ヨロヨロしながら『豆豉鳳爪』を...。

ああこれは完全に風邪だなあと、ぐったり横になったところで思い出したことがありました。
冷蔵庫で、もみじ(鶏足)を解凍していたのだった!

私は『もみじ(鶏足)の豆豉蒸し=豆豉鳳爪』が大好きなんです。が、レストランではお皿の上に
ちょっとしかのっていないし、お値段も『おかわり!』といえるほどは気軽なものではないので、
素材のほうを買って参りました。
新宿・池袋などにある『知音』のような中華食材店や、『肉のハナマサ』チェーンには冷凍物があ
ります。ちなみにとりたま本舗では、785円/5kgでございます。あ、そんなに要りませんけ
れど。『知音』では小分けして売っています。

f0063645_1221455.jpgで、冷蔵庫でその鶏足35個ほどが料理されるのを今か、いまかと待っていたのです。
これを駄目にしたら、鶏足の恨みを買いそうな気が....。

そういうわけで、まだ熱も下がり切らないときに、フラフラしなが
ら鶏足を調理いたしましたよ。。。



WARNING!:これより調理実況写真入り。草食系のかた、生の状態が駄目な方は、見てから私に
モンク言わないで下さい...。





f0063645_12191671.jpgこれが鶏足(もみじ)です。大体の作り方も書
いておきます。
<材料>
鶏の足(20個)...注/ここにある写真は35個く
らいです。
茹でるための湯(適宜)
塩(小さじ1)
豆豉(トウチ)(大さじ3くらい)
ニンニクみじん切り(大さじ1〜2)
生姜みじん切り(大さじ1/2〜1)
ネギみじん切り(大さじ4くらい)

醤油(大さじ3〜4)/オイスターソース(大さじ2)/酒(大さじ2)/サラダ油(揚げるときに使
う)
<作り方>
(1)鶏の足はきれいに洗って、爪を調理ばさみなどで切って取り除く。
こういう作業に慣れない方はここで、チョキンッ...ひょえ〜〜、チョキンッ...ひぃぃぃって気分に
なる、かな?ま、初めて魚をおろしたときの気分とお思いください。


f0063645_12193682.jpg
(2)沸騰した湯に塩を加えて7〜8分茹でます。

水を切って、熱いうちに醤油大さじ2くらい(上
記分量外)をまぶし、下味を付けます。

f0063645_12195070.jpg(3)揚げ鍋(中華鍋など)に
油を熱し、充分に水気を切った
(2)を一度に入れてじっくり
揚げる。結構油が跳ねるかもし
れません、御注意を。

(少量ずつ入れるともっとはね
ます....
丁寧に一本ずつペーパータオル
などで水気をとってから入れれ
ば、ほとんどはねません。
ちょっと手間ですけど。



f0063645_1220471.jpg
焦げるほど揚げる必要はありません。
私はジャーレンも持ってはいるのですが、使う
のはもっぱらコレです。
ののじの『スーパー穴あきオタモ』(あんまり
ネーミングは好きじゃないんですけど....)。
これはタテ型で、グリップが付いていないタイ
プですが、大きさ、微妙な形、継ぎ目がないこ
と...どれをとっても秀逸です。

ジャーレンはいくら水分を拭き取っても茹でものに使った直後に、揚げ物に使うと水分がハネて怖
いのですが、これはスッキリ。洗ってすぐでも、ふきんで拭いただけで問題なく使えます。

f0063645_12201714.jpg
(4)豆豉を大雑把にみじん切
りします。

鍋に油少々をひき、豆豉・ニン
ニク・生姜・ネギを炒めて
(3)の鶏の足を入れる。
オイスターソースと醤油を加え
よく絡める。

f0063645_12204313.jpg
(5)皿に盛り、蒸し器で蒸
す。(40〜1時間くらい。)

圧力鍋で蒸すのなら、15〜20分
くらいでしょうか?

