大森徘徊・しゃきしゃき歩き(その4)<山王の山の上...の続き>


f0063645_20564716.jpgこのあたりのお宅は、ほどほど歳月を経てきた家が多くて眺めなが
らの散歩は楽しいです。
この外灯に明かりが灯ったら、暖かくていい感じだろうなあなんて
想像しながら行くと、
   ・
   ・ 
   ・
おや。↓これまた魅力的な建物が↓。

f0063645_2118409.jpgこちらです♪

○○○風のデザイン.....。

塀は確実に、門も多分新しく作り直したもののようですが、写真で見るよりももっと、古い家のデ
ザインによく馴染んで違和感がありませんでした。門はアートっぽい意匠になっているのです。
いまどきこんなところにまで心を配るとは、すごいなあなんて感心してしまいました。家は古いの
ですが、手入れが行き届き、きっちりと塗り直してあるようでした。

f0063645_2123948.jpg

f0063645_21214330.jpg

こちらも、家の中の様子が気になります。室内のディテールまで見てみたい〜。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-12-09 21:36 | 散歩と旅・建物 | Comments(6)
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2007-12-10 17:26
あれ?このお家、外壁塗りなおしちゃったのね。以前見たときよりずいぶん綺麗になってます^^!
これと下の円形のお風呂の洋館、まるでフランクロイド・ライト!!
なんと大正13年築だそうですよ。
設計者は不明のようです。
一度中に入ってみたぁい!!ってだれもが思うお家ですよね^^!
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-12 02:47
>pyontaro-piyopiyoさま
このお宅、とってもていねいに塗り直されていました。それも、今後もこの建物を大事に使って行くつもりが、ありありと。同じ敷地の左隣に、新しい邸宅ができていて、それに合わせて塀や門なども造り直し、古いほうの家の外壁も塗り直した模様。
(新館?の扉と、この家の門のデザインが共通でした。両方を引き立て合うように考えてあるようで.....いまどき滅多に見ない経済力に感心....。)
下の円形のお風呂の洋館、大正13年ですか....住んでいる方もどんなかたなのか、お会いしたくてたまりません。
それにしてもさすがはpyontaroさん、詳しい...!
Commented by nimunimu at 2007-12-13 01:02 x
わたしのお友達(建築家)に珍しいデザインのおうちを見つけると、
「偶然通りかかった者です。わたしは建築の勉強をしてます。この家に非常に
興味があります。よろしければ、ぜひ内部も見学させてくださいっ!」
って言って、見知らぬ人の‘お宅拝見’をしてくる人がいます。
この手でどう???
わたしもお風呂洋館の内部、見てみたい~~~っ!!
Commented by na_geanna at 2007-12-13 09:56
なんかエキゾチックな感じが、みつこさんを惹きつけたのでしょうか?
でも、バルコニーのデザインとバスケットゴールがあるのは
ちょっと惜しい感じがしますね~
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-14 10:01
> nimunimuさま
わあ、そのお友だちの気持ち、よくわかります〜。
「偶然通りかかった者です。私は『絵の勉強』をしています。
この家に非常に興味があります。よろしければ、ぜひ内部も見学させてくださいっ!」・・・
・・・って、誰も入れてくれなさそうな気が....。どうしたら....。
あのお風呂洋館、あの浴室を使うだけで何かドラマが始まりそうな予感....!!
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-14 10:04
> na_geannaさま
塗り直し方が丁寧なので、写真だとどうにもピカピカなかんじですが
歳月を経た落ち着きと、軽やかで明るい感じが居心地よさそうだったんですよ。
白い窓枠の中から、楽しい語らいが聞こえてきそうな、そんな家でした。
<< 大森徘徊・しゃきしゃき歩き(そ... 大森報告の途中ではありますが.... >>