「ほっ」と。キャンペーン

油条(油炸鬼)を作るのだ〜。

先日、横浜中華街で仕事の打ち合わせをかねて飲茶をしました。
そのとき、「油条」の話が出たので、久しぶりに油条を添えた中華粥を食べたくなってしまいま
した。
油条(香港風に言うと油炸鬼)というのは、軽い塩味の揚げパンのようなもの。軽くて、サクサ
ク、パフッとしている。そのままかじっても香ばしくておいしいし、粥にちぎっていれてもよし、
暖かい豆乳と一緒に食べても幸せ。腸粉というつるんとした皮で油条をくるくる巻いた「炸兩」も
いいなぁ。
ところが、中華圏だったらその辺で手軽に買えますが、ここは日本。油条環境はよろしくありませ
ん...。中華街でも、納得のいくのは一軒くらい。(『香港を熱く語っちゃう会』の時も、参加した
方たちに確認済み〜♪)ほとんど「これは油条じゃな〜い」!!というのばかり。失敗したドー
ナッツ?モサモサしてるよ。こんなんじゃな〜い。
その一軒の店で買うのはいいけど、まとめて10本買ったら結構いいお値段ですし...。

というわけで....作ってます。(中華食材店に冷凍物もあるのは知ってるけれど。)自分で作ると安
くて、沢山できるところがいいです。

けれど、技術的には(私には)かな〜りむずかしいのです。味はまあいいんだけ
れど、全体にかためで、目が詰まりがち。

時間のかかるものなので、ここしばらくやっていませんでしたが、久しぶりにチャレンジ!今度こ
そ、納得のいくものを作りたい。
日頃から、本やネットで集めてきた油条レシピから、これぞと思うのをピックアップしていざ
チャレンジ。


第一日目

f0063645_23493832.jpgf0063645_23495117.jpg

ん〜、思っていたより随分軟らかい生地で、扱いにくいです。

f0063645_2350579.jpg出来上がりは塩分が心持ち強めですが...香ばしいし、そ
れなりにおいしいからよしとするか...。でも、やっぱり
かためだなぁ...。


で、第2日目 リベンジ!

f0063645_23502342.jpgf0063645_23505281.jpg

生地は耳たぶくらいのかたさに。水餃子作りやパン作りの要領を思い出しながら。

f0063645_23511378.jpgf0063645_2351353.jpg

2本重ねて、箸(または、包丁のミネ)で押さえます。ねじるようにして高温の油に入れますと....

f0063645_23515436.jpg
なんだかいい具合。よくふ
くらんでます!

f0063645_23523430.jpg

わあ、今までで一番の出来っていう気
がします〜〜♪軽くてサクサク!


f0063645_23594253.jpg切ってみた断面。どうでしょう!
おいしい〜〜(と思う)。


(追記・2009年8月13日)油条のレシピをまとめました。 こちら。
     →→油条(油條/油炸鬼)の作り方 (レシピ)


お作りになった感想、疑問、アドバイスなど、是非じゃんじゃん書き込んでくださいませ。♪そう
すれば、油条大好き♪のみんなで、より良いレシピを共有できるんじゃないか...と期待していま
す。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-10-30 23:53 | おいしいもの | Comments(54)
Commented by マイチー at 2007-10-31 01:55 x
空気をたっぷりふくんでとっても軽そうですね。
なんとキレイなキツネ色なのでしょう。
お粥に入れて食べてみたいですっ!
Commented by 讃岐おばさん at 2007-10-31 07:28 x
すごい!!!こんなの作るなんて!!!尊敬します!!!
これと干しエビを入れたお粥、食べたいですー。
Commented by YALIN note at 2007-10-31 09:22 x
わ~、美味しそう!
すぐでも食べたくなる逸品です。
私も日本に長く住んでいて、油條を食べたくなる日が多かったですが、
都内でどこで買うのもわからないし、わざわざ横浜の中華街へ買いに行かないので、ずっと食べられないままで過してきました。
この記事を見ると、また食べたくなりました。
朝に美味しいお粥に油條。ヨダレが出そう・・・。(^_^;)
小野寺さん、ぜひレシピを教えて下さい。♪♪♪(マイメールに・・・)
Commented by *やん* at 2007-10-31 09:37 x
キャ〜〜〜〜〜☆
私は油條が大好物!!(ダイエッターですが^v^;)
でもこれを作ってしまうとは!! 恐るべし光子さん>C<
月餅といい、これといい、マニアックで、もうプロです!!
あ〜〜〜〜 食べた〜い!!!!!!!!!!(ダイエッターですが^v^;)
Commented by りりこ at 2007-10-31 10:09 x
油条だなんてすごい!ウー・ウェンさんの本を横目で見るのみのわたし。
横浜中華街の25年前からお気に入りの店、
元ホリデイ・インのそばなんですが豆乳スープと油条のセット、おいしいと思ってます。
ここ12年行ってないんですが(出産以来・・・)どうなってるかな。
Commented by kouchie74 at 2007-10-31 11:04
すごい~
油条まで作っちゃったの。
子供頃に店の人が揚げるのを見たときに
確かに、生地がとても柔らかそうな感じで、
生地を伸ばしながらねじって油に入れ揚げたんです。
Commented by mieru1 at 2007-10-31 15:49
常々思うのですが小野寺家はいろんな美味しい物が食べられて幸せですね。(私は義務感が先に立って料理作りに楽しみを見出せない人。)

