RMJ主催「覇王別姫藝術展」のご紹介

今年2007年12月20日(木)〜23日(日)、RMJ(Red Mission Japan)主催による
「覇王別姫藝術展」
が開催されます。
..........................................................
2007年12月20日(木)〜23日(日)
9時15分〜18時
神奈川県民ホール ギャラリー
第1・2・3・4・5展示室
(入場無料)
主催:RED MISSION / RED MISSION JAPAN
協賛:アスミック・エース エンタテインメント株式会社
   湯臣電影(香港)有限公司
............................................................

f0063645_22481498.jpg

さらば、わが愛 覇王別姫」(邦題)は、レスリー・チャン(張國榮)主演、香港・中国の合作
映画で、1993年にカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した映画です。
「覇王別姫藝術展」は、この映画を出来るだけ広く紹介するとともに、中国映画の魅力、ひいては
アジア映画の魅力を多くの人々に伝える機会を作ること。また、ストーリーの背景にある「京劇」
文化の紹介、舞台となった中国の近代史への理解を深めることなどを目的に開催されるものです。

「覇王別姫芸術展」は2005年に香港、2006年に上海で開催され、今年は日本で開催されることに
なりました。
なお、この 『覇王別姫藝術展』は、外務省による日中国交正常化35周年記念事業のひとつ、
2007「日中文化・スポーツ交流年」の公式事業として正式に認定を受けているそうです。

詳しくは....このバナー↓をクリックしてくださいね!
バナー同様、『覇王別姫藝術展』の特設サイトもとっても美しいです〜♪♪(さすがに愛情の籠っ
たサイトだということがわかります〜。おちゃらけたファンサイト....それも好きですが...ではあり
ませんので、真面目な興味のかたにお薦めできます。)

f0063645_22394278.jpg←(クリック♪)


この映画は、香港や中国の映画はね〜ちょっと興味ないな〜なんていう方に、是非ご覧頂きたいと
思います。(私も以前はフランス映画を中心に欧米の映画ばかり観ていました。が、アジアの映画
には、なにか肌に馴染むものがあって、それまで何も知らずに来たことを深く後悔しました。)


※もしお時間があったら、以前のコチラの記事も併せてお読みくださいませ。
     Leslie Cheung張國榮への手紙(クリスマスのとき)・2f0063645_23584332.jpg




(※このイラストは私が自作の『香港イラストブック』という冊子に描
いたもので、「覇王別姫藝術展」とはなんら関係ありません。→)
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-10-15 22:30 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(16)
Commented by ビンゴ at 2007-10-16 00:36 x
グ・グ・グ~!綺麗です。綺麗過ぎます~!!!
再版ドットコムから覇王別姫の写真集再版されるかもメールが来てたし(すでに持っているので希望しなかったけど)
神奈川県民ホールといえば、パッションツアー初日の会場ではありませんか!しかも私が一番前の席でレスリーのあまりにステキなお姿に腰を抜かしてしまった場所!
ああ、忙しい時期だけど出かけたい!絶対行きたいです!!!
Commented by greenagain at 2007-10-16 02:13
おお~美しい!
私もこの映画でアジア映画、目覚めました。この映画、一気に魅せますよね。美しく残酷な物語・・・そう、肌になじみます、アジア映画は。同感です。欧は石石~!だけど、アジアは土土~!という感じでしょうか。アジアは湿度があって体温が高い~。
Commented by asiacollection at 2007-10-16 11:08
この映画思い出します~。
男同士の愛ですけれど、
知識がなかった私にとっては
男と女の愛と、なーんも変わらなく、
(というより、もっと深ーいかも)
美しく切ないものなのだと
と確信させられた映画でした。
Commented by tomomi at 2007-10-16 16:26 x
そういえば先日熱く語ってくださいましたよね。
(あ、、ここにかけないけどそのときのハナシ思い出してしまった、、、面白かったです、、くくく、、、)

