鶏足と私。

解凍したその鶏足は、冷蔵庫のちょうど目の高さくらいのところにありました。
何か飲むものを....と、ヨロヨロと扉を開くたびに、かなりのカサの色白の足たちが「まだぁ?」と
私に迫る(ような気がする)のです。
見なかったことにしよう...と布団に戻るも、気分はこ〜んなかんじ。↓↓

f0063645_2248532.jpg

なんてったって、足ですから。34〜6個、単純に計算して17〜8羽分のニワトリさんです。無駄にせ
ず食べたい気持ちもあるけれど、病人らしく寝ていたくもある....。だってダルい。
結局、気にしているよりはさっさと作ってしまったほうがスッキリした気分で眠れるというので、
立ち上がったのでありました!

それにしても、10代の頃はイカの目玉が怖くて、一生イカなんか調理しないだろうと思っていた
のが懐かしい...。


ところで、以前書いたかもしれませんが、某・老舗中華料理店『H珍樓』のオーナー夫人J子さん
(*注)とお話ししていてとても心に残ったことがあります。
(*注):J子さんは、オーナー夫人としてのお仕事の他、エッセイストとしても御活
躍中。以前、マンガ『美味しんぼ』の編集者だった方です。とってもチャーミングな女
性!
中華料理では、日本ではあまり馴染みのない素材を扱ったり、生きているものを捌く場面もかなり
多く目にします。たとえ少々動揺しても、J子さんはそれを何一つ顔に出すことはないといいます。

「見たことのない素材や味、匂いでも、その土地に根ざした料理だったら、多分ほとんど好き嫌い
なく大丈夫かも」とか、「もし、自分の国や土地の伝統の料理に、外国から来た人が『ゲェーッ、
いやだぁあんなもの食べて』と言われたらどんな気持ちがするかなあ。慣れていないから、食べら
れないということはあるかもしれないけれど、それを軽蔑や批判の気持ちにすり替えたりするとお
互い友達にはなりにくいですよね」というような話をしていたとき。
J子さんが「それが『食べ物』かどうかというのは、その人が頭で決めていることでしかないんで
す」
ときっぱり。

ほんとだな、その通りだな...。
そういえば、自分が作り慣れない料理に挑戦する理由は、ただ日々の食事に変化を付けたいからで
はなくて、自分の価値観とか常識の枠をちょっと押し広げてみたい....枠の一歩外に出てみたい....と
いう興味からだったことに思い当たりました。今まで無自覚だったけれど。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-21 23:58 | イラスト付き | Comments(24)
Commented by greenagain at 2008-03-22 07:43
素晴らしい!これぞ光子さん!というイラストです。
前回のお料理も感動して言葉が出ませんでしたが、今回は語らねば!
こういう絵、なかなか描けないですよ(断言!)
技術とセンスと「描くぞ」という思いが見事に結晶したスピーディな絵。
好きです!
食べ物に関するJ子さんのお考えも全く同感です。
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-03-22 11:28
仕事中、もう可笑しくって声を抑えるのたいへんでした。
やっぱり光子さんのイラスト大好き^^!!

私は食い意地と好奇心があればどこでも暮らせると思ってます。
鶏の足でも芋虫でも平気なんだけど、甘く煮たナスだけは嫌いです><!

