わらしべ台灣旅行23<基隆から台北へ>

 カエルさんの家へ(基隆)

九份茶房でのゆったり暖かなひとときにすっかり満足して、再び冷たい雨の中へ。タクシーを呼ん
で、基隆の街まで山を下ります。カエル氏とピーコちゃんの住むマンションがあるのです。
着いてみたらば、新しくて立派なマンションなのでした。へへぇ。立派な門にしっかりした守衛
所。まんしょんの階段はそれぞれ一階の入り口に鍵がかかっています。
カエル氏のお住まいはドアを開けると天井が高くてゆーったりしたリビング。カエル氏ご夫妻と、
長女のピーコちゃんを筆頭に三人の元気なお嬢さんたちがはしゃいで歓迎してくれます。
とろけそうに美味しいフルーツ(すっごく高そうな...)などごちそうになりながら、みんなでくつ
ろいでいると、玄関ドアがすぅっと開いて、近所の人が一人、また一人と増えて来る。私たちが来
たからではなくて、いつものことみたい。いいなあ、こういうの。

 基隆から台北の「九番坑」へ

そして、深夜だというのに全員で車を連ねてぶんぶんぶぅぅーーんと台北に食事を
しに行くことになりました!!ちょうど横浜か湘南辺りから東京に食事しに行くかんじです...深夜
に、近所の人と!?
目的の店は私がかねてから行きたいと言っていた九番坑 !!わぁい!

f0063645_235858.jpg

ここが入り口。

「九番坑 」という名前は、九份出身のオーナーが、昔の九份を懐かし
んでつけた名前。(くわしくは上の青い文字をクリックして下さい↑。
台北NAVIのページにリンクしています。)

f0063645_23115848.jpg

こんなのとか...

f0063645_23122528.jpgこんなのとか...


カエル氏が、食べなさい
食べなさい...とどんどん
注文してくれます。

カエル氏・おとうさん(勝手にそう呼んでいる...)・林先生(先生っていうのは、『〜氏』『〜さ
ん』っていう意味です)たちは、女の人たちにビールやら美味しいものを勧めて、自分たちは何も
飲まない。

そうなのでした、みんな車を運転してきたのだった...。
でも、本当に一滴も飲まない。それに、ワイワイ美味しそうに食べる女性陣を見て、満足そうにニ
コニコしているのでした。
ぅぅぅぅぅ....これっぽっちの恩着せがましさも、変に気を遣っているような様子も、当たり前だけ
ど何の見返りを求めている様子もないーーーー、感涙。外見なんてどうでもいいや(失礼、)なん
だか素敵な人に見えてきました(日本女性約三名感動。)

f0063645_23124883.jpg
ここのオーナーはお酒が好きで好きで、このお店を開いたのです
が、好き過ぎてお客さんと乾杯ばかりしているのでいつも酩酊状
態。

で、私が絵を描くのを仕事にしていると聞くと、紙とペンを持ってきて自分の似顔絵を描けという
のです!!えええ!?そんなあ!
『うまく描けたら、その器をあげよう』というのです。そのとは...?




f0063645_23345624.jpgこちら。

直径15センチくらい。
厚手の器です。

この店では、これにビールを注
いで飲みます。
昔、鉱山の九份あたりの人々は
貧しくて、お酒を呑むのにガラ
スのコップは高くて買うことが
できなかったのです。それで、
こういう雑器に注いでいたのだ
とか。

f0063645_23352387.jpg
そんな時代を忘れず懐かしむた
めに、このお店では、ビールに
この器を使うのです。

高級なアンティークではありま
せんが、当時のもので、今では
とても手に入りにくいそうです。

f0063645_23362424.jpgf0063645_2313220.jpg
オーナーが奥へ行ってし
まったスキに、サラサラッ
と似顔絵を描いてみる。

←この顔に、ハッとした
ら....じゃなくて...
特徴のある顔でよかった。
すぐになかなかの出来の似
顔絵が描けました。

f0063645_23363924.jpgオーナー、こちらに戻ってきてその
絵を見ると....結構ビックリ喜んでく
れる素直な人なのでした。
(似顔絵は私、実は得意。)