この油条も雑誌で見て憧れたなぁ。
神楽坂周辺でお粥に入れて食べる食堂が紹介してあったけど店が汚くて・・・
中華街でも店頭で売ってたから食べようかな、と思ったけど本当、意外と高いんですよね。
お麩のパンバージョンみたいでした。
あとね、肉マンの皮だけのも好き。
Commented by gogo-komomo at 2007-10-31 21:34
油炸鬼だっ!油炸鬼だぁぁぁ~!おんおーん(←なぜだか思い出しなき)
外見も断面も、香港を思い出してあまりあるお姿です。すごーい!
しかも、香港で食べるものより油がいいでしょうから、絶対おいしい!
食べてないけどわかります。おいしい!
もしかして、もち米で巻いた姿飯もお作りになった??
Commented by LuckyStarRingo at 2007-10-31 23:09
大阪の本町にある中華粥屋さんでこういうのあったと思います。
ひさびさに中華粥食べたいし、行って同じのあったら食べようと思います。
Commented by tomotubby at 2007-11-01 00:25 x
油条ののせてある台の目盛りや円のせいか、なんだかレオナルド・ダ・ヴィンチの仕事場のようですね。

油条、先日アモイのホテルで食べましたが、ハズレでした。最近中国でもハズレが多そうです。個人的にはむかし上海の路地裏で食べたのが美味しかったです。

今度は小野寺さんの小籠包が見てみたいです。とリクエストするわたし。
Commented by kago-fp at 2007-11-01 06:49
上海で朝、みなさんが食べていた油条を思い出しますが、うんうんも、
そっくりです。なんとおいしそうなんでしょうか。光子さん、すごいや。
やはり、この探究心あらばこそだなあ~。
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-01 07:54
>マイチーさま
いつも、味は香ばしくてまあいけるから、食感には目をつぶるかぁ...って出来だったので
いつかそこそこまともな物を作りたいとおもっていました。
薄い層、中には大きな空洞、つや、そんなのがあれば...と。
でも毎回安定した出来じゃなかったので、今回は自分としては「事件」でした。
油条としての高いレベルを目指しているんじゃなくて、「一応これ油条でしょ」と
人が見て思うレベルが到達点ですっ....。だから、及第だ!って自分で決めちゃいました。
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-01 07:59
>讃岐おばさん さま
いつも、「これなあに?」「これ私も欲しい〜」って思うと「人間が作っているものだから
材料さえ揃えば、なんとかできるんじゃないだろうか」とか「どうやって作っているんだろう」と
安易に考えてチャレンジします。ようは、高いレベルを目指さないけど、特にあきらめもしない.....んですが。
一度おいしい中華粥を食べちゃうと、油条がほしくなりますね♪
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-01 08:05
>YALIN noteさま
これまでは油条も自分で作ってるんだよ、と「自慢する」けど人にはお見せしないことが多かったのですが
今回のなら、まあまあかな〜〜なんて、思っちゃいました。
一日目に作ったのが納得いかなくて、次の日も作るとは自分でも驚きです。
幾つものレシピを、その場の判断で合体させて作ったので、早くメモしておかないと忘れてしまいそうです。
メモに書けば、シンプルな手順なので(要るのは時間だけ)水餃子に慣れている人なら雑作ないと思うの。
生活の中にお粥や油条があった人なら、ぜーーったいすぐにおいしいのを作れると思うよ♪
Commented by na_geanna at 2007-11-01 08:07
すごいすごい!
必ずやり遂げる「食のクリエイター魂」を拝見させて頂きました!
そこで( ゚д゚)ノ ハイ!質問!
この「油条」って揚げパンの仲間ですか?それとも麩の仲間ですか?
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-01 09:04
>*やん*さま
実は、出来を確かめるために、こんなものを合計8本も試食してしまった私。
(永遠のダイエッターですが^v^;)
お買い物に行くよりは、安く大量に(そこがいけないのか、ダイエッターなのに^v^;)
作ることが出来るので、つい小麦粉をこねてしまうのでした。
ねえねえ、近所に住んでいたらお互い「協力し合って」大変なことになっていたかもね(ダイエッターなのに^v^;)
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-01 09:30
>りりこさま
ここ10年近く、油条のレシピが本に載っていないかなぁと
目を光らせてきました(ってほどじゃないか....。捜してました。)これがなかなかうまくできなくって!
ウー・ウェンさんの本や、台湾料理の本、それと聘珍楼の料理本、「よくわか中国料理基礎の基礎」
あとはネットでレシピを捜して、順番に試してみました。
レシピは正しくても、私には出来ないとか、自分の「クセ」と合っているかどうかも重要なので
今回、色々なレシピを自分用に合わせたらなんとか形になりました。
