大森徘徊・しゃきしゃき歩き(その1)

先週、ブログ「上海喰う寝る遊ぶ」「大上海糖果號」の王華さんに案内していただき、はじめて
の大森付近を散策して参りました。

タイトルを「ふらふら徘徊」にしようかとも思ったのですが、「しゃきしゃき」にした理由は、足
取りもズンガズンガと勇ましく、決して「ふらふら」なんかじゃなかったな..と、思い直したから。
『この良さがわかるというんならついていらっしゃい、紹介したいところが
いっぱいあんのよ』
的サービス精神いっぱいで頼もしく引率してくれる王華さんと、少しでも
沢山のものを見ようと、キョロキョロしまくる私の『ズンガズンガのしのし部隊』なのです。

限られた一泊二日。それも私がもたついて遅刻したため、一日目は三時過ぎ(?)に歩き始め、折
角王華さんの頭の中で出来上がっていた『大森攻略法』を台無しにしてしまいました。
たとえば最初に考えていて下さった計画はこんな感じです。
1日目 大森山の手中心コース
お昼頃JR大森駅にて待ち合わせ→山王の山の上散策→葡萄屋でランチ→山王マダムご
用達、闇市発祥の「スーパーカドヤ」見学→ダイシン百貨店見学→階上の「ファミリー
レストラン」で裏技スイーツ→帰宅

2日目 大森〜蒲田文化圏の下町コース
適当に出発→バスor京急にて梅屋敷or羽田界隈まで→北糀谷・気球研究所及び周辺もし
くは羽田近辺の七福神をめぐりつつ町工場と古い家並の見学→福田屋
王華さんの機転により、この中で行かれなかったのは...『or羽田界隈まで→北糀谷・気
球研究所及び周辺もしくは羽田近辺の七福神をめぐりつつ町工場と古い家並の見学』あ
たりでしょうか。王華さん、感謝です!
<ここで御注意>何かビックリするような古蹟、あるいは施設、モニュメントなどを期
待している方、ごめんなさい。大森界隈に求める魅力は「何でもない」良さなのであります。
新しく大開発されていない、昔からの生活が当たり前にある街。人と人がまだ繋がっていて、だか
らって「下町情緒」「人情」だなんてありがたがられて雑誌に載ったりもしていない....荒らされて
いない街の雰囲気を堪能しに参ったのでございます。


さて、京浜急行を某駅で降りて(何駅で降りたのか忘れてしまいました...)、歩き始めた私たち。
商店街には、ビックリするほど安い野菜だの、惣菜だのが何の洒落っ気もなく(←褒めてます)
たっぷり並んでいて思わず立ち止まってしまう。お客さんも30年以上毎日同じように通って来てい
る...というかんじで、衰えない活気があります。

f0063645_21415641.jpg

↑こんな喫茶店がありました。ほどよく古びて良い具合。自転車結集中。
イラストの落書きをしてしまったのは、レトロお洒落の好きな人向けではなくて、街のおじさんや
おばさん、おじいさんやら、誰もが憩えそうな雰囲気にひかれて、つい。




f0063645_22185022.jpg

↑商店街が途切れて、住宅街になった辺りに、よく手入れされた古いお宅が。三叉路かなにかの角に
建っていて、大きさもあるので、その黒い姿は結構存在感があります。

f0063645_2332351.jpg
とことこ行くと、丁寧にペンキを塗
り直された車庫に、かわいい砂色
のおしりが。

f0063645_2341346.jpg
近づいてみると、フォルクスワーゲ
ンの車でした。
大事にされているようで、なんだか
嬉しくなりました。

f0063645_2344873.jpgf0063645_235649.jpg

じつは、今回の大森散歩の大きな目的の一つ、甘味処の「福田屋」を目指していたんですが、なん
とシャッターが閉まっていました。通路の奥を覗いたら、庭に店主のおじさんが。ってことは病気
とかじゃなくて、定休日でお休みなのね。ひと安心。
残念ですが、次の日に出直しましょう。筋向かいの酒屋さんの看板でも写真におさめて戻ります。
このあと、梅屋敷の商店街方面へ。(違ったっけ、王華さん...?)
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-12-03 22:57 | 散歩と旅・建物 | Comments(4)
Commented by 王華 at 2007-12-04 07:49 x
ぶひぶひ。約束の時間1時間を切った段階で、「今うち出たところなの…」というtelが入った時には「へっ?」と思ったんですが、「まったくあーたは何やってんのよっ!…まっいいや」という気持ちにさせてくれるあたり、さすがは光子クオリティ。どっちにせよ、1泊2日じゃあ当初の日程をこなすのは無理だって、私自身も学習しましたよ。
というわけで、またゆっくり遊びに来てねーん♪
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-04 21:19
>王華さま
いつもおいしいもののほうに、私を導いてくれてありがとう。
それなのにご迷惑をおかけして、申し訳ないです....。どうか見捨てずに、第二弾、第三弾と大森探索を
よろしくお願いいたします。
Commented by yukiりん at 2007-12-07 14:15 x
こんにちはっ!なんだかこの町並み、親近感を感じちゃいます。
「何でもない」良さ…クンクン同じ臭いを感じますぞよ。
VWピックアップトラックのお尻、カワイイですね!
あの丸くて小さなテールランプが大好きなんですよ。
優しそうな町に似合いますね。
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-08 09:27
>yukiりんさま
こんにちは!大森って、限られた地域に私の小学生時分の暮らしが凝縮されているようで...
仕事で出かけると、お会いした方々の中で最高齢ということが増えましたが
あそこに行けば、頼れる『おとなのひと』がまだ一杯いる気がします。
くるまは『VWピックアップトラック」っていうんですね♪(きっとyukiりんが教えてくれると思ってました...)
まるでそこによく働いた耕運機があるかのように、さりげなく置いてあったのがよかったな〜
<< 大森徘徊・しゃきしゃき歩き(そ... ニュース!ついに届いた!<大竹... >>