蒸し上がり数分前にスティック
ブロッコリーも一緒に蒸しちゃ
いました。

f0063645_12205917.jpg

さあできた!コラーゲンたっぷり、プリプリでウマウマです。

ピリ辛味がお好きなら、途中で唐辛子も加えれば良いです。
大変そう.....ですか?
お手軽便利ではないけれど、ま、熱の下がり切らない人でもなんとかできたってことで。(爪を切
るのは、椅子に座ってチョッキンチョッキン、のんびりと。蒸している間は他のことができます。
ゴロゴロするとか、他の料理を作るとか。)

中華好きの近所の人に、分けてあげよう♪

(追記)2008年10月10日のexite newsにこんな記事がありました。
  →鶏の足、高血圧の抑制に役立つ可能性=研究
わ〜い、どんどん召し上がれ!でも、みんなが食べるようになったら材料の値段が上がってしまう
な...。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-20 13:14 | おいしいもの | Comments(28)
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-03-20 15:50
はぁ~い!ピリ辛味がお好みです~^^!
でもこれって食べてるとビール欲しくなっちゃいませんか?
まさか病み上がりでグビッと^^; ?

でも光子さんの近所に住むと嬉しいお裾分けがいっぱいありそう!
noonさんのお隣あたり、空室ありませんかねぇ^^;
Commented by Tomotubby@Phil at 2008-03-20 17:28 x
このお料理、見た目が悪いせいか日本の点心メニューに載っていないことが多いですが、中華圏ではポピュラーですよね。ともたびは杭州のホテルの朝食で間違ってオーダーして、しまったと思いつつ食べたら、意外にも甘くて美味しくて、ゼラチン質豊富で美容にも良さそうなので、以後食べるようになりました。フィリピンのチャイナタウンのレストランのメニューにもちゃんとありました。
Commented at 2008-03-20 20:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nimunimu at 2008-03-20 21:10 x
おいしそうぉ~~~!!!
これ、大・大・大好きぃ~~♪
今日、たまたまお散歩中に、生のコレを家の軒先に
干しているお宅があって「あぁ~、食べたいなぁ~」と
思っていたところ。
ご近所じゃないけど、分けていただきたい。。。
Commented by 讃岐おばさん at 2008-03-21 06:44 x
一番上の写真、とっても綺麗な色が出てますねぇ(笑)
一瞬ギョッ、でしたが進んでいくたびにふむふむと頷いてました。
一番したの写真になると「ああっ、これ食べたい!」って(爆)
好きなものを食べてゆっくり休んでくださいね"^_^"
Commented by morimaman at 2008-03-21 08:30
初めはぎょっとしたのですが、結構この食感好きです。
おいしいです。
わらしべ長者さま、同じ釜の飯を食った仲間です。

今度ごちそうをしてください!!
Commented by yukiりん at 2008-03-21 13:40 x
わっ、スゴイ!
鶏足さんはかなりグロテスクですが、スッゴク美味しそうです。
しかもコラーゲンたっぷりだなんてソソリますね!
ヨロヨロしながらもこんなに美味しそうなものを作れるなんて、大尊敬しますっ!(^^;
体調はいかがですかぁ~。また寒さがぶり返したのでお大事になさって下さいね。
Commented by 玉井一匡 at 2008-03-21 15:41 x
ふらふらになって、なおかつ解凍されたお足が気になって我慢できないというひとを、わたしはすてきだと思います。たしかに、素材はいささかも食欲をそそられないのに、工程が進むにつれて旨そうに見えてくるのは、料理人の腕というものですね。
20年ほど前に、タイでごちそうになったときに足を出されて、半分は社交辞令でウマイと言ったら、大きなお皿に山盛りの追加注文をしてくれて、苦労したことがありました。その足には水かきがついていましたから、アヒルの足だったのでしょうね。ぼくは水かきのところだけ食べたような気がします。指には鱗みたいなものがあって食べられないと思ったのです。この写真を見ると、指はプリプリしてなかなか肉付きがいいんですね。
Commented by noon-cloud at 2008-03-21 21:57 x
プリプリ、ウマウマ、ゴチソウサマ♡
お礼は、私のマジックハンドでマッサージでいいかしら?

pyontaroさん空きが出たらすぐにお知らせしますね!早いもの勝ちですよ(笑)