.......だから、すっごくうれしいんだな......。
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-01 09:36
> kouchie74さま
そうなの、作ってみました。
沢山作ったら、冷凍しておけばいつでも食べられるからいいんです〜
(電子レンジでごく軽くチンしても、オーブントースターでちょっと焼き直しても。)
子どもの頃から見たり食べたりして来たものは、経験がなくてもわりとうまく作れたりすると思うよ!
おいしい出来上がりを、目と舌が覚えているだろうから。
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-01 09:45
>mieru1さま
自慢じゃないが、「口が悪い」ので、周囲の人への「*ま・ご・こ・ろ*」は
「料理」とかで表現するしかないのでございます。
人に迷惑をかけたときや、自分の肩身が狭いとき.....料理に腕をふるうので
もし、御馳走やめずらしいメニューが並んでいたら、それは何かやらかしたときです。
けけけ......
中華街の油条、こんなものは本場に行ったら身近な屋台価格なのにと思うと、ちとくやしい。
肉まんの皮だけの、花巻とか佛手とか.....あれおいしいですね!
そうそう、中華街は元々広東系(南方)のお店が多かったから
逆に「東京」の方が北京系で粉食文化圏の店のいいのがあるようですね。
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-01 09:58
>gogo-komomoさま
すでに、こももさんの体の細胞はほとんど香港で食べたもので出来ているんだもんね。考えてみたら!
「こういうのは、街で安く買うの普通」という食品は
日本にいるとなかなか手に入らないですよね。あっても高かったり、おいしくなかったり。生の鹹蛋とか油条とかね。
>>もち米で巻いた姿飯・・・私残念なことにまだ、香港や上海で食べたことないんです。
「幼[女亭]さんの中国ごはん」という本で見て、何度か作ってみました。おいし〜
けど、本物を食べてみたい...。
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-01 10:02
>LuckyStarRingoさま
香港人が行くと、ノリの点であまり違和感を感じないという大阪に
私ったらまだ行ったことがないんです〜〜〜!
>>本町にある中華粥屋さん・・・・・だなんて聞いたら、どんななんだろ、と
飛んで行きたくなってしまいます♪
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-01 10:34
> tomotubbyさま
この製菓用?の台、以前ウィリアムズ・ソノマが日本にあったとき手に入れました。
冒頭に書いた、中華街で飲茶をしたお相手は、「食」の分野ではプロの世界に身を置く方なので、「油条を作るのって、むずかしいですよね」という会話には、英語力中1レベルの人と、同時通訳の人ほどの差があって、お恥ずかしいことでした。その時、油条は南方より北京など北のほうがおいしいという話も出ました。
手間ではなく時間がかかる作業だから、時間の効率を良くするために手を抜く店も増えているかもしれません。お粥自体も米の花が咲くまでゆっくり炊くと、本来の美味しさになりますが、フードプロセッサーなどで短時間でとろみを出すところも多いとか。もったいない話だー。
......で、小龍包。皮と包むところがあまりに難しそうですよね〜でも、やっぱりやってみるかなぁ?
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-01 10:39
>kago-fpさま
そりゃもうね、それなりにうまく行った時しかここでは披露しないわけです。
毎回出来にムラがあって、揚げたうちの一本だけうまく行ったけどなぜ?とか
レシピは完璧そうに見えたのに、私にはうまく作れないとか
苦節10年(ただし、年に2〜三回しか作らないんだけど)やっと出来た気がします〜。
ばんざ〜い。
出来て思ったけど、小麦粉作業に慣れている人だったら、あっさり簡単に作れそうです。
今回、生地の温度や油の温度にはちょっと気を遣ってみました!
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-01 10:48
>na_geannaさま
>>必ずやり遂げる「食のクリエイター魂」・・・・・!!
不屈ってかんじですねー。かっこいーー!
仕事のほうにも、“必ずやり遂げる単なる「クリエイター魂」”がほしいもんです!
御質問の答えですが、パンであってパンじゃないというか...
小麦粉(強力粉でも中力粉でも)に、イーストではなく膨張剤の重曹やベーキングパウダーの類いを混ぜ
グルテンが形成されるまでよく捏ねて、棒状にして揚げたのがこれです。
老麵(発酵させた小麦粉生地)を混ぜて作るやりかたもあるので、それならパンかな?
Commented by LuckyStarRingo at 2007-11-01 12:14
大阪の本町の中華粥屋さんは、中国の庶民的なご飯屋みたいな、こじんまりしたところですよ。
といっても中国には行ったことないですが。(笑)
日本人は皆、そう感じてしまいそうな雰囲気のお店です。

