<香港映画祭 2>「鐵三角 TRIANGLE」

10月23日(火)「鐵三角 TRIANGLE」@Bunkamuraオーチャドホールへ。

あまり予習をしないで行ってしまいました。せいぜい「香港映画祭 HONG KONG FILM   
FESTIVAL」
のチラシにある「鐵三角」の解説などに目を通す程度の時間しかなかったので、おお
ベテラン監督3人で作ったのか!とか、出演はサイモン・ヤム(任達華) 、ルイス・クー(古天
樂) 、スン・ホンレイ(孫紅雷)、ケリー・リン(林熙蕾)ですって〜楽しみ!というくらい
の予備知識。

f0063645_2272363.jpgネットで見つけたポスターも←こんなのだったし、香港アク
ション物...というよりフィルムノワール風の作品だろうか...
あまりハードなバイオレンスものだったら辛いな、と想像し
ていました。
あらすじを読むと、『いつも金に困っている3人の飲み
仲間が、ある嵐の夜に出会った不思議な老人から、政府のビ
ルの下に古代の秘宝が眠っていると聞く。その話に一か八か
の望みを託してビルに忍び込むと確かに秘宝が眠っていた。
三人は秘宝を手にするが、それを狙っていたのは彼らだけで
はなかった。』(「香港映画祭」公式サイトより)
ですと....
荒唐無稽!?今度は、このストーリーで大丈夫だろうかと、
かすかな不安もよぎるのでした。
三人の監督で作るというのも、一体どんな風にな
のか。三人三様個性も強いのに、オムニバス形式で作ったの
かな???など、疑問一杯抱えて一路会場へ。

...と、違いました。オムニバス形式じゃなかったのです。リレー形式でした。3人の監督が3
分の1ずつ撮って一つの物語を繋いでいくという、ユニークな方法。あらまあ、考えただけでワクワ
クします〜。
聞くところによると「鐵三角」というのは、三人の堅い友情のことを指すとか....。映画のストー
リーの前に、監督三人が30年来の親友なのだそう。そんな仲間で作る映画だなんて期待が膨らみま
す。
自分が担当する部分以外のことは、他の2監督は全くタッチせずに製作されたということせす。「手
渡されたものをどう料理してやろうか」とアイディアを練る残る2人の監督を想像するだけで、と
ても愉快です。
このアイディアを思いついたのと、最初の3分の1のパートを担当したのはツイ・
ハークです。ツイ・ハークが「難しい課題をいっぱいリンゴとジョニーに残したから、2人は大変
だったと思いますよ」と語れば、リンゴ・ラムは「いえいえ、大変だなんてことはありませんでし
た。すでに前のストーリーでしっかりした物語と人物像ができていたので、やりやすかったです。
好きなようにやりましたから」と答え、最後のパートをまとめることになったジョニー・トー監督
も「大変ではありませんでしたよ。物語も人物も出揃っていたので、結論を勝手に考えるだけでよ
かったんですから」と、楽しげでした。

各監督のパートの変わり目は、マニアックなファンならわかると思う、とのこと。私は「マ
ニアックなファン」までいかないから駄目かなぁと思っていましたが、いやいや、注意していれば
いきなりテンポやセンスが変わりますし、結構わかるものでした。すっごくおもしろい〜。
ハラハラドキドキ、ダレている暇なし。緊張したり笑ったり。手に汗握ったかと思うと、いきなり
腰くだけになったリ、緻密に計算ができていると感心したり、です。

感想は....「好好食!好飽[ロ勒]!(=おいしかった。お腹いっぱい!)ごちそうさま。ハッピーで
す」ってところかな。「映画って楽しい♪」と思える1時間45分でした。

ところで感心したのがサイモン・ヤム...。

f0063645_10133.jpg最初はこれが本当にサイモン・ヤムかしら?といぶかしく思うほど、冴
えな〜いおっさん姿。これまで、男っぽく艶のあるタイプだと思ってい
たのに...!(昔モデルもしていたくらいですし)。
←私の目にはこんなふうにしか見えない!!お酒でむくんだかのよう
な、どんよりした目つき、艶のない肌....。あ〜あ。
ところがですね、劇中のとあるシーンから、風貌に変わりはないのに俄
然シャキーンと輝き出すのです。それは、ある事故がきっかけで、ずっ
と封印してきた彼の過去(?)の『腕前』。それが甦った瞬間のシーン
のことでした。

目に光が甦って、別人のよう。ああ、やっぱりサイモン・ヤムだ、と感心しました。(でも、また
すぐもっさりしたおじさんに戻っちゃうところもすごい。もちろん演技上ですけど。)

f0063645_1241852.jpg←これがいつものサイモン・ヤム。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-10-27 23:08 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(4)
Commented by na_geanna at 2007-10-28 22:18
Omnibus形式の映画って、小生好きですね~
日本で昔やってた映画だと「ばかやろう」で
TVだと「世にも奇妙な物語」ですな・・・
なんで、最近この手のものがないのだろうか(*-゛-)ウーン・・
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-30 02:12
>na_geannaさま
オムニバスも今回のようなリレーも、映画づくり自体の愉しさが感じられて
おもしろいなぁ。おいしいなぁ...と思います。
製作のつらさはそれぞれにあるとは思いますが。
Commented by mieru1 at 2007-10-31 15:43
ツイ・ハーク、監督業してたんですね。(当たり前か)
何か漫画とかアニメに手を出していたので映画から離れてたのかと思ってた。
サイモン・ヤムって三級片の人だよね。(観たことないけど)
元々かっこいい人ですがイイ感じに渋くなってますね。
劇中の変身ぶり、面白そうです。
(普段冴えない人間があることをきっかけに本性が出るっていうところ、好きですねぇ。)

そういえばしばらく香港映画観てないわ。
香港アクション映画は当たり外れが激しいので・・・・
でもこの映画はバッチリみたいですね。
Commented by kadoorie-ave at 2007-11-01 11:02
>mieru1さま
ツイ・ハークは知的でオシャレな人でした。本当に3監督が仲良しのお友達だっていうのが
よくわかりました。ほかの人のインタビューそっちのけで、舞台上でおしゃべりに花を咲かせていたもの。
サイモン・ヤム、黒社会ものに多く登場しますよね。で、かっちょいい。
あまり冷酷なイメージはないですけど。

この「鐵三角」は、mieru1さんには合ってると思うんですー(会ったこともないのに決めてる♪)おススメです。
<< <香港映画祭 3>「父子」「天堂口」 <香港映画祭! 1>オープニン... >>