Commented by kago-fp at 2008-03-21 22:05
ややっ、懐かしい。台湾のお料理屋さんで出されていましたよー。
ぷりぷりうまうまですよねぇ。でも、そんなフラフラの状態で~(泣)。
私だったら、泣きながら捨てて、夢に鶏足を見そうです。
鶏足さんたちも、これほどうまうまに料理していただければ本望ですね。
それにしても、お大事にしてくださいましよ~。
Commented by non_c_e_male at 2008-03-21 22:47
はじめまして、こんにちは。
お名前はいろんなところで拝見していて、実はこちらもこっそり
のぞかせてもらっていました・・・よっしぃです。
明日の『1円を笑う会』の前にご挨拶を、と思ってまいりました。
体調はいかがですか?
お会いできるのを楽しみにしております。

1枚目の写真にちょっとドッキリしてしまいましたが、よく考えたら
豚足だってゆがく前には毛がついていたりするんですもんね。
そして出来上がりの写真をみたら、「食べてみたい!」以外の言葉が
浮かびません。うーん、おいしそう。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-22 00:11
> pyontaro-piyopiyoさま
そうそう、ビールがいいんですよね〜♪
...けれど、今回はちゃんと「烏龍茶」で大層良い子にしていました。

私は「足りないの」恐怖症で、いつも多く作り過ぎるので
是非ともnoonさんや私の住むマンションに越しておいでください!
お留守でも、ドアノブにぶら下げておきますから〜!
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-22 00:16
>Tomotubby@Philさま
わあ、今フィリピンなんですね。
フィリピンのチャイナタウンなんて聞くと、思わず映画「欲望の翼」なんて思いだしてしまいますが....
鶏足って、料理する前はチキン・ジョージみたいなのに
火が入るとプリッとしてきて艶やかに。見るからに美味しそう〜。
そういえば、フィリピン料理ってあまり詳しくありません。
ともたびさんのフィリピン報告を楽しみにしています〜!
Commented by Tomotubby@Phil at 2008-03-22 00:20 x
フィリピンでも豆花発見しました!!「タホ」といいます
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-22 00:22
>oyoge-ahiru-chanさま
ようこそ!はじめまして♪
今回の『1円を笑う会』、とても楽しみです。
すぐ真っ赤っかになってしまうので、あまり呑めないのですが
たくさんお話しできるといいなあ。
風邪はなんとかなりそうです。

調理実況の写真、これでもショックが小さいように、だいぶ小さめにしたんです...
大きい写真は..............ひぃぃぃぃぃぃっ!と、自分でも思います〜〜〜ふふふふふ
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-22 00:26
> nimunimuさま
私も大好きなんです〜〜。
自分ちで作るののいいところは、たっぷり食べられて
口のまわりが汚れちゃっても気にしな〜い♪..と、食べることに集中できるところ!
ところで、お散歩中に目撃した生鶏足は干したあと、どう料理するんでしょうね?
干すと、揚げた時皮がパリッとするからとか....?
うう〜ん、出来上がりを見たい!
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-22 00:31
>讃岐おばさんさま
>>一番上の写真、とっても綺麗な色が出てますねぇ(笑)
→そうなんです。妙に冴え冴えと写ってしまいました。
大きい写真で見るとチト怖いです。
艶が出て、トウチが乗っかるといい感じになりますねえ。
だるくても、こうして食欲だけは立派にあるので自分でも大丈夫そうだな...と思います。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-22 00:38
>morimamanさま
出来上がりの、あのプリプリ状態を夢みて
ひたすら爪を切りました。
おいしいですもんねえ、これ。
素材は手頃...というよりお安いのでやり甲斐があります。