毎年春になると〝引越したい病〟が発病します。
noonさん、畳でネコと暮らせるお部屋があったらすぐにお知らせ下さい^^!
Commented by na_geanna at 2008-03-23 07:36
みつこさんの食に対する心が
>日々の食事に変化を付けたい
と言う素晴らしい部分が現れてますね~
小生ですね、最近通ってるスーパーにですね・・・
「ガラガラ蛇」の肉が売ってましたけど買う勇気がありませんでした(泣
Commented by 玉井一匡 at 2008-03-23 08:34 x
トリの足をたくさん買ってきたと言って、光子さんが見せてくださったと、きのう杏奴ママに聞きました。
「だから中国は・・・」といってひとまとめにしてしまう、近頃のものの言い方考え方を見ていると、それはまずいんじゃないかと思うことがよくあります。同じように、日本人は・・・と、ひとまとめにしてほしくないとも思いますからね。
制度である国家というものは、日本人であって同時に中国人であるということはできない。だから排他的になりやすい。そして、大きくひっくるめて色分けしてしまう。でも、食べたり友だちになったりすることは、同時に両方であることができるんだから、ちょっと垣根を越えてみようよということですね。
あの足たちが、そのちょっとした垣根なんですね。文化というのは、きっぱりとした境界がなくて連続的に変化しているし、たくさんのレイアがあるのだから、国家が対立していたってひとりひとりは信頼したり心配しあうことができる。光子さんのエントリーには、それを感じています。
Commented by 玉井一匡 at 2008-03-23 08:37 x
文字数がおおすぎると言われたので、二つに分けました。
それにもうひとつ、食べるものと食べられるものがあるということを自覚していたいということも、あの足には込められている。ぼくたちはほかの生き物のいのちを奪っているという事実を、ついつい感じていたくないと思ってしまうから、スーパーでは魚でさえ丸のまま買うことが少なくなっている。足まで食べることは、野蛮なことではなくて、むしろほかの生き物のいのちをもらう以上はできるだけ利用するという意味で、それを大切にしているということですね。
爪をとっちゃうのに「豆豉鳳爪」というのは、おもしろいなと思いましたが、やはり爪はない方がいいなあ。
沖縄の牧志市場で豚の顔を買ったことがありました。そのときに、肉屋のおばさんが「まつげの生えているところは取った方がいいよ」と言ったのを思い出しました。人間の遺品として切った爪や髪を残したり、目を閉じるということがやすらかな眠りを象徴したりしますから、さすがにつらいですね。
光子さんも、足を食べてやすらかに眠って、健康を回復してください。
Commented by yamomet at 2008-03-23 15:28
昨日は素敵なイラストをしゃもじに描いてくださってホントにありがとうございました。貴重な貴重な光子さんの一点ものです。
油なんかが沁みないようにサランラップで巻いて店に飾ります。
悲惨な風邪から昨日の宴会に復活してきてくださって感謝しています。
再見!
Commented by sayori0302 at 2008-03-23 21:34
きのうはお会いできて嬉しかったです。楽しかったです
光子さんの癒し系トーキング~♪にkozouさん同様、惚れてしまいました
尚且つイラストの素晴らしさ&面白さにも感動
たまさんがとても羨ましかった

ところで、会場で撮った写真をBlogに載せたいと思っているのですが
ご許可を頂けますでしょうか?
もちろんお顔がストレートにわからない様、何かしら加工はするつもりです
Commented by nimunimu at 2008-03-23 22:10 x
確かに…これじゃあ、おちおち寝ていられませんねぇ。。。

わたし、どこへ行ってもなんでも食べますが、
唯一食べないのは・・・納豆。
実は我が家では、納豆が食卓にあがったことがありません。
祖父母、父母ともに生粋の関西人なので、納豆を食べる習慣が
ないんでしょうね、きっと。
そのせいか、わたしの頭の中では、納豆≠食べ物という
構図が出来上がっているようです。
「あなたに食べれないものがあるなんてっ!」とよく驚かれますが…。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-23 23:28
>greenagainさま
ありがとうございます〜(かなり照れくさい〜♪けどウレシイ)
元々は、みどりさんのブログの楽しさを参考に
言葉より絵で描いたほうが伝わるでしょ...と思ったときに
身近にあった紙にマジックで描いたりしているのです。
けれど、仕事でない分リラックスしているのか
かえっていい具合に肩の力が抜けた絵が描けたりするんですよね.....
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-23 23:39
> pyontaro-piyopiyoさま
pyontaroさんも、解凍した鶏の足を冷蔵庫に入れて
じ〜っと眺めると、きっと同じ気分になれると思いますよー。
芋虫が平気なのに、茄子の甘いの(...ってかなり甘めの煮物なんですか?
多分私は平気だけど.....甘辛であれば。)
そういえば、乱切りにしたナスを多めのごま油でじっくり炒めて
醤油だけで味付けしたのって、すごく好きです。ご飯の上に乗せると幸せです。
(ところで、ウチのマンション、ニャンコもワンコも基本的にOKなんですよね〜。
問題はイナカだってことかな♪)
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-23 23:49
>na_geannaさま
私が和食以外のものを作るときは、家にいながら小さな旅をしているつもりのことが多いです。
だから、異国の街に漂う調味料や香辛料の匂いや
見慣れない色ツヤの食べ物とかがテーブルの上にチラッと現れたらいいなあと思うんです。
そのぶん、和食の時はしみじみ「日本人でよかった...」を味わうための
粗食でございます...。