アタシも時間があえば行ってみたいかも、、、
Commented by tomotubby at 2007-10-16 23:42 x
漢軍我が楚の地を奪い四面に響く楚の歌...
ご紹介ありがとうございます。
映画が見れるなら是非行ってみたいです。
写真集も実は初版本持ってたりします。
実は最近クローネンバーグのジョン・ローン主演マダム・バタフライなんかを見てしまったため、
かぶってしまってたりしまして、再修正したいんです。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-17 09:01
>ビンゴさま
覇王別姫の写真集、私も持っていますが、しょっちゅう見るためのと、
保存用と2冊欲しいなぁ...なんて。いえいえ、我慢しましたとも。
覇王別姫のような評価の高い映画でも、ことアジアの映画となると
ごく一部の「アジア映画好き」の人たちの変わった趣味でしょ〜と言われたり、
無意識に欧米の映画と比べて一段下だと思われたりすることも多く、残念です。
この機会に是非、沢山のかたに知っていただけたらいいんだけどな〜。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-17 09:11
> greenagainさま
なんか、日本のメディアでは、本人はもっと感じもよくかっこいいのに
なんだってこの写真を使うのかな〜...ということが多いんです(はがゆい〜〜〜)。
“ことさら”とっつぁん坊やみたいなのとか、回りの見えないナルシスト風だったり。
実物、こんなんじゃないじゃん!!ということが多いため、レスリーに愛情のあるこういうサイトを
見ると嬉しいです〜〜♪これで、好きじゃない、と思われるんならそれは個人の趣味だからいいですが
妙な写真で誤解されるのは、いたたまれないものが....。
いっときは、東洋人の魅力に取り憑かれて、欧米の映画を観ていても
ふぬけた気分になってた時期すらあります。失っていたアジアの部分を取り戻そうとするかのようでありました。
湿度と体温。皮膚の質感も!好きなんだよな〜〜♪
Commented by ビンゴ再び at 2007-10-17 11:40 x
蜷川演出で少年隊東主演の「さらば、我が愛覇王別姫」の舞台決定だそうです。
これって、どうでしょう???
観たいような・・・・観たくないような・・・
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-17 12:57
>asiacollectionさま
初めて見た時は、お隣中国の近代史もよくわからず、
何なの?なにごとなの〜?と言うシーンもところどころにありました。
けれど、ありとあらゆる人の感情が迫って来て、一瞬一瞬、共感してしまうのでした。
中国映画には、いい映画がたくさんあるんだなー(地味で堅いのばかりかと思ってました)とか
香港や台湾には、こんなかっこいい映画があったのか....とショックだったのを覚えています。
なにより、沢山観ることで、本では伝わらない、
時代や生活の中の空気みたいなものに触れることができたのがよかったです....
そのきっかけとなった映画でした。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-17 13:59
>tomomiさま
.....しまった......気付かず、「熱かった」んですね?私。
自分ではひんやりとお話ししているつもりでも、いつの間にか熱く語ってしまうんですよね。
もしお時間があったら。是非いらしてみてください。
全部(RMJ自体も)ボランティアなんですよん♪凄いことです。
私も何か協力できないかな...
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-17 14:04
> tomotubbyさま
会場内の詳しい様子は、私にもまだわからないんですが
最新の詳細なニュースは覇王別姫藝術展ブログからわかるので
お時間が合うようでしたら是非。
ジョン・ローンか.....万が一・もしかしたらの場合、覇王別姫の主演はレスリーではなく
ジョンローンだったかもしれないんですよね。う〜む。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-17 14:08
>ビンゴ再びさま
えっ!?何ですそれ、知らなかったよ〜〜。
今でもなんだかんだ言ってレスリー貧乏な私。
少年隊東主演の「さらば、我が愛覇王別姫」の舞台のチケットまで支払う余裕があるのかどうか....。
そのぅ...なんていうか.....今後の様子を温かく見守っていこうと思います。
Commented by tomomi at 2007-10-17 16:20 x
>気付かず、「熱かった」んですね?私。
わっ!!楽しかったんですよ、熱いハナシ。

ところで、ヒガシのハナシ、今朝のワイドショーで「女形」って言葉だけ耳で聞いてましたが、それってそういうことだったんですかーーー。
これも興味あるようなないような、、、、(どっちやねん)
Commented by ayam7281 at 2007-10-17 22:47
私も熱くかたってくださったあのお話印象的でした!!
東の女形どうなるんでしょうか?気になります。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-18 00:58
>tomomi さま
熱い話...楽しいなんて言われると、次回止まらなくなって迷惑をおかけすること請け合いで....心配です。
東の蝶衣....多分姿はきれいに決まるとおもいます。
京劇シーンとかはどうするのでしょう....そんなに、力を入れないのかな...?
アメリカ人の俳優が、そう簡単には本当のカンフーアクションができないように
相当訓練しても、京劇シーンは表面的なポーズくらいしかできないだろうから....
だから却ってどんな構成になるのか、楽しみではあります。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-18 01:01
>ayam7281さま
むかし、東が源氏物語の光源氏役をやったことがある気がするのですが...
実は、源氏物語のイラストの仕事をしているとき、しきりにこの役はレスリーにぴったりだと思ったものでした。
ただ....日本語はネイティブじゃないものね。
.....というわけで、その反対バージョンだなぁなんて訳のわからないことを考えました。
<< <四角豆のその後> 帰って来た「メンパ」。 >>