わらしべ台灣旅行20<菁桐へ4>


f0063645_10403662.jpg

カエル氏の車に乗り込んで向かった、次の駅は『十分』(台北縣平溪郷)。侯孝賢監督の映画「恋恋風
塵」のロケ地としても知られる小さな街。おもしろいのは、商店街は駅前に少しあるだけなのです
がその通りの真ん中をトラムのごとく線路が通っているのです。あ、逆ですね、きっと。線路をは
さんで商店が並んでいるのです。

f0063645_10412290.jpg

f0063645_10415054.jpg


線路も生活の
場。

f0063645_10421748.jpg

商店街の一番端にプラットフォームがあります。

今は、結構観光客が多いようです。


f0063645_10553546.jpg

曇ったり小雨が降ったりと繰り返す天気が、ちょっと寂しげでけだるい風景にぴったり。八百屋の
店先の野菜の鮮やさが目にしみます。

f0063645_1043693.jpg

駅のプラットフォームから観た風景。映画の撮影でもしているような気になりません??

f0063645_10432129.jpg 商店の間の細い坂道。偶然とはいえ
かっちょいい配色。






ここでもカエル氏がカリカリの衣が
たまらないイカ(だったか?)団子
の串揚げと、飲み物をみんなに差し
出してくれて、お腹を空かせる暇は
ありません〜。

もし「いいです」なんて遠慮してた
らあの美味しさを逃していたところ
でしたー♪
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-03-03 11:20 | Comments(10)
Commented by na_geanna at 2008-03-03 13:46
線路の近くに店舗が並んでる景色なんて日本にはないですね~
昔の日本も、このように生活感滲んでたんだけどいまでは
どこかに置き去りにした感じがします・・・
(安全上考えたら、よくないのですが^^;)
最後の写真にある細道ですが凄い急坂ですね(怖
間違っても転んだりしたら・・・
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-03 14:02
> na_geannaさま
細道の坂道....、間違って転んだら
駅のすぐ脇に転がり出てくることができます!ちょっと痛いケド。
平渓線は一時間に一本くらいしか電車(ディーゼルだったっけ?もう電車になったのかな
...あ、電線ないですね)が通らないので、みんな生活の場にしているようです。

でも、さすがに日本では線路の両側には商店街は作らないか...。
Commented by kouchie74 at 2008-03-04 10:02
十分って十分大瀑布という滝があると思うけど、
http://paradise.lin-yuan.com.tw/   こんな感じの滝
見に行ったかしら!?
子供頃、よく遊びに行ったけど、今どうなっているかな!?
でも上記の写真みたいな風景はあまり記憶に残っていない。
いつもパスで行っていたからかなぁ!?
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2008-03-04 10:42
いい感じぃ~。いつもにもまして写真素敵!!
線路をまたがる単車のおじさんもいい味出してるし。
パプリカもスーパーで見るのよりもへんに気取ってなくて美味しそう!
映画の撮影風景も面白い切り取りかたですね^^
坂道の写真はパネルにしたいくらい!並んだグレーチングのフタもリズミカルで楽しいです!
んで一番そそられたカリカリイカ団子串揚げの写真はぁ~^^?
Commented by 讃岐おばさん at 2008-03-04 21:25 x
こんな坂道の路地がありましたか!
気がつかなかったです(~_~;)
そしてカリカリの衣のイカ団子、どこにあったんでしょう?!
やっぱりもう一度リベンジだぁ~!
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-04 22:55
>kouchie74さま
今回は十分大瀑布は観に行かれませんでした〜。時間がなかったの。
帰国してから平渓線のことを色々調べて、もう一度行かなくちゃあって思いました。
台北から巴士で行くのに丁度いい距離〜。あ、でもディ—ゼル車で行くのも
風情があっていいですね。
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-04 23:03
>pyontaro-piyopiyoさま
あ、ありがとうございます。
線路を行き交う人たちが、何か妙にいとおしい風景に見えました。
台湾で見る野菜って、元気いっぱい、太陽がたくさん当たるからでしょうか?
カリカリのイカ団子は、イカだったのかどうか確証が持てないのですが
とにかくかなり弾力のあるボールが長い竹串に連なっていて
バリバリってくだける衣が香ばしくてクリスピー!バリバリ、プリプリ♪
(そういえば、台湾のケンタッキー・フライドチキンって、揚げ具合が
日本のよりもクリスピー&ジューシーだと聞きました。揚げ物が上手!?)
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-04 23:06
>讃岐おばさんさま
ええ、坂道はホームの並びの商店の隙間にありました。
どうってことない路地ですが、タールの塗られた壁の黒と、グレーの壁の向うに
ポツンと赤い色が見えて抽象画みたいでした。
イカ(かどうかわからないけど)団子、ホームの並びの土産物屋さんの一つ、店頭で売ってました。
もう一度食べたいなあ....。
Commented by *やん at 2008-03-05 13:54 x
あっ!!写真の中に肩幅が13号の*やん*見っけ♪
台灣で、みつこさんの肩幅が5号って聞いた時の衝撃が
今でも〜〜〜〜〜〜〜〜
Commented by kadoorie-ave at 2008-03-06 09:39
>*やん *さま
肩幅と身長があれば、『メリハリ』のあるボディーであることが可能ですが
肩幅が..肩幅だけが5号だと....すぐ『しずく』みたいな形のボディーになっちゃうんだよ〜
肩幅に合ったBWHが欲しいよぅ〜
<< わらしべ台灣旅行21<菁桐へ5> 『ラスト・コーション 色|戒』... >>