大森からの「おくりもの」....2

昨日のつづきです。

f0063645_8403731.jpg






ーーー私からHさんへのメールーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日は、朝から異次元の世界へ連れて行ってくれて
(強制連行か?)ありがとう。
丁寧に梱包された箱から漂う、不安な芳香に
また妙な友人を増やしちゃったな......と肩を落としました。
ガックリしながら歓迎し、うろたえながら大喜びするって
なかなかないことです。
(中略)
妙に丁寧な梱包をあけると親切な手紙が果たし状のよう
(または「WARNING!」のようでもあり)
その下には「取り説」つき「食品」が正体を現すし
さらに奥にはいきなり昭和の商店街が広がっているし....
オート三輪も出てくるかと思いました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
f0063645_9265488.jpg

ーーーHさんから私へのメールの抜粋ーーーーーーーーーーーーーー
今度ぜひ大森に遊びにいらして、現場を見学されることをオススメ
いたします。食品売り場のみならず、フロアー全体がカオスです。
全体のトーンはぬる〜い昭和です。
(中略)
しかし、「バレンタインデーに彼氏のために手作りチョコつくった
けど失敗しちゃった」な外見のあれは、今までみた事がありません
でした。最初みたときは目を疑いました。
値段がついてなかったんで恐る恐る聞いたら驚きのあまり倒れそう
になり、次の瞬間カゴに入れていました。
シカクマメはデフォです。ほとんどいつでも売ってます。

サンヨーの果物缶は10種類ほどが揃っており、どれを買うか本当に
迷いました。が、一部プルトップ缶だったのでそれは避けました。
惜しむらくは、私の中でベスト・オブ・サンヨーのリンゴ缶が売り
切れだったことです。フルーツサラダ缶とどっちにするか最後まで
迷ったのですが、あの私たちが子供の頃の王道アイテム、ミカン・
モモ・サクランボのトリオが揃う缶はサンヨーにしか作れないと思
い、あえて選んだ次第です。
同じくサンヨーのカキ燻製は、マジでレアアイテムだと思います。
紙箱が高級感を演出していると思います。

オリエンタルマースカレーはヴィレッジバンガードにも売られてお
りましたが、そんな狙った演出ではなく、当たり前に、レギュラー
商品として売られているこの百貨店の底力を知っていただきたく思
い、入れました。そのままのレシピでつくるとえらく不味いという
悲しい特徴がありますので、いかようにでも加工してください。

黄金糖も純露とどちらにするか迷いました。
しかし黄金糖の場合、持て余したら料理の甘味付けにも使えるとい
う利点があるので、こちらを選択いたしました。

サバ缶はこの百貨店のコンセプトを代表するひと品だったと思いま
す。安売りで山積みされてました。銚子産ですから期待が持てます。
海の魚が少ない上海で重宝したサバ缶、ホールトマトと煮込んで、
ココナッツミルクで炊いた飯にぶっかけ食うと意外な美味さです。

メリーミルクもかなりなレアアイテムだと思います。
雪印の赤い缶はあちこちのスーパーでも見かけますが・・・。
イチゴに使うには大量すぎるので、缶ごと湯煎にしてキャラメルに
でもして、お子様たちを喜ばせてあげてください。
ちなみに缶入りの「富士生クリーム」も当然売ってます。

カメセの青のりは、化石のようなアイテムですよね。
私はあれじゃなきゃ青のりと認めたくありません。
梱包の都合から小瓶を買ってしまったのがちょっと残念です。
(中略)
が、今回改めてフロアーを回って感じたのは、ほんの半年前と比べ
ると明らかに仰天アイテムが減っているということです。
缶入りの八丁みそもなくなってしまったし、キンケイカレーもなく
なってしまいました・・・。
オシェトラのキャビアなんかいらないのに!
 (またまた中略)
と、そんな大森の奇跡の百貨店の雰囲気を少しでも感じ取っていた
だけたのであれば幸せです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今度、くだんの『大森の百貨店』に行ってみようと、心に誓いました。
Hさん、本当にありがとう。


