大森徘徊・しゃきしゃき歩き(その7)<山王の山から下って来ると...>

<一応、弱音をはいてみたり...>
眼精疲労→体力低下で風邪→風邪が抜けなくて右目も目の奥が痛いまま→何故だろう...?と思って
いたら、どうやら今の右目の奥の痛みは副鼻腔炎から来るもののようです。
右の眼窩全体が痛い、頭痛も歯痛もみんな右側、変だなあと思っていたらやっと先程、右鼻の具合
がすごくおかしくなっているとわかりました。いやーすっきりした!症状はスッキリしませんが、
気分はスッキリしました♪耳鼻咽喉科へ行けばいいんですね。


f0063645_20201341.jpg<山王散歩>
さあ。大森山王歩き。
さらにだらだらと坂を下って行きますと、こんなとこ
ろに砦発見!!
じゃないですね...。

もうちょっとディテールを...。

f0063645_20273188.jpg

なんだかすごく気になる物件であります。反対側にもまわってみましたが、手前に他の家があり、
路地の奥にあるその家の裏手はよく見えませんでした。

今日はお気に入り物件を、簡潔にご紹介するのみに。急いで仕上げなくちゃいけない作品があるの
です。
<実は...>
なんと近所にフランス人シェフがやっている感じの良いレストランができて、嬉しいのでその事も
はやく書きたいのです!....が、体調がこんなですし、仕方ない、また改めて。
(シェフだけでなく、フロア担当というか、給仕している人もフランス人でフランス語が飛び交っ
ています....なんでこの街にそんなお店ができたのか不思議です。フランスパンすら、ちゃんと手に
入らないこの街で。それもスナックが並ぶような線路際の路地裏に♪)
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-12-15 20:53 | 散歩と旅・建物 | Comments(12)
Commented by na_geanna at 2007-12-15 21:52
あらら・・・ちょっと大変だったようですね~
以前、風邪を治すのには「喉と鼻腔洗浄」が良いと何かの雑誌に
書いてありましたのと同じですね~

さて、本日の物件ですが如何にも怪しい感じがプンプンしてきますね~
割れたガラス窓に色のはげた外壁と・・・
そして、二階部分のドアらしきものが「トマソン」を表してますね!

次は、体調を万全にして「新規発見レストラン」の記事を
期待しておりますね~
Commented by kago-fp at 2007-12-16 00:17
体調がよくないのに、この更新!! すごいパワーだと感心しきり。
姉はもはやだるだるモードでちんたらやっておりまする。
それにしても興味をそそる建物ですねえ。おもしろいっ。窓とかは
まるっきり洋風なのに瓦屋根なんて。そして、さびれた風な色合い。
由来をぜひとも知りたくなっちゃいますね。
そして、フランスの方のフランス料理店。いいですねえ。らしくない
ところの隠れた名店の匂いが…。
アップは楽しみですが、くれぐれもお気をつけて。
Commented by 王華 at 2007-12-16 09:04 x
そっかあ副鼻腔炎か!
私も昔もんのすごく目玉が痛くなって、風邪もひいてたんで近所
の耳鼻科(うちは風邪の時は内科より耳鼻科なの)に駆け込んだ
ら、副鼻腔炎ってことで鼻汁たっぷり吸い出してもらったらすっ
きりさっぱりしたことがあるよ。中ですっかり炎症が膿んでた模
様(汚い話でゴメン)。
光子さまも早くさっぱりしてきて〜!
そしてそのフレンチレストランのレポートをヨロシコ。
Commented by tomotubby at 2007-12-16 15:40 x
二階のドアが怖いですね。
ドアノブがついているようにも見えるので、トマソンかもしれません。
Commented by gogo-komomo at 2007-12-17 15:22
窓の向こうには洋間が広がっていそうな感じの砦…じゃない、建物
ですねー。かと思ったら、1階の窓、割れてる!?なんだか怪しげで
すっごく興味惹かれますが、正解はわからないんですよね。ううーん。
副鼻腔炎ですか?耳鼻咽喉科の病は、早く処置しないと長くかかると
聞きました。どうぞお大事にしてくださいね。
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2007-12-17 15:52
私はどっちかというとこんなスットボケタ感じのお家の子になりたいです!
なんも飾らない真四角なところや、なんだか中途半端なペンキの塗り方や、
洋風の窓格子にどっしりとした瓦屋根とか、
なかなか悦にいったスットボケ方が妙にニクいお家です。
こんなお家からタキシードにちょんまげ頭で出てきたい・・・!
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-18 20:03
>na_geannaさま
お返事がまたまた遅〜くなってしまい、申し訳ありません。
この建物、和風の蔵のような印象に見えるのですが
ディテールは洋風で、小高いところに唐突に建っていてなんとも不思議なかんじです。
二階部分のドアらしきもの、確かにこれならトマソン...!?ていうか、ドアを開けたら空中で
そのまま異次元の世界に行けそうな...。
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-18 20:14
> kago-fpさま
いえいえ、パワーはヘナヘナです。が、年末ですしやらなくちゃいけないことのほかに
『やりたいこと』までやろうするので、必要以上に一杯一杯な生活になってしまって。
コンスタントに内容のちゃんとした生地をアップしている姉上こそ、感心するばかりであります。
この建物、窓なんかとても可愛らしいのです。もっと近寄って見てみたいなあ。
チョンマゲなのにブラウスを着ているかのような印象で、カーテンだってちゃんとついている。
手前のトタンの家もなかなかの味わいです。

フランス料理のお店、「郵便局に行くついでにちょっとランチを」というノリで
気軽にしっかりフランスらしい食事ができるところを望んでいました。
でも、よりによってこんなに身近にできるとは...!
「なんでこんなところにオープンしたんですか?」なんて、ついシェフに聞いてしまったほどです...。
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-18 20:18
>王華さま
いやー、目玉周辺が痛い、歯が痛い...ので、眼科と歯科に行かなくちゃと
思っていたら、そうかこれは副鼻腔炎なのか、と思い当たりました。
あまり洟垂れ小僧にはなっていなかったので、気付かなかったのです。
すごくいいお医者さまが近くに開業してくれたんで、助かりました。
でも長くかかるって。うーー。
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-18 20:22
> tomotubby さま
そうなんです、二階のドアノブは確かについておりました。
ドアを開けたらヒューーッとまっさかさま.....
窓なんてもらって帰りたいようないいかんじのディテールなんですよ....(狙っている....。)
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-18 23:39
>gogo-komomoさま
もうちょっと勇気と時間があったら、菓子折りでも持って『建築に興味のあるものですが(←そんな立派なものではない...)
この家はいつ頃建てられたんでしょうか』なんて聞きに行ったんですが。
耳鼻咽喉科、行って参りました。こももさんの仰る通り、『長くかかりますよ』と言われました。
その上、『いわゆる蓄膿症ですね』ですと。わかってますけど、『急性副鼻腔炎』のほうが
かっこいい気がするからそう言ってほしい〜〜
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-18 23:47
>pyontaro-piyopiyoさま
ふふふ、やっぱりこの『チョンマゲな感じの屋根にブラウス着用』っぽいこの家、良いですよねえ。
私にはこの家の外壁がどんな材質なのかよくわからないんですけれども。
上のほうは塗装のすっかりとれちゃった板張りだと思うんですけど、
その下とのつながりがよくわかりません。
...と思ったら、pyontaroさんも、ここの家からチョンマゲにタキシードでお出かけしたいんですか!
<< 大森徘徊・しゃきしゃき歩き(そ... 大森徘徊・しゃきしゃき歩き(そ... >>