大森徘徊・しゃきしゃき歩き(その8)<富士講の碑>

大森徘徊は一泊二日だったのに、自分としては中身が濃かったので、こつこつと長くなりそうで
す。

f0063645_0183091.jpg
山王の坂道をすっかり下りた辺り
に、こんな碑がありました。
なんとなく顔がほころぶのであります。

f0063645_0142872.jpgもうちょっとアップはこちら。←
熱心(なのかどうか怪しい)祈っている、これは、お
サル?







解説は下の画像をどうぞ。↓

f0063645_0152057.jpg

f0063645_0155617.jpg

ここは「桃雲寺」の跡だということです。
桃雲寺は旧・新井宿村の当主が古寺を再興したもので、その事績を後世に伝えるために寛文四年
(1664年)に井戸の左に見える記念碑が造られたそうです。半分しか写っていませんが、江戸初期
の記念碑ということで当時の近郊の様子を知る好資料として、大田区の文化財に指定されています。

今は境内地若干と薬師堂のみが残されているとのこと。

f0063645_0161021.jpg
その奥はこんななんでもない路地。
なんでもないけど、この辺りにはどこかそらっとぼ
けて、のんびりした空気があるのでした。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-12-19 00:02 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)
Commented by na_geanna at 2007-12-19 09:14
この石碑(間違いかも・・・)は富士山信仰のものなんですね。
このように由緒あるものは、しっかりと保存して欲しいですね~

さて昔、小生が悪童の頃(今でもですが・笑)この路地裏っぽい
ところを抜けて学校への近道として通ってました・・・
時々近所の人に見つかって叱られたのもしばしば(笑
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-21 07:34
>na_geannaさま
石碑。なぁんか、力が抜けていてユーモラスなところが気に入ってしまいました。
だってみんなヘラヘラしていますよ、お猿(?)も亀も。
周辺も、大げさな雰囲気ではなく、懐かしい雰囲気。
私も小さい頃「近道を捜せ〜!」とかいって
こういう路地(や他の家の敷地)を通り抜けていました。
<< ご近所フレンチレストラン<La... 大森徘徊・しゃきしゃき歩き(そ... >>