なお、ここを、頂いた物など紹介する自慢ブログにしてしまうのはどうなのか...と、
これをアップするのを迷いましたが、これは私にとって多少の事件性がある
ことがらだったので、あえてご紹介いたしました。ぺこり。

[PR]
by kadoorie-ave | 2007-10-08 09:27 | イラスト付き | Comments(22)
Commented by na_geanna at 2007-10-08 11:37
なるほど・・・これほど、オリエンタルな贈り物は初めてみました!
(カレーもオリエンタルですが・笑)
Hさんの粋な演出に拍手ですねぇ~
Commented by nihaoperio at 2007-10-08 12:12
な・なんて懐かしい~!思わず涙が出そうになっちゃいました。(嘘)
子供時代~思春期時代、こんな食品に囲まれてましたよ。
ああ・・・メリーミルク!
ちなみに、青海苔ビンは只今使っております♪
Commented by Hさん at 2007-10-08 12:48 x
いや最近何かとお世話になっているのでついカッとしてやってしまいました。後悔はしていません。
どんなブツを入れたのか、一部すでに記憶があいまいでしたが、こうして並べてみると壮観ですね。

シカクマメ、咸肉と炒めるのが私的にはベストです。
中国語では「龍豆」って呼んでますよね。日本語でシカクマメって呼ぶということは、この百貨店ではじめて知りました。
一番処理に困るのが、異臭の元となったアレであると思います(汗)。
(処理に困るものを平然と送り付ける私って一体…でもどうしても見て欲しかったんだよぉ)

大森の百貨店には、食品フロアーのみならず他のフロアーにもへんてこアイテムがてんこ盛りゆえ、ぜひ参観にいらっしゃることをオススメいたします。地味な土地柄ゆえ路上観察の世界でもスポットの当たることがきわめて少ないですが、実は山の手と下町が共存する、かなり面白い街なのです。
こんな土地に生まれ育ったことを、わたくし誇りに思っております。
Commented by GG-1 at 2007-10-08 14:48
むぅ~
時代が判らなくなりそうな・・・

サンヨーのオイルサーディンの緑の缶詰が好きなのですが
近所では売っていないが
大森に行けばあるのかな~
Commented by tei0930 at 2007-10-08 15:01 x
光子さま
先日は大変お世話になりました。
この場をお借りして御礼申し上げます。
ほとんど全身真っ黒だったteiです。
初カキコです。

私も大森の百貨店行きたいです~、と書いてみて
この、ほんのり怪しい百貨店にはどうも心当たりが。。。(笑
私がOL時代、担当の営業が取引していたところかもです。
百貨店であって百貨店ではないお店ではないですか?
Commented by nimunimu at 2007-10-08 20:17 x
開けてびっくり玉手箱ですね!
中国産トリュフは‘匂う’?それとも・・・‘臭う’?
その後どう処理、いや・・・どうお料理されたのでしょうか?
後日レポートを楽しみにしております!?

黄金塘、神戸近郊では春先になると、どのスーパーでも山積みに
なる一品です。‘いかなごのくぎ煮’を炊くときに使うんです。
って、わたしはよそ様の炊いたモノをいただくばかりでしたが・・・。へへ。
Commented by Bayaderka at 2007-10-08 21:41 x
いやいやいやこれは事件性があります。
ご紹介してくれてありがとう!
メリーさんミルク懐かしいなあ。私も大森の百貨店に行きたくなりました!

