ioraシークレット・ライブと中華菓子<奶王糯米糍>など

先週末、某所にてioraさんのシークレットライブ有り。

f0063645_1253998.jpg食べる物は適当に持ち寄ることになっていまして、私の座るロフトの席には、ブ
ログ繋がりで存じ上げている方々が固まって座るということでした。
ブログそのものにも憧れていますが、ご本人たちがさらに*素敵*...っていう方
ばっかりなんです.....揃いも揃って。(素晴らしい環境にヘラヘラするワタク
シ。)そして年齢的には私よりやや‘先輩’な方が多いので、何を作っていったらい
いんだか。だって普段から、おいしいものなら色々召し上がっていそうだし、中
にはお料理上手なかたも。よわったなぁ、こまったなぁ。

f0063645_24308.jpgああもうどうしよう〜思いつかない...。中華系の料理がそこはかと
なく期待されている気がするのですが、中華は作りたて、アッツアツが肝心なも
のが多いですよね....。
で、結局以下のようなメニューに。

●酔鶏(チョイガイ....「酔っ払い鶏」)
●椎茸のエビ餡詰め オイスターソース蒸し
●奶王糯米糍:ココナッツ風味、カスタード餡入り蒸し団子
●月餅(雙王蓮蓉月餅:広東式塩卵入り蓮の実餡月餅)
   (なつめと木の実餡の北京風?月餅)


f0063645_204153.jpgこれが『奶王糯米糍』。

皮はモチモチ、プニプニしています。
周りにココナッツファインをま
ぶしてある。
トップには、本来ならマラスキ
ーノチェリー(赤いヤツ)の
カケラを乗せるのですが、なか
ったので自家製桂花醤(金木犀
の花のシロップ漬け)で代用。

f0063645_20585.jpg中の様子。

いかにも香港らしい『カスタード餡』は懐か
しい甘さでホッとします。

作るのに夢中になり過ぎて、開演に遅刻するという本末転倒ぶりが恥ずかしい....でも、気分のいい
愉し〜い夜でした〜。

他のものの画像は、撮る暇がなかったので、既にもう皆のお腹の中。
ですが、オマケ画像を。↓↓

f0063645_221449.jpg今年作った月餅色々。何種類か
のレシピを試しましたが、皮の
模様がくっきりするもの・しな
いもの、包みやすいものなど、
わかりました。来年はさらなる
精進が期待される...かな?