http://www.kansai.com/gourmet/G0001111
↑こんなところです。

これ見て分かったんですが、やっぱり揚げパンありました。^^
今度行ったら食べます。

PS 老酒買って酔っ払い鶏作るモードに入ってます。^^
Commented by nimunimu at 2007-11-01 23:13 x
うぅ、おいしそう・・・。
油条、こちらでも中華系のお店で売ってますよ。
最近、道端で中華風パン(?)と油条を売ってるスタンドを発見!
ひとりが生地をこね、ひとりが揚げ、ひとりが接客。
すごいチームワークでつぎつぎと出来上がっては、つぎつぎと
売れていく油条と中華パン。
あまりの手際の良さについ見入ってしまいます。
あした、おやつを買いに行こぅ~っと♪
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-02 07:04
> LuckyStarRingoさま
早速拝見しました。居心地の良さそうな、こざっぱりしたお店にみえました。
こっちにも、そんな感じのお店ないかなぁ...。
(出不精なので、行きたい店が遠かったり高いお店だったりすると
すぐ『すごーくヘタでも自分で作ればいいや...』とか思ってしまいがち。)

ところで、酔っ払い鶏もう作ってみました?うまくいったでしょうか。どきどき。
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-02 07:10
>nimunimuさま
道端!それが大事なポイントです〜。
やっぱり、その辺の道端で、子どものお小遣い価格(そちらのがそうかどうかはわかりませんが)
でないとねっ。『めずらしいから高いお金で、お土産に買って帰る』価格じゃやだやだやだー!.....です。
手際のいいトリオ?かっこいいですねえ。見てみたいです。

そういや、香港映画祭で観た映画「父子」はシリアスな話ではあったけど
深刻になりすぎず、人の「悪さ」ではなく「弱さ」というふうに伝わって来たのは
撮影場所がマレーシアだったからだと思います。
広東語で香港スターが出て来たから、てっきり香港かと思ったが、なんか違う。
マレーシアののんびりした風景でした。
Commented by わきた・けんいち at 2007-11-04 20:31 x
こんばんは。
ユージャオですか!!
中国や台湾でも食べましたが、あれは、一般的に自宅でも作るものなんですか?しかし、それにしても作ってしまうとは、すごいですね~。旅行したとき、町の食堂でよく朝食をとりますが、そのときは、やはり油条、それにお粥か豆乳かな。
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-05 07:19
>わきた・けんいちさま
ようこそ、わきたさん♪
油条は一般的に自宅で作りません。油条は(咸蛋も)、日本で手に入らないので泣く泣く作っているのです。
やっぱり中華粥があったら、油条が欲しくなりますから。
それにしても、観光レベルではない中国への旅はちょっとうらやましいです。
だれか取材に同行するように言ってくれないかなぁ....。
Commented by わきた・けんいち at 2007-11-05 09:40 x
やはり、油条は、自宅ではつくりませんよね。ありがとうございました。たいへんですね~本当に。フランス料理が好きで、フランスパンも自宅でつくってしまう・・・というのと同じくらい大変なように見えました。ところで、仕事での中国出張なんですが・・・、どうなんでしょうね~。僕としては、仕事ぬきで、一日中、美術館や博物館をめぐったり、龍井茶をのみながらボーッと景色や人を眺めているようなことをしてみたいですね。仕事だとそういう時間がありません。
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-06 01:10
>わきたけんいちさま
たいへんなのに、なんで作るのかと言えば、楽しいからですけどね。
自宅では作られないものが自分にもなんとか作れちゃった!というのが嬉しいんです。
>>フランス料理が好きで、フランスパンも自宅でつくってしまう・・・というのと同じくらい
・・・・・なぜわかったんでしょう、わきたさん。確かにフランス料理も好きなので
フランスパンも作ったりします。昔は干しぶどうを発酵させて天然酵母を採るところからやっていました。