しかし!これらのブツは大森の百貨店以外のドコにいるのでしょうか。
黄金糖は神戸にあるようですが、オリエンタルマースカレーは一度も見たことないです。
Commented by さんすけ at 2007-10-09 02:35 x
素朴な疑問なんですが、、、
生もの(トリュフ、四角豆)以外の物達って賞味期限とか心配になります。
現役の商品なんでしょか?
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-09 07:14
>na_geannaさま
大森界隈は、一度、さわりだけ案内していただいたのですが
なにか特別な「スポット」でございましたよ。
23区内にありながら、そこだけ大切に昭和の暮らしの息づかいが保存されているというか.....。
とてもオリエンタルな町でした。はやく、もっと深く探索しなくっちゃと思います。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-09 07:20
> nihaoperioさま
でしょう、でしょう?
私も、この食品を並べたいつものテーブルが
「もしやデコラ張りの大理石模様のテーブル(脚は細くて黒い
鉄のパイプ)なんでは?」と思えたほどです。
メリーミルク!!そういえば、いつの間にかスーパーで見かけないけど
無くなっちゃったんじゃないんですねえ。「あの人は今!?」的アイテムですね。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-09 07:36
>Hさま
あなたのその「カッとしやすい」性格は素晴らしいです。
袋の中を覗く自分が、タイムトンネルの入り口を覗き込む自分に思えました。
が。Hさんは今実際にここで暮らしているんですよね。い〜〜なぁ〜〜。
甘味処の福田屋も検索いたしましたが、何がどうなっているのかわからないほどの
懐かしい価格設定に仰天いたしました。
某百貨店も、調べましたが、住民に愛されている素晴らしい(すさまじい)
本当の意味での『百貨』店なのですね。
世の中のデパートメントが、大型セレクトショップ化する中
庶民の暮らしの味方だな...と思うけど、はやくそのミラクルワールドを
この目で確認しなくっちゃ。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-09 07:55
> GG-1さま
あるかもしれませんねー、あそこなら。
なくても、それに代わる何かがあるに違いありません。
食品以外にも、LO○Tや東急○ンズが要らないほど、なんでも揃っているというから
私も一度行ってみないわけにはいきません。
「大森ダイシン百貨店」で検索してみてください。
あと、「甘味処 福田屋」も是非調べてみて下さい。
(http://officeyass.exblog.jp/881905)とか、
(http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/15513.html)とか。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-09 08:07
>tei0930さま
teiさん、ようこそ〜〜!!
先日は、こちらこそお世話になりました。楽しかったですねえ。
百貨店であって百貨店ではない....つまり、日本百貨店協会には非加盟の
でも、こっちが本当の「百貨」店じゃありませんか!?な百貨店のことでしょうか。
....ってことは、teiさんはOL時代に、それとなく大森界隈の人の暮らしを支えておいでだったというわけね♪

いってみたいな、大森ダイシン百貨店♪♪♪
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-09 08:14
>nimunimuさま
中国産トリュフは、梱包を開ける前は「臭う」ものでした。
だって、開けて何が出てくるかわからないんですもん。
出してみたらそのままキツい臭いが迫ってきて、臭豆腐かもしれないし....。

しかしながら、姿を見たらそれは「匂い」に変わりました!ランランラン♪
手書きの「取説」つきでしたし、とりあえず香りの逃げないうちに冷凍。
でも、内約二個は、すぐさまスライスされて、オムレツに変身。
もう私のお腹の中です。(あ、写真撮るの忘れてた。)

黄金塘、神戸近郊ではそんなにポピュラーなものなのですか。
私は、知っているし懐かしいのですが「山積み」されたのは見たことがありません。
いつの間にかあまり見かけなくなっていたのですが、神戸とダイシンにはあるんですね♪
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-09 08:33
>Bayaderkaさま
この度の事件は、「や、やられたぁ〜〜でもうれしい....」という類いの事件でした。
>>しかし!これらのブツは大森の百貨店以外のドコにいるのでしょうか。
まったくです。今はもうそんなものはないと思っていたのに
実は健在...というアイテム。いろいろあるのですね〜。
単品なら、スーパーによって見かけますが、こんなものがずらりと常備されているとはステキ過ぎます。
プルトップでない缶詰は、骨のある子どもを育てそうな気がします。
昔、頑張って開けたな....小さい子どもには、技術が必要でした。私に骨はないけれど。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-09 08:36
>さんすけさま
さんすけさん!大丈夫ですよ。
あれは化石ではありません。生きた缶詰でした。
賞味期限も2009年までとか、2010年まであります!
今すぐ食すのでも、非常時においしい思いをするために備蓄しておくのでもよろしいかと。
Commented by Hさん at 2007-10-09 10:01 x
何かこのハンドルネーム、まるで私が「黄色大姐」だってゆってるみたい(汗)。