私が藁のかわりに鶏足を持って参りましたら、morimamanさんは何をご馳走して下さるのでしょう♪
わ〜い、きっとmorimamanさんのケーキでしょう?それに...香りの高い紅茶?
かぐわしい中国茶かも♪
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-22 00:56
>yukiりんさま
ありがとうございます〜。お陰さまで、今日は起き上がって
溜まりにたまった洗濯物なんかも、なんとか片付けましたー。
鶏足は、生の状態の時はお肌の質感や硬直した形など
楳図かずおの「14歳」、チキン・ジョージの顔のド・アップなどを連想いたします。
出来上がりはニコニコです。
風邪を治すための栄養以上の、過剰なエネルギーを摂取しちゃったかも。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-22 01:20
>玉井一匡さま
すてきだなどとおほめに預かったのがうれしくて、
次のエントリーでは「鶏足が気になっておちおち寝ていられない」気分を絵に描いてみました。
下ごしらえで、白く硬直した足を手に持って、爪を切るパジャマ姿の私も
誰かがカメラに収めてくれたなら、薄気味悪くておもしろかったのにな...とちょっと残念に思いました。
中国醤油(生抽)で下味を付けたら、食材らしくなりました。
日本の中華レストランでは、せいぜい2〜10個程度がうやうやしく供されるだけですから
大きなお皿に山盛りというのは、夢のみたいです。
アヒル(?鴨?)は水かきのところも、ゼラチン質でプリプリしているのでしょうか?
鶏足は、かかと(?...あるいは手の平?)のような部分がプリッとしてなかなかいいです。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-22 01:25
>noon-cloudさま
あの程度では、数が足りなかったんではないでしょうか。
次回はもっと沢山作りますね。

 pyontaroさんがこっちに越してくれば、ノン気で楽しい長屋暮らし
またはコーポラティブハウスみたいでおもしろそうですよね。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-22 01:30
>kago-fpさま
ええ、姉上。冷蔵庫の鶏足さんたちは、「まさかこのまま放置するわけじゃあるまいなー」と
それはそれは恨めしげだったんですもん。
そのうえ、結構かさばっていたので冷蔵庫をスッキリさせたくもあり...。
(次のエントリーに、恨めしげな鶏たちの声を感じる、病の床の私のイラストを載せてみました。)
出来上がったらなかなか美味しかったので、報われた気がしました。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-22 01:36
>non_c_e_maleさま
よっしいさん、はじめまして!ようこそですー。
あっという間に週末で、結局今週は風邪で寝ていた一週間になってしまいました。
『1円を笑う会』、いよいよ明日(正確には今日!!)ですね。
調子に乗って喋り過ぎるか、人見知りをして大人しく息をひそめるか
どちらの自分が出るか心配ですが
よろしくお願いいたします!
お会いできるのを楽しみにしています。

骨の付いたところ、足の先っぽはどのお肉もおいしいですね。
コラーゲンものが大好きです♪よっしいさんも?
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-22 01:39
>Tomotubby@Philさま
おおっ、「タホ」ですか!!??
「トーファ」「トウフ」とどこか似ていなくもないような。
そういえば、台灣の食べものとつながりを感じるもの、いくつかあるようですもんね。

「Tomotubby's世界豆花巡りの旅」っていう本、あればおもしろいのに!
Commented by tomotubby@TKY at 2008-03-23 00:46 x
無事帰国しちゃいました。
昨日は返事を書かれているところに出くわしたので、
割り込んじゃいました。すみませぬ。

「ここまでの豆花のまとめ」という記事の題名を
小野寺さん命名の「世界豆花巡りの旅」に変えることにしました。
タホーの写真もアップしました。
Commented by na_geanna at 2008-03-23 07:33
キタ━━(゚∀゚)━━ヨ この「鶏の足」!
小生ですね、以前にカナダの飲茶で何気なくこの「鶏の足」を
知らずに食べてまして、一緒に行ってた出張者が引いてました・・・
コラーゲンタップリでいいんだけどね~
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-25 01:01
> tomotubby@TKYさま
お帰りなさい〜♪
タホーの写真、拝見しましたよ。
まったく豆花ですね。でも、あったかな豆腐のデザート、
しかも黒蜜(糖蜜?)だし、なんて体に優しいおやつなんだろう。
この辺でも、気軽に呼び止めて食べられたらいいのに...15円とは言わないから。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-25 01:11
>na_geannaさま
そうですよー。
これを作りながら、ナジェさんが飲茶で食べたって書いてたなあと思い出しました。
>>知らずに食べて...
...って、食べる習慣の人々から見たら食べられない人が珍しい人?
私たちも、魚の目玉のまわりの美味しさとか知っているし
生魚(って刺身だけど)の美味しさをわからない人たちを、残念に思うもんね〜
<< 鶏足と私。 風邪だったのか...(今日のは... >>