ニュース!ついに届いた!<大竹伸朗 全景展カタログ>その2


f0063645_16404894.jpgf0063645_16415482.jpg

付録でDVDが2枚。そしてそのケースの裏側(いえ、こっちが表紙か...)

f0063645_16452913.jpg これは、展覧会場でも配られていたポスターですね。

f0063645_1646682.jpg

そしてこれが本体のカタログです。
なるほど、これが発送の遅れを詫びる手紙に書いてあった「本体が重すぎるので、製本は職人の手
仕事で行わなければならず、それもなかなか困難な仕事で...」というような内容の、アレですね。
職人さんにとっては、泣きたいような仕事だったのでは...?

f0063645_16462623.jpgf0063645_16464179.jpg

思えば、展覧会が開かれたのが1年前。普通は開催に間に合うようにカタログは準備されるものです
が、間に合わないということで中身まっ白のダミーだけ見て予約。
何度も何度も送られて来る「カタログ刊行遅延のお詫び」に、(このカタログの企画をしたのは私
と同じような人種の人だったのだろうか...)とあきれたりちょっと不安になったり...。(すっかり
忘れていたとも言えますが。)本当に来ましたねえ。中身はこれからゆっくり見ます。
でも、狭い部屋の、どこにしまったらよいのか...。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-12-01 16:50 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(6)
Commented by tomotubby at 2007-12-01 22:17 x
トラバありがとうございました。小野寺さんちにも今日届いたんですねー。
まさか、今年中にウチに届くとは思わなかったです。
ともたびの場合、青山のナディッフで予約して、その後ナディッフが閉店したため、無料で宅配に変えて貰えたんで、後回しだろうな。と思ってました。実際、こんなのお持ち帰りしなくてよかったと思いました。
これまで完成の延期が続いたので、ブログネタにして楽しんでいたし、オマケがまた増えるんではないかと妄想たくましくしてたんですが、これでおしまいと思うとなんだか寂しいです。
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2007-12-03 13:53
すごい!本全部が展覧会場のようですね!
これじっくりみてたら丸三日くらいはかかりそう^^;
でも一年後に届いて、あらためて眺める展覧会カタログって、
一粒で2度美味しい感じがして、ちょっと得した気分になりませんか^^!?
Commented by shinmemo0417 at 2007-12-03 18:02
これはすごいですね。多作な大竹氏、全景ですか!
パッケイジもいいし、作品が溢れ出てくるような感じもとてもいいですね。
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-03 23:19
> tomotubbyさま
「本当に届くとは、ビックリだ」といわれる図録も、なかなかないでしょうし
手許に届いて安心した今となっては「予約注文してよかった!」としみじみ思います。
待たされたのも、イベントのうちなのか?などと。
これ、お持ち帰りしてたら、たいしたエクササイズというか修行になっていたでしょうね。
紙質がペラッとしているのとかは、ちょっと寂しいけどま〜しょうがないかなと思いますが、
さて、あちらの収支のほうはどうなったのでしょうか。
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-03 23:25
> pyontaro-piyopiyoさま
早く、あの展覧会をもう一度細部まで思い出したいと心待ちにしていました。
展覧会そのものも、超ど級というか、うれしくてわっはっは状態でしたが
そのカタログまでもが、伝説のカタログになりそうですね。
この分厚いカタログ(図録)と、当時出された「全景」展特集の美術雑誌などを合わせれば、
かなり楽しめそうです。ゆ〜っくり何度も観たかったドローイングとか、とくにうれしいです。
(ただし、どこに載ってるのか捜すだけでも大変。)
Commented by kadoorie-ave at 2007-12-03 23:38
> shinmemo0417さま
資料編として、結構大竹伸朗自身の文章もあって、楽しく読んでいます。
名文とも違うのですが、五感に直結・鷲掴みといった感覚の文章は、
『肌でわかる』『お腹から共感できる』気がして何度も何度も味わってしまいます。
そのときそれを、どーしても描きたかったんだ、作りたかったんだ...ていうのが
作品からも文章からも伝わってきます。だいすきだなあ。
<< 大森徘徊・しゃきしゃき歩き(その1) ニュース!ついに届いた!<大竹... >>