ところが、お気に入りの器なので
オーナーもそう簡単に手放したくな
い様子。

「これを呑み干したらあげるよ」と言っては次々と器にビールを注いでくれちゃう!
真っ赤っかになっちゃうんだってば〜、といっても聞いてくれないので呑むしかなく。

f0063645_2335513.jpg
無事ゲットいたしました。
わらしべな一夜でした。


※すみません...自分が器をいただいておいてなんなのですが、器はオーナーが大切にしているもので
すので、その辺、よろしくお願いいたします。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-09 23:39 | 散歩と旅・建物 | Comments(10)
Commented by *やん* at 2008-03-10 02:37 x
あのざ=ざ=降りの雨も、いい思い出になっちゃいましたね。
一枚目の写真、何気に林先生が*^c^*

ラオバンの似顔絵は本当に本当にお上手でした!!
その前のメイメイの似顔絵といい、みつこさんは本当に
イラストレーターなんだ=======って改めて再確認
した夜でした!! (怒らないで〜〜〜)

私も描いてもらえばよかった^c^;

みつこさんがビール飲まされて、真っ赤っかになってるイラ
ストも本当にそっくり!!

あ〜本当に楽しかったね♪
Commented by na_geanna at 2008-03-10 11:37
なかなか、イイ感じのOwnerじゃないですか!
この、器で飲むビールってどんな感じなのかなぁ~
「わんこビール」にも打ち勝ってしっかりと器も貰うのが
みつこさんらしいですね~(笑
Commented by morimaman at 2008-03-10 17:44
ふふふ。。。
楽しかったです。ね。
お碗ビールを飲み干している小野寺さん。まんまです。

ぁ〜楽しい日でした。
Commented by 讃岐おばさん at 2008-03-10 19:00 x
なるほど、わらしべね、だんだんと(笑)
いいなぁ~、お碗 (^_^;)

1月2日に「九番坑 」へ行きました。
同じものを食べてる、嬉しい~~~!
http://red.ap.teacup.com/sanukiobasan2/878.html
Commented by nimunimu at 2008-03-10 21:43 x
すてきな器ですね♪
でも直径15cmってけっこう大きいかも。。。
わんこビールのあとは、老板と仲良く酩酊状態・・・?
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-11 07:41
>*やん*さま
そうなんです、私もここに写真を載せようと思ってはじめて気付きました、林さん♪
『九番坑』では、あんまりおいしくって料理の写真を撮るのをほとんど忘れていました。
あのプルンプルンと魅力的に揺れる『封肉』(っていうんでしたっけ?)の写真を撮り忘れるとは..。
もう一度撮りたい..いえ、もう一度食べたい....

それにしても、カエルさんご一行のお陰で地元の人みたいな気分を味わうことができました〜
たのしくておもしろかったねえ♪♪♪
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-11 07:49
>na_geannaさま
『九番坑』のオーナー、とってもいい人でそして...この方こそ白昼見たら怪しいかも....。
こう見えてもこの方、元々インテリアデザイナーで、お店の内装の素敵なこと!
ちゃんと昔の鉱山の街の雰囲気を出しつつ、洒落た店なのです。
気に入った店がなくて自分で開いてしまった(始終呑み続けるために!?)というのも
美術系には「食べる」「呑む」「雰囲気がいい」ということに敏感で詳しい人が
多かったことを思いだしました。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-11 07:55
>morimamanさま
なにせ昼間あの「いろは坂」みたいなカーブですっかり調子が悪くなっていた(ご迷惑をおかけしました)ので
こんなに呑まされてどうしよう..と心配しました...。
日によって調子もすごく違いますし。そしたら結構大丈夫だったのでひと安心!!!
ただし、真っ赤っかーはどうにもなりませんけど...爆発寸前のトマトで。
愉しい一夜、愉しい一日でした〜!
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-11 07:59
> 讃岐おばさんさま
讃岐おばさんのブログの『九番坑』、クラクラするほど美味しそうな数々のお皿、拝見しました。
たくさんの人数で行くのも大事だし、おっきな胃袋または数多くの胃袋も必要だ..なんて
思ってしまいました。
あ、そうそう。ナビ蔵さんには台湾取材で大変にお世話になりました。
またお会いになったらよろしくお伝えくださいませ。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-11 08:03
> nimunimuさま
こざっぱりしたいい器でしょう♪
あのホウロウの台湾鐵路のお弁当箱にも通じる清楚さ。

あまりお酒に強くないので、『超ゴキゲン』からいきなり『気分悪い、サヨナラ』になってしまう心配が。
昨日のこと覚えていない、っていう経験がないんです....。
<< わらしべ台灣旅行24<台湾を発つ日> わらしべ台灣旅行22<九份へ> >>