仕事で出張のいいところは、「旅行する予算が全くない時でも、行くことだけはできる」ところかも。
最高なのは、旅行本などの取材に同行することかもしれませんね。お話来ないかなぁ。
Commented by わきた・けんいち at 2007-11-06 22:03 x
ふ、ふ、ふ・・・フランスパンもですか!!
すごいですね~本当に。驚きました。
お料理に対する情熱に脱帽です。ご家族やご友人は幸せですね~!!
さてさて、「旅行本などの取材に同行することかもしれませんね」とのことですが、心で念じ続けていれば、いつか実現しますよ。そのばあいは、同行ではなくて、小野寺さんのくいしんぼーな旅行記がいいですね、私としては(^0^)ゞ)))
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-07 07:29
結局のところ、『どうやってできているのか?』『それは私ににも作れるのか』という興味と
『売ってるのが高くて納得いかない』とか『遠くまで買いに行くのは面倒』というのが
やる気のもとなので.....人に貢献しているかどうか、はなはだ疑問です.....。
『家事』というより、『シリーズ・男の料理』だと言われます。
旅行本、一度「台湾」の旅行本取材で味をしめましたが、カフェばかり取材したらあっという間に胃を壊しました。
治るのに2月、でもいい思い出です。家庭料理とか取材してまわりたいな〜。
Commented by pptoru at 2008-05-02 11:27
本当においしそうですね!
特に2日目のやつが、色も良くて、プロの料理写真みたいです。
私も作ってみたいのですが、よろしかったらレシピとか秘蔵のコツを教えていただけますか!
Commented by kadoorie-ave at 2008-05-03 04:09
>pptoruさま
ようこそ、pptoruさん。
二日目のは、われながらうまくいった...とほくそ笑んでいます。
今まで何回も作ってきましたが、うまくできたのははじめてです。
中華料理の本(といっても、これは滅多に作り方が載っていないのですが)やネットでレシピを調べて
調整をしました。レシピそのものは簡単です。
「油条」で検索してこちらに来られる方も結構いらっしゃるので
そのうち、きちんとレシピを載せたいと思っています。
Commented by STARFERRY at 2008-08-27 07:14 x
この油炸鬼は本当に素晴らしいです!
私も聘珍楼の料理本見ました。「よくわかる中国料理基礎の基礎」も今欲しい本のひとつです。
きっと研究なさった上でのレシピだとは思いますが
公開していただけると本当に嬉しいです。
Commented by kadoorie-ave at 2008-08-28 02:30
>STARFERRYさま
ありがとうございます〜。
思いのほか「油炸鬼」「油条」で検索して来て下さる方が多いようなので
改めてレシピを書くつもりです。
私もネットで検索して、本に載っていたレシピとも照らし合わせて
テキトーに合わせた作り方なんですけど。
あとね、中国、香港のレシピにある「炭酸水素アンモニウム(重炭酸アンモニウム)」をやっと手に入れました。
なくてもできるんですけど、入れたらどうなるか実験しようと思って....。
Commented by 天星小輪 at 2008-08-29 08:23 x
香港のレシピではアンモニアパウダー、よくでてきますよね。
日本では手に入りにくいので、まだ使ったことがありません。
油条のレシピ、楽しみしています♪
Commented by kadoorie-ave at 2008-08-29 21:05
>天星小輪さま
そうですね。ネット通販で扱っているところをやっと見つけたのですが
なんてたって 分量が“炭酸水素アンモニウム 1kg/価格 462円 (税込) 送料別”ですから...。
中華料理の師匠とも言える友人に無理矢理500gプレゼントしました。
もし、スターフェリーさんが手に入れたら、袋を開けたときのニオイをお楽しみに♪
(cf/http://www.rakuten.co.jp/marusanpantry/646895/648309/ )
200gの袋はいつ見ても売り切れでした。問い合わせれば仕入れてくれるんでしょうか。
Commented by みやっちぇ at 2009-05-13 14:01 x
レシピ教えてください。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-19 12:02
>みやっちぇさま
コメントありがとうございます!
早くブログに書かなくっちゃぁと思いつつ、なかなかできずすみません〜。
とりあえず柴田書店の「よくわかる中国料理基礎の基礎」には詳しく載っています。
そのままそれをブログに転載したのではまずいと思い、延び延びになってしまっているんです。
Commented by みやっちぇ at 2009-05-19 13:57 x
ありがとうございます。私もいろいろなサイトで見て、何回か試してみたのですが、なかなか思うようにいかず、おいしくしあがりません。どちらかというと、普通のあげパンみたいになっています。中国料理基礎の基礎にのっているのですね。本屋さんに行って買ってみてみます!ありがとうございました。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-20 10:07
>みやっちぇさま
その本、結構なお値段なので、まずは図書館で検索してごらんになるとよいかも。
それから、ポイントとしては「生地はあまり捏ねすぎない」。捏ね過ぎると目の詰まったロールパンの生地みたいになってしまいます。
捏ねる時間よりも、生地を休ませる時間を十分とることが重要です。充分休ませた生地は、お肌がしっとりきめ細やかになってツヤがあります。
Commented by アキ at 2009-08-11 10:44 x
何度も作っても上手くできません。
粉を薄力粉を多くしたり  アンモニアパウダーを増やしたり
炭酸を増やしたり、 ミョウバンを増やしたり、BPを入れてみたり
、寝かす時間を長く変えてみたり、 捏ね方も 捏ねすぎず 時には
パンみたいに捏ねたりと もう20回近く作ってますが
ダメです。