ね〜ね〜、ところでそのガラガラ蛇は下ごしらえがしてあるんですか?
それとも尾頭付き???見てみたぁぁぁい!!!蛇のスープと同じ味かなあ。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-24 01:54
>玉井一匡さま
そうなんです。私は、どこか特定の国を勝手な思い込みでなんでもありがたがることも、頭から毛嫌いしたり斜に構えて批判的にしか見ないのものも、どちらもあぶなっかしいことではないかなぁと思うのです。政治、国家としての中国には共感できないところが多々あります。(今回のチベットに関しては、共感できないどころではありません。正確なきちんとした情報を知りたいです。
http://kawa721.com/essey/essey03/essey3/seizan.html)
私が好きなのは、国境とは関係ない、お互いの文化の影響だったり市井の人々の暮らしだったりします。また、自分の知る世界との「違い」も、何故そういう違いがあるんだろう?どうしてそうなったんだろう...というのを、知識だけでなく五感全部で感じ取ることができたらおもしろいなあと思っています。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-24 02:10
> 玉井一匡さま
「料理する」「食べる」ということで、体全体でわかる「何か」があると思うんです。そういうわけで、フランス人と会ったら、何となくフランスの家庭料理を作ってみたり、レスリー・チャンという人に強い興味を持ったら、彼が食べて来たであろう広東家庭料理を少しでも食べてみよう、育った土地の文化的背景を知ることになるから....などと(結構意識的に)料理をしてみることが多いです。

鶏足ですけど、ずっと以前から日本では体・本体しか食べないなあ、足はどうしているんだろう...と気になっていました。これは(私には)とてもおいしいですし、日本であまり需要がないおかげでお安いのも魅力です。

あ、そうそう。すぐ近所に住んでいたわけではないとはいえ、横浜中華街で小さな頃から眺めていた、店先に吊るされた大きな肉や漢方や香辛料、乾物などの匂いは、私に染み付いた馴染みの匂いで、「チャイナタウン+港」は私を奮い立たせるものなのです。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-24 02:18
> yamometさま
こちらこそ、なんとか駆けつけることができて本当によかったです!
寄せ書きにおしゃもじを用意するとは、さすがはあのメンバーだと感心してしまいました。
皆さん一人一人がおもしろくて、まだまだゆっくりお話ししてみたかったです。
おしゃもじに「加油!」と書いたのは、ご存知かもしれませんが
広東語で「ガーヤウ!」と読むんですが、応援する時の「ガンバッテ〜」という声援のようなものです。
なんか、お料理っぽくていいでしょ?
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-24 02:28
> sayori0302さま
私もお会いできて嬉しかったです!
もっともっとお話ししたかったですー。(吉祥寺方面なんかでバッタリお会いするなんてことないかな〜♪)
ブログも「おもしろぶろぐ・・」も「日々美々」もどんどん遡って読ませていただいています。

会場での写真、もちろん載せて下さい。楽しみにしています〜。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-24 02:33
>nimunimu さま
そうか.....納豆なんですね。
思えば、曾祖父母の出身地から両親まで辿ってみても、みんな静岡より東の人ばかり。
納豆はオッケーです。
.....でも、実はね、何でも食べられる私が(食べられないわけではないのかもしれないけど
消極的な気分で未経験なのは「いなごの甘露煮」.....
Commented by oyoge-ahiru-chan at 2008-03-24 02:35
こんばんは、ahiruです。
昨日は楽しかったです!イラストレーターの方と知り合えて、(しかも可愛らしくて面白い方だし!)本当に私の世界が広がった気がします(^∀^)
もっとたくさんいろいろなお話を聞きたかったので、また今度是非会ってください!
昨日は本当にありがとうございました!またブログにお邪魔します!
あ!リンクしてもいいですか!?
Commented by マツモト at 2008-03-24 06:11 x
鶏足でギョッとするようなヤワな日本人ではないのですが、あまり好きではありません。食べれる部分が少ないという理由。同じく鳩も・・・
今まで、ヘビ、カエル、ハクビシン、蟻(杭州料理)等々 他にも会ったかも知れません。
さすがに犬、猫は無理ですっ。決してゲテモノ好きというわけではないのですが、なんとなく食べてますね(笑)