f0063645_223475.jpg小さい型で作った塩卵入り月餅
を割ってみました。
わりときれいなお月さまがのぞ
いています。

iora→HPはこちら。
2007年11月7日 UNVERSAL Jよりメジャーデビュー!
10月5日(金)渋谷O-EAST イベント出演決定です♪

[PR]
by kadoorie-ave | 2007-09-24 02:46 | おいしいもの | Comments(27)
Commented by yurimtmt310yyy at 2007-09-24 05:55
先日の月餅といい、費奶王糯米糍といい……めちゃめちゃおいしそう。&本格的!素晴らしい。私もいつか味わってみたーい!
自家製桂花醤なるものを作っているなんてこれまたすごい。
食べ物話は大好きだから(実は私花より団子派なんです。)にこにこ拝見していました。
Commented by fuRuりん at 2007-09-24 09:04 x
美味しかったですう〜
やっぱりすごいなあ、
多謝です。
Commented by nimunimu at 2007-09-24 10:06 x
これまた美味しそうぉ~♪
丸ごとポンっとお口の中に放り込んで、中からむにぃ~~と
餡が出てくる感じがだぁ~いすき♪
画像を拝見して想像しているだけで、よだれが・・・。。。
Commented by いのうえ at 2007-09-24 11:58 x
土曜日はおつかれさまでした~  持ってきていただいた数々のお料理は本当においしく、 あの場にぴったりでした。 ママさんも、 裏方のU君とともに つくっていただいた手料理を存分に楽しまれたようですよ! 感謝!
Commented by na_geanna at 2007-09-24 14:03
いいなぁ・・・みつこさんの手作り中華スィーツが食べれて(涙
このときに作った「酔っ払い鶏」ですが・・・
酉年の小生のことでしょうか(笑
Commented by 玉井一匡 at 2007-09-24 14:10 x
ごちそうさまでした。
ちょっと思いついちゃうと、みずからの情熱に抗しがたく、ついつい作ってしまうのでしょうね。しかも、思った通り見た通り、それがすごくうまい。
小野寺さんの料理づくりと生き方の、そういうところがすごくいいなあ。
ほかのふたつのメニューの写真も残しておきたくて、ぼくのブログに入れてあります。
Commented by asiacollection at 2007-09-24 18:22
もうびっくりです。
プロ顔負けの出来。
「奶王糯米糍」は形大きさ一様で美しく、
月餅は種種多様。
私は香港に住みながら、
小野寺さんのブログで
香港の文化を学んでいます。
Commented by 讃岐おばさん at 2007-09-24 23:14 x
この間、上海浦東国際空港で栗入りの月餅を買いました。
まだ食べてないんですけど、こちらのほうがず~っと美味しそう!
・・・私はどうやっても作れません。。。尊敬いたします。
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-25 01:32
> yurimtmt310yyyさま
塩卵も、桂花醤、そして中華菓子も「これって作れるんだろうか?でもどうやって?」という
軽い興味だけで作ったのです。
思ったよりも簡単にできるのです。
>>実は私花より団子派なんです
........だなんて、びっくり。では、桂花醤のことをご説明しましょ。
金木犀の季節に、ひたすらあの小さな花を、ザルに山盛り集めます。
汚いのや、開きすぎだと使いにくいので、きれいなのを捜すと結構大変です。
それを、瑞々しさや香りを失わないうちにシロップで煮るのです。いつまでも、いい香りを封じ込めることが出来ます。
中華デザートにかけたりします。
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-25 01:35
> fuRuりん さま
fuRuりん のお口にも合いましたか?それはよかった〜〜。
皆さんの表情を見るまで、心配で心配で。ホッとしました〜。
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-25 01:39
> nimunimuさま
『奶王糯米糍』のほうは、ちょびっと手がかかって面倒くさいのですが
あのむにむにした食感を思うと、つい頑張ってしまいます。
香港風のカスタードっていうのも、やっぱり、カスタードパウダーとか、エバミルクが入るところがね、
香港っぽいですよね。
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-25 01:43
>いのうえさま
こちらこそ、大変お世話になりました。
杏奴にはこんなにいい営業部長がいて心強い限りですよね♪
遅れて到着してしまい、雰囲気を乱しちゃったなぁと反省しています。
でも、持ち込んだお料理を皆さんがきれいに食べて下さって嬉しかったです!
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-25 01:49
>na_geannaさま
酔っぱらい鶏さん今晩は♪
『酔っぱらい鶏』は、いつ作っても人気者ですよ。
鶏の扱いは、鶏の骨付きも肉(骨は後で抜く)を『鶏ハム』と同じ要領で火を通し
それを紹興酒たっぷりを加えた鶏のスープに漬けるのです!
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-25 02:01
>玉井一匡さま
>>ちょっと思いついちゃうと、みずからの情熱に抗しがたく、ついつい......
(バレてますね....)その通りでございまして、そんな性格のせいで失敗も多いです。
それとは関係ありませんが、私『うっかり器物損壊』も多く、なんとな〜く玉井さんに親近感を覚えました...。
(玉井さんはお皿をひっくり返しただけで、私はコップを割ってしまったので一緒にしてはいけませんが。)
写真を撮りそびれた、おかずの画像、ありがとうございます♪うれしいです!
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-25 02:05
>asiacollectionさま
香港の味を、できれば日本に居ても再現したくて
香港や中国の料理本だけは、たぁくさん持っているんです。
香港、台灣、メインランドから来た友だちは
「そういう食べものは安くていくらでも地元にあるから、普通作らないよ」と言います。
ただ、それが日本にないので困ってしまうみたいです。(つくるしか!)
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-25 02:27
>讃岐おばさんさま
栗入り月餅もいいですねえ。餡は何でしたでしょう?
私は一度でいいから、中国の友人のように「月餅は何箱ももらい過ぎて辟易している」って
言ってみたいんです。頂き物の月餅がいっぱいあれば、作りません!
Commented by YALIN note at 2007-09-26 00:20 x
お疲れ様です!どれも美味しそうで、ヨダレが・・・。笑
こんなにいっぱい美味しい料理を作ると、大変だったでしょう!
よく1人で頑張って、会場まで持って行けたのね。エライ~!

今日は綺麗な満月が見られましたょ。
この一緒に作った月餅を食べながら、
張國栄の「月亮代表我的心」に魅了されている今夜です。(^o^)丿
Commented by kouchie74 at 2007-09-26 11:03
すごい「中秋節」の雰囲気を感じます~
最近日本ではよく月餅を見かけるようになりました。
「中秋節」でもないのにね(笑)
実は私は月餅が甘過ぎで昔から苦手なんだ。殆ど食べないですね。
どちらというと中華菓子より中華点心(飲茶)のほうが食べたいなぁ~~
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-27 02:08
>YALIN noteさま
YALINさんに、メニューの相談に乗ってもらってよかったです〜。
そうだ、酔鶏があったな...とか、そうだ、椎茸のあの料理もいいな...とか
やっと決めることが出来ました。
ほんと、YALINさんのおかげですよ〜!

私も月を見上げて、月餅をいただきました。
張國榮の歌を、色々聴いて浸っています。
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-27 02:16
>kouchie74さま
横浜中華街でも、昔から一年中月餅を見かけるので
日本では、月餅が中秋節に関係があると知らない人が多いです。
私も、張國榮迷になってから月餅が中秋節のものだって知ったんですよ〜。
(ただし、中華街でも雙王(黄)蓮蓉月餅は中秋節にしか作っていないみたいだけど。)

中華菓子より中華点心...だなんて聞いたら、飲茶したくなっちゃったよ〜〜!!
Commented by ミワ at 2007-09-27 04:36 x
ご自分で月餅ですか?
すごすぎです・・・・
私も来年はチャレンジしてみます!

まずは月餅型のGETから・・・
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-28 00:10
>ミワさま
わぁ、ミワさんこんばんは!!
月餅は、「こんなの自分でも作れるのかな〜」とあこがれてました。
香港の上海街で木型を手に入れたときは、野望が半分達成できた気分。

材料さえ揃えば、案外ちゃんとできますよぅ〜♪
Commented by ai at 2007-09-29 18:15 x
始めまして!いつでもすてきなイラストと美味しそうな物が載っていて密かに拝見しておりました。月餅に奶王糯米糍などどれも馴染みの無いお