わらしべ台湾旅行 その6<「小魏川菜餐廳」でランチ>

圓融坊の陳さん梁さんが、この日の昼食で連れて行ってくれたのが前回にも店名だけご紹介した
「小魏川菜餐廳」。
気の置けない食堂、といった風なのですが、何をやっても趣味のいい圓融坊のお二人だけあって、
味のほうもバッチリ。地元の方たちでゴキゲンな賑わいです。
料理名を、私が覚えている、またはメモして記録している...なんてお思いの方はいらっしゃらない
と思いますが、その通り...。お皿が来た順番にご紹介します。


f0063645_2130419.jpg「エビのピリ辛炒め」です。

四川料理に限らず、北寄りの中国の人たち
の唐辛子の使い方って絶妙です。油の量や
温度、炒める時間で唐辛子を変化させます。
日本人が見たらたまげるような量の唐辛
子でも、やたらに辛いわけじゃない。爽や
かで香ばしかったり、遠くに甘味があった
り、上手に奥行きを出してしまう。
四川料理だと、さらに痺れるほうの「麻」
という辛さも加わって味わいがさらに広が
りますね。

この料理では、味付けあっさり・プリップリのエビの甘味が引き立って、独り占めしたくなるほど
でした。

f0063645_21312052.jpg「モツ煮込み」です。

赤〜い色に怯える事なかれ。
見た目ほどじゃありません。
モツのクセとスパイシーな味付
けが絶妙のバランス。

f0063645_21314020.jpgやんさんが、おいしいのよーと笑顔で教え
てくれた揚げパン。
「銀絲捲」(インスーチェン)。

中華のほんのり甘い蒸しパンを揚げたもの。
外側がまるでうっすら飴をかけたみたいに
カリカリ。手に取ると、少し弾力のある優
しい生地からホワ〜〜ッと湯気が上がりま
すぅ〜♪

中心も外と同じ中華パン生地(中華まんの皮を思い出してね....あれのおいしいやつ)ですが、麺状
に細く切った生地がふんわか詰まっていて見た目にもおもしろい。

パンの端っこは、早い者勝ち!!
真ん中をほじって先に食べ、器のようにして、おかずを詰めてパクリ!!幸せ倍増ですーー。
(この知恵もやんさんから教えてもらいました。)

f0063645_2132131.jpgええっと....インゲンの炒めたの....ね。

いくらでもいけます。中華の嬉しいのは、
野菜をたっぷりいただけること。
それに、見た目より軽やかで、油っぽさを
感じさせないので飽きません。

f0063645_21322464.jpgこ、これは 「回鍋肉」(ホイコー
ロー)ですよね。

f0063645_21324142.jpgそして「麻婆豆腐」!
この辺、日本人にとっても四川料理の王道
ですよね。しっかり「辛」で「麻」なのが
ウレシイ。しつこさもない。

日本の中華の味付けは、日常食の扱いでは
ないからなのか、こってり濃いめですが、
常食する方たちの味付けはあっさりしてい
ます。これなら毎日でも....という軽さが
あります。

これだけ色々注文できたのも5人いたからですねえ。しやわせ〜〜♪

f0063645_2232227.jpgf0063645_22323494.jpgf0063645_22324965.jpg

「讃岐おばさん」さんのブログにも、このお店の美味しそうな記事があります。料理名もバッチリ
です。(↑青い文字をクリックしてください。)
[PR]
by kadoorie-ave | 2008-02-05 22:49 | 散歩と旅・建物 | Comments(10)
Commented by 讃岐おばさん at 2008-02-06 07:19 x
そうそう、私は麻婆豆腐が好きで、これを食べる気まんまんでしたが(笑)
かえるちゃん、8月にも食べました(^^ゞ

ありがとうございます、ブログを紹介していただいて。
Commented by マツモト at 2008-02-06 10:13 x
インゲンを炒めたのは「干煸四季豆」ですね。四川料理の中でも好きで、家でも時々作ります。
おいしいですよね。
Commented by shin at 2008-02-06 10:51 x
ほんとにどれも旨そうですね....しばらく台北行ってないので火が付きそうです
あげパンもなかなかですよね
ところで圓融坊の梁さん、ドリカムの吉田美和さんと似ているような...
Commented by na_geanna at 2008-02-06 12:49
うぉぉぉぉ~
この「赤唐辛子たっぷり」の「エビのピリ辛炒め」に「モツの煮込み」・・・
もう!心鷲つかみにされてしまいました(笑
もし・・・小生が、チケット代を持つから連れて行ってと言ったら
連れて行ってくれますか~
Commented by kadoorie-ave at 2008-02-08 00:44
>讃岐おばさんさま
こちらこそ、「小魏川菜餐廳」の、まだまだ知らない美味しそうなメニューを
讃岐おばさんさんのブログで拝見できてうっとりでした。
ローカルの方たちがみんな楽しそうにモリモリ食べているのが
とてもいいかんじでした!
Commented by kadoorie-ave at 2008-02-08 00:46
>マツモトさま
あのインゲンの料理は「干煸四季豆」っていうんですか....。ありがとうございます!
なんでもないようでいて、おいしくてインゲンをたーっぷり食べられますね。
Commented by kadoorie-ave at 2008-02-08 00:51
>shinさま
ええ、美味しかったです〜!
ここは、ローカルの方で満席状態、にぎわっていました。
あのパンはほんのりした甘味といい、カリカリの香ばしい皮の部分といい
とりこになりそうです。
梁さん、すっごく洒落ていて可愛らしい雰囲気のかたでした。
そういえば吉田美和さんもちょっと入っているかも。
喋り方が誰かに似ているなあと思ったら、フランスのシャルロット・ゲンズブール
(ジェーン・バーキンの娘で女優さん)でした。
Commented by kadoorie-ave at 2008-02-08 00:55
>na_geannaさま
フッフッフッフ....そう来ると思いました.....!nageさんならこの赤い色に反応するに違いないと。
チケット代が出るのかぁ....ご案内しましょうとも。ちょっと迷子になるかもしれませんが。
Commented by shin at 2008-02-09 17:54 x
シャルロット・ゲンズプール知ってますぞ.....
そうですか喋り方フレンチ、顔・雰囲気はアジアの小粋な姉さんですねぇ
Commented by kadoorie-ave at 2008-02-10 01:50
>shinさま
思わずご主人の陳さんに「よかったですねえ!こんなにチャーミングな奥さんで」なんて言ってしまいました。
陳さんもとてもチャーミングな人なのに。小学生の息子さんは、お父さんそっくりの頭の形に
お母さんそっくりの目鼻立ち。これは将来大変だと(何が?)思いました。
<< 農暦(旧暦)新年のごあいさつな... わらしべ台湾旅行 その5<額縁... >>