福田屋も生きた化石だと思いますが、百貨店との位置関係があまりよろしくなく、アクセスはとっても不便なんです。うちはちょうど両者の中間地点くらいに位置しているんで、どっちも自転車で10分ほどなんですが。最近福田屋づいていて、隔週1回くらい行ってます。おとといは2人でクリームあんみつ、ソーダ水、ラムネ、いそべ焼き、ところ天、今川焼き×2を食して980円ですた。いずれにせよ、参観の折はご一報ください。

GG-1さま
はじめまして。サンヨーのオイルサーディンですか…。
とーぜんっ!ありますです。カキの燻製のおとなりにしっかと。
缶詰め売り場の上のほうの棚を見ていただければ、緑の缶がすぐに目に入ります。ぜひ買いだめを!
Commented by tomomi at 2007-10-09 14:19 x
先日は、ありがとうございました。最後電車までご一緒でしたtomomiです。
ダイシンって、昔行ったことあります。結構近いんですよね、、、
光子さん、こういうイラストお描きになるんですね、ステキ、、、、あったかいです、、、

また、香港を熱く語りましょう。
楽しみにしてますー。


Commented by kadoorie-ave at 2007-10-09 23:16
>Hさん、さま
そうなんですか。では、「ダイシン百貨店で遭難ツアー」と
「福田屋で食い倒れツアー」の二回の企画に分けたほうが無難でしょうね。
ダイシンの食堂見学というのもアリですね?
お財布が軽くても、充分楽しめますね。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-09 23:20
>tomomi さま
ダイシン、ご存知でしたか。あのあたりは、ぽっかりと懐かしいものが残っていておもしろいですね。

先日の中華街に、香港のイラストばかり描いた「香港イラストブック」という手作り冊子を
持参しようとして忘れて行きました.....。

次回企画でお会いするのを楽しみにしています。
それまでは、ではブログにて。
Commented by yass2005 at 2007-10-10 12:28
当ブログへのコメントをありがとうございました。大森出身、現在は板橋区民、
福田屋をレビューしたOFFICEYASSでございます。
この間久々お墓参り(梅屋敷)で大森駅で仏花と供物を買ってから
行ったのですが、アトレの中もだいぶ充実しましたねえ。昔は駅の前が
タクシーロータリー付の上り坂だったんですが。。。
ダイシンはカドヤ不動産と並んで大森を代表する”ブランド”でしょうかねえ。
あと未だに残っているらしい駅横の地獄谷(正式名称;山王小路飲食店
街だったかな?)はダイシンツアーのついでに入れてもいいかもしれません。
飲むなら駅とダイシンのちょうど中間辺りにある焼き鳥の葡萄屋かなあ。。。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-10 23:35
>yass2005さま
わざわざありがとうございます♪
ブログのお陰もあって、大森に育って今も暮らす、同い年の友人(↑Hさん)ができ
大森のおもしろさ(すごさ)を教えていただいています。(奥深いですねえ!)
yass2005さんの福田屋紹介、写真も多くて様子がよ〜くわかりました♪
とっても楽しく読ませていただきました。
>>飲むなら駅とダイシンのちょうど中間辺りにある焼き鳥の葡萄屋かなあ。。。
メモしておきます!!(笑)

私は、ハマッ子だったのに、横須賀線&東海道線の止まる駅利用、
大船には通ってたけど京浜東北線にはあまり乗っておらず
京浜急行は逗子の友だちの家に行くも、なかなか乗る機会がなく
大森界隈を詳しく知りませんでした。もっと早くから知っていたらよかったです!
<< <横浜中華街にて、こももさんを... 大森からの「おくりもの」.... >>