<香港映画祭! 1>オープニングセレモニー

ぜえぜえ、やったー!とりあえず一段落。私にはめずらしくいくつかの仕事を並行して全
力投球で仕上げておりました。(....誤解を呼ばないように書き添えておきますと、「めずらしく」
は「いくつかの仕事を並行して」にかかるのでございまして、「めずらしく全力投球で」ではあり
ません....念のため.....)本日26日、納品終了。外の天気は一日中雨でしたが、気分は晴れ晴れ〜♪

さて、24日に途中まで書いて「非公開」のまま保留になっていたこのエントリー。本日なんとか大
幅に手直しして「公開」にいたしました。

忙しいと言いながら、じつは連日このようなもの↓にも顔を出していたということで
(汗)。
とある方面からお招きいただき、どうしても行きたかったので、睡眠時間を削って(というより、
なくして)お仕事ガンバリました。(だからって、映画の最中寝たりしていないからダイジョウ
ブ...。「とある方面」様、ありがとうございました!)
...................................................................................................................

f0063645_7272580.jpg


10月23日、東京・渋谷で東京国際映画祭の提携企画として開かれている香港映画祭の、
オープニングセレモニー&映画「鐵三角TRIANGLE」のプレミア上映に行って参りました。今年は
10月23日から25日まで、渋谷Bunkamuraオーチャード・ホールにて開催されました。

f0063645_2151036.jpg

今年のオープニングセレモニーにはゲストとして、(写真左から)オープニング上映作品の『鐵
三角 TRIANGLE』のツイ・ハーク、リンゴ・ラム、ジョニー・トーという3監督、それに主演の
ルイス・クー。さらに24日(水)上映の『男兒本色』からはニコラス・ツェー、ジェイシー・チェ
ン、ショーン・ユーの3人が来場しました。


f0063645_225299.jpgニコラスはじめ、ルイス・クーだのショーン・ユー
だなんて、今をときめくイケメン俳優揃い(のほ
ほ〜んとして初々しかったジェイシー・チェンは、
アクション映画初出演で....ジャッキー・チェンの息
子さん!!)だったのに、私の興味は三人揃ったツ
イ・ハーク、リンゴ・ラム、ジョニー・トー監督の
ほうにあるのでした。

長年映画をつくって来た人たちの存在感はなかなか華があります。

並んだ人たちを見比べながらずうっと考えていたのは、それじゃ、「華がある」ってどうい
うこと
なんだろう...ってこと。
並んでいた「スター」の中では、やはりニコラス・ツェーが一番華やかで人目を惹き付ける強さが
あるようでした。(そういうのをよくオーラがあるっていいますが...。)ニコラスに限らず、観衆
を惹き付ける魅力の強さって、客席の空気に敏感に反応して、仕草や表情が変化する人、生来の旺
盛なサービス精神を持つ人かもしれないなぁ...なんて気がしました。「強い印象」の人もあれば、
「もっさり人が良さそうなんだけど目が離せない」など違いはあるけれど。

どっかから借りて来たような言葉や動きも、おもしろくないわけで....印象に残る人って派手でなく
ても微妙に人と違う動きなんだなというのも確認。当たり前と言えば当たり前ですが...
結局、「生き物としての強い波長を感じさせる」エモーショナルな人が沢山の人の注目を引くのか
もしれない。(そんなことを考えたのは、役者やアイドルが全体に手の届きそうな親しみやすさ...
つまり小粒になった気がしたからで、2000年の香港映画祭で見た、レスリー・チャン(張國榮)や
マギー・チャン(張曼玉)、トニー・レオン(梁朝偉)の存在感とは全く違うと感じたから...なん
ですけどね。トニーは普段、全く目立たないという特技がありますが、そこはそれ、舞台上ではや
はり違うのでした。今回観た中で10年後にさらに輝きを増す人は誰かなあ。ワクワク。)

※全体の詳しいレポートは、香港映画を溺愛するライター水田菜穂さんのブログ「HongKong
Addict Blog」の香港映画祭opening&「鐡三角」@オーチャードHに詳しいので、是非ご覧ください♪

次回は、観た映画3本のことを少し書いてみようっと。

(※朝起きて読み返しましたら、なんとも文章がチンプンカンプンだったので、手を加えました。先
にここを見て下さった方、ごめんなさい。 いっつもチンプンカンプンな者より 10月27日)
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-10-24 08:34 | Comments(4)
Commented by tomomi at 2007-10-27 20:42 x
あらー、いらしてたんですね?
アタシもすっかり楽しんで2日通いました。
正に「お祭り」感たっぷりで、まだ興奮冷めやらないって感じです。

monicalさんのブログは以前からファンなのですが、いみじくもmonicalさんんが、
>これは間違いなく語り継ぐに値する舞台挨拶でした。
と書いているのを読んで、その場にいられたことにただただ感動しています。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-28 07:27
>tomomi さま
あ、いらしてたんですね。久しぶりに行ったのですが、やっぱりよいですねえ。
気分がぱあっと華やぎます〜。
大体が香港にいたって、あれだけのメンバーがずらっと並ぶイヴェントなんて
そうそうないですもん。
舞台挨拶中、監督3人が楽しそうだったので、なんだかこちらまでうれしくなっちゃいました。
Commented by ayam7281 at 2007-10-29 10:51
お仕事おつかれさまでした!!
香港映画祭すごいですね(#^.^#)
なんだか雰囲気も香港っぽそうです。
日本にいながらにして、向こうの雰囲気があじわえそう。
それに映画も面白いつくりのようですね。
とっても気になりました。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-30 02:11
>ayam7281さま
オーチャードホールは広さも設備も立派、
洗練された大人っぽい空間ですが
そこに香港スターが居並ぶと、なんともいえない華やかな空間になります。
香港って、大げさでない程度のドレスアップが似合うのですが
香港映画祭の期間中は、香港のセレモニーのようなキラキラしたかんじです。
シリアスな大作映画だけが好きな方には駄目かと思いますが、
かなり楽しめる映画ですよ「鐵三角」。
<< <香港映画祭 2>「鐵三角 T... ランタンに憧れる。 >>