わらしべ台湾旅行15<平渓へ6ー垣間見る>

では、平渓を去る前に、チラッと垣間見た風景などをいくつか。

f0063645_073665.jpg
平渓老街は、昔の面影を残す商店街。


ここは、お店を畳んだあと、なんとなく家のリ
ビングになっているような...。オープン・エア
タイプの居間?

f0063645_074942.jpg


通りに面したガラス越しに見えた室内。

通りの外灯や石畳も写り込んでいますが、やは
りリビングらしきしつらえ。一瞬、赤い暖炉が
あるのかと思ったけど、赤い祭壇だった。

f0063645_08266.jpg
郵便局近くの土産物屋さん。

店の真ん中には観光の「記念ス
タンプ」がぎっしり。中国語で
は「紀念章」っていうのか〜!

f0063645_083445.jpg

↑その土産物屋から、通りを眺めたところ。道路脇に洗濯物がのんびり揺れる。


f0063645_081995.jpg
伝統的な『長條街屋』の『二層樓的店舗兼住
宅』。その軒下から、向うを眺めたところ。




f0063645_084652.jpg
こちらものんびり干
してあった...。
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-02-20 23:53 | 散歩と旅・建物 | Comments(4)
Commented by na_geanna at 2008-02-21 01:42
一番上の画像ですが、なんか秘密の隠れ家っぽくっていいなぁ・・・
こんな感じで、一杯呑み屋的な感じがあったらいいな!
全体的に時代に取り残され時間の流れがゆっくりとした感じが新鮮ですね。
Commented by nimunimu at 2008-02-21 18:42 x
なんか無性に洗濯をしたくなっちゃいました!
でも、大雨が降り始めたところ・・・くそぉ~~。

あ、今日は元宵節ですね♪
Commented by kadoorie-ave at 2008-02-21 23:58
>na_geannaさま
元々が床に椅子の生活ですし、したが土間(コンクリートの三和土)でも違和感なくくつろげるようでした。
通りを歩く人はみんな見るでしょうけど、気にしなさそうですし
開放感があっていいですよね〜、黄昏時にぼんやり外を眺めながら一杯。
Commented by kadoorie-ave at 2008-02-22 00:01
> nimunimuさま
こんな風景を見ると、洗濯物を干す気持ちの良さが伝わってきますよね〜。

元宵節、そういえば、さっきほぼ日手帳を眺めていたら、今日(21日)のところが
満月になっていたので、思い出しました〜。
<< わらしべ台湾旅行16<平渓へ7... わらしべ台湾旅行14<平渓へ5... >>