どうも断面が気泡がほとんど無いんです。
実際は気泡が大きく または網目状になっていますが
私が作ると失敗ばかりです。

何が原因なんでしょうか?
Commented by kadoorie-ave at 2009-08-12 15:31
>アキさま
すごい、あのアンモニアパウダーまでお持ちなんですね!?
私もなかなか出来が安定しません。
ですが、いくつかのレシピをつなぎ合わせて作っていますので
参考までに、それを近々ブログにアップしなければ、と思っています。

普通、生地の目が詰まってしまうのは、捏ねすぎが原因のことが多いのですが...どうなんでしょう?
料理の専門知識があるわけではないので、私が作り方を書いてもなあ...と気が重かったのですが、
よく考えたら、それをたたき台に、皆さんからアドバイスやご意見を伺えばいいんですよね!
二、三日中にアップいたしますね。(急な用事がはいらなければ...)
Commented by PB at 2011-03-02 16:00 x
はじめまして

油条が自分で作れないかと検索してこちらに参りました
さっそく作ってみました
ひとりなので1/5量で・・・;;
塩加減がちょっぴり難しかったけれど
完成写真を拝見した時から絶対に本場と同じだと
疑わずにおりましたよ~~**

香港で食べた懐かしい味が蘇りました
ありがとうございました♪
Commented by kadoorie-ave at 2011-03-04 12:56
>PBさま
はじめまして!

うわぁ、早速作られたんですね。
このブログにアクセスした方の検索ワードをみると、私の名前よりもブログのタイトルよりも
ずば抜けて「油条」で来たかたが多い。
それほどまでに、一度海外(中華圏)で本場の油条を食べた方がレシピを探しているのかぁ...と
改めて思います。
私なりに試行錯誤してきたレシピですが、お役に立てて嬉しいです!!
コメントありがとうございました。
Commented by H&R at 2011-10-30 19:20 x
はじめまして。

中華街で育ち、父は中華料理の調理師でした。
よくお粥を炊いてくれ、できた頃にお店に揚げたての油条を買ってきて食べました。
先日、居所(東京都福生市)の近くで売っていたのを見つけ、懐かしい思いで買って食べてみたところ、あまりの不味さに愕然としてしまいました。きっと冷凍だったに違いありません。
父が生前、この油条がなかなかうまくできないとこぼしていたことを思い出し、自分で作ってみようとやってみました。
初めてにしては美味しくできたのですが、気泡の入り方が少なく、表面が1日目のようになりました。
この後、どのようにしたら2日目のようになるのでしょうか?
確かに水分が多く、ペタペタしていました。
2日目は少し水分を控えめにしましたか?