ところで、
>私が好きなのは、国境とは関係ない、お互いの文化の影響だったり市井の人々の暮らし

全く同感。
だから中国政府は大嫌いだけど、中国人の友達はいるし。ダライ・ラマ猊下を敬愛している私なのですが、あの一方的な非難は納得出来ません。ダライ・ラマの「21世紀を生きるためのメッセージ」はご存知ですか?
含蓄ある言葉は私の人生の指針になっています。

Commented by neekanamin at 2008-03-24 22:20
こんばんは~。一緒に帰ったカナミンです☆
先日は楽しい時間を共有できてとても嬉しかったです!!
ホント、色んな職種(人種?笑)の方がいて、勉強もさせてもらっちゃいました♪
光子さんの人を引き付ける強さは見習っていかなくては!!と思いましたよ。
それには、やはりブログ面白くちゃんと更新ですかね・・・(^^;)。
帰りの電車では急にいきなり薬がきれて花粉症勃発してしまい失礼いたしました(TT_「)
お別れもワタワタしてさよならしてしまったのでちょっと心残りだったんです。ホントに失礼致しました。
コレに懲りずに、おうちが近い事も判明したし、また遊んでやってくださいませ。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-25 00:37
>oyoge-ahiru-chanさま
こちらこそ〜、お話できてすっごくうれしかったです。
ahiruさんたちが真剣な面持ちで聴いていた、美容講座も聴きたかったなあ。
それと、お話しするのが楽しくて時間がやけに短く思えました。
またゆっくりお会いしたいです〜。やっぱり「表現」に関わる仕事をしている人の話っておもしろいです。
あ、リンク、ありがとうございます!
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-25 00:52
>マツモトさま
なるほど。私は子どもの頃「思い切りパクつきたいのに、骨が邪魔をする」と
魚にモンクを言っていました。
確かに、骨と食べられる部分とでは骨のほうが多いんですよね。
ひまわりやカボチャなどの種を歯で殻を割りながら食べるのに
近い感覚かもしれません。
ところで、ハクビシン(未経験)はまだしも、蟻というのは美味しいものなのですか?
香ばしいのかな...とか、いろいろ想像しているんですけど。

「21世紀を生きるためのメッセージ」、存じております。
今や、世界中がダライ・ラマの言葉を深く心に刻んで、同時に
中国政府の言葉も聴いているわけで、中国のあんなやりかたはさすがに通用しないということを
早く思い知ってもらいたいな...。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-25 00:57
>neekanaminさま
帰りの電車が一緒で、すっかりうれしくなってしまいました!
ほんとうに色彩豊か(外見ではなくて)なメンバーで、おもしろかったですねえ。
花粉症、私も人ごとではありません。振り返り様に鼻がスプリンクラーみたいになる心配だってあります〜。
あのとき私のほうは薬が効いていたからいいけど。
電車でバッタリカナミンさんと出会ったりしないかな〜。またゆっくりお話ししたいです〜。ヨロシク!!
Commented by マツモト at 2008-03-25 18:46 x
>蟻というのは美味しいものなのですか?
お答えします。
見た目ゴマの様で、スプーンですくって食べました。
蟻酸で酸っぱいのかなと想像していましたが、そんなことはまったくなく美味しかったです。
杭州の大学に付属しているホテルレストランで頂きました。
学長にご馳走していただきましたが「杭州料理でとても珍しい料理だからぜひ召し上がってください」と勧められるがままに、パクリ。意外な美味しさにお代わりして頂きました。
同席していた友人は「私はやめとく」とびびっていました。
ハンビシンの味は覚えていません。潮州の山のレストランで出されました。注文は地元の人がしたので、食後に聞いたのでした。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-26 21:20
>マツモトさま
なるほど、変なクセもないのか...。ちょっと試してみたくなりました。
杭州名物だったんですね。
ハクビシン、広州でも市場に行けばあるよと言われました。
フランス風に言うと、ジビエなのかなあ。
(この話とは関係ありませんけど、私のお友達の家の冷蔵庫には色々なお肉があって
あるときふと気付くと『馬』と『鹿』の料理がテーブルに揃っていた模様。見てみたかったなぁ....。)
<< 朝日新聞社 広告月報(2008... ヨロヨロしながら『豆豉鳳爪』を... >>