、YALINさんにお会いしたかったです。
そのくらい、設計なさったおうちを見てくらくらしています。
今日はこのお写真を見て、もっとくらくらしています。
たくさんたくさん検討して、素敵なおうちを建ててくださいね。
(私もたくさん検討したはずなんですよ!)
Commented by 讃岐おばさん at 2008-05-02 07:51 x
私も家を建てる時は充分に検討したつもりでしたが・・・。
素晴らしいですね、主婦の目線が行き届いています。
可愛い女の子が気持ちよさげに大の字になって・・・(笑)
この写真だけで充分伝わってきます。

窓の外のカラクリも素晴らしい工夫です!
Commented by kadoorie-ave at 2008-05-02 21:30
>na_geannaさま
こちらこそご無沙汰しております〜。
なんだか、バタバタ青息吐息なんですが、それはたくさんお仕事こなしているやり手だからではなくて
今自分が何をしていたのか、一つ一つ忘れてしまう要領の悪さからなのです。ひー。
自分と方向性の合う建築家に頼むっていうことは、予算を最大限有効に使うってことなんだと思います。
低予算に四苦八苦しながらも、納得の行くものに仕上がるように
東奔西走して、キッチンの引き出しの中から壺庭の植栽まで一生懸命実現してくれます。(多分。)
Commented by kadoorie-ave at 2008-05-03 03:29
>shimotaka1971さま
そうだった。サマンサさんは、2人の生活からいきなり4人家族だもんね。
これからの展開が楽しみです〜〜。
こちらの建物も5坪ちょっとですけど、息が詰まらない工夫ができていて
光の入り方が工夫されていて、気持ちのいい空間でした。
サマンサさんとこ、築40年ですか?うわ、やっぱりお邪魔したぁい!
このお家も、気持ちの良さと忍者屋敷のように工夫・からくりがおもしろかったですけど
工夫しながら住む必要ある建物のほうが、お金で全部解決!みたいな上よりおもしろいなと思います。

私は、広いお部屋、全然オッケーですよ。...もらえるんなら.....。
Commented by kadoorie-ave at 2008-05-03 03:42
> YALIn noteさま
先日はありがとうございました!
とても気持ちのいい家でした。
誰かが住んで居る家に伺うのも、暮らしぶりが垣間見えて楽しいですけど
家そのものを見るのっていいですね。
条件の中で最大限よいものを...と工夫されているのに感心しました。
アトリエにあの家を使ったりしたら、なんだか「有名なイラストレーター」気分です....
Commented by kadoorie-ave at 2008-05-03 03:50
>うきうきさん
わぁ、ようこそ。
オープンハウスって楽しいですねえ。
オーダーメイドの家ですもんね。
ハウス・メーカーの家はどうしても「平均するとみんなこんな家が欲しいよね」
「だれだって、こういう家に住みたいはず...」という声が聞こえて来るような気がします。
どんな家を拝見しても、自分が住んだらどんなふうに使うかなぁと想像するのがおもしろいです。
私は家のことを考えるのが大好きなんですが、先立つものがないのと
将来の人生設計が見えないので、素敵なおうちはいつ建てられるのか....
Commented by kadoorie-ave at 2008-05-03 04:01
>讃岐おばさんさま
最近何故か建築家の方とお知り合いになることが多く
その「住まい」についての真摯な姿勢には頭が下がります。
こちらがどういうふうに暮らしたいのか、何が好きなのかがはっきりしていれば
後は素人には思いつかないほどの工夫や発想で、気持ちのいい住まいを
実現してくれるんだなあ...と思いました。
いつか、自分らしい家を建てることができるんだろうか.....そうしたら、夢みたい!なんですけど♪
<< 2度目の大阪 今月は大阪月間...なのか。 >>