油条を作ったらお粥が食べたくなり、急遽お粥を炊いて食べました。とっても幸せな気分です。

レシピを公開してくださり、ありがとうございました。
Commented by kadoorie-ave at 2011-11-14 12:31
>H&Rさま
はじめまして。お返事が大幅に遅れて申し訳ありません。
中華街育ちのかたなんですね。今はすっかり立派な観光地、という感じですけれど、私の小さい頃はまだまだ人の暮らしの匂いがする、下町の趣がある場所でした。発展は大いに嬉しいことですけれど、あの頃をとても懐かしく思う今日この頃です。私が香港好きなのも、昔の横浜港や中華街の記憶と重なるからです、きっと。
私が一日目に失敗したのは、作り方のところに書いたよりも、水分も多めだったからだと思います。それで、少し減らしたのです。それから、二回目(リベンジの回)以降は生地の扱いを一層やさしく丁寧にしました。パン生地を作るときと同様、力まかせに引っ張ったり畳んだりせず、捏ねにくいと思ったら休ませることが結構大切だと思いました。
とはいえ素人なので、「絶対確実」とはいえなくて申し訳ないのですけれど。

参考になればうれしいです。出来たての油条とお粥は本当に幸せの素ですね〜。
Commented by 顕徳院小太郎 at 2012-01-31 18:08 x
いろいろなところで油条なるものを食べてはいるのですが、本当に美味しい油条というのがどのような感じなのかがわかりません。どこでもこんなものかと思って食べているもので。
亡くなった父が、私が子供の頃に横浜の中華街でよく買って来てくれたのが、2日目のと同じ感じで一番美味しかったような気がします。路地裏にあり店先で揚げて販売しているお店とは聞いていたのですが、父からはどこにあるお店なのかが、もはや聞けません。検索しても引っかかりませんし。
中華街でも納得のいくのは一軒くらいと仰られているお店がどこなのか、ぜひ教えていただけませんでしょうか。これこそが美味しい油条というのを買いに行きたいのです。よろしくお願い致します。
Commented by kadoorie-ave at 2012-02-01 03:10
>顕徳院小太郎さま
顕徳院小太郎さん、はじめまして!
私は使命感に燃えて食べ比べをしたわけでも、食通でもないのでなんともいえませんが...ただ、香港や台湾で食べて感動した「普通のレベルの油条」が、日本だとなかなか食べられないのが残念でした。食べられるとしても何本も買うとそれなりのお値段というのも残念。自分で作ると、なんといっても安いですから。
つい先日、聘珍樓横濱本店の点心長に油条の作り方について質問をする機会がありました。そうしたら、揚げたての美味しい油条を長いまま食べさせてくださいました。点心長直々で、揚げたてなので.そりゃまあ本当に美味しかったです。軽く香ばしく、サクサクしていて、どこかしっとりした柔らかさもある。風味がよくて、くどくない。聘珍樓の場合、老麺を使っているそうです。中国でも、老麺を使う作り方と、ベーキングパウダーや重曹を使う作り方があるのだとか。ただ、聘珍樓の油条は美味しかったけれど、残念ながら売店で売っているわけではないので...。
中華街で「ここのはいつもおいしいなぁ(香港。台湾で食べたものに似ているという程度の意味です)」と思うのは「桃源邨」。参考になるかどうかわからないのですが。
Commented by あぶら at 2013-05-11 20:04 x
日本のまずい油条は輸入された冷凍のものでしょうね
美味しい油条は水分たっぷりのねっちょねちょどろどろの生地なので難しいですし、
油が多いだけあって酸化しやすいので売店で販売も難しいのかもしれません
やはり消費量が多くないと作れないものなのかもしれませんね
Commented by ますだ at 2013-07-03 21:34 x
すごーい!!!お母さん中国人でよく実家に帰った時に近くの屋台で売ってたユーティオとおんなじだ!!!
どうやって作ったのですか?れしぴが知りたいです!
<< 中華土鍋、大活躍。 <香港映画祭 3>「父子」「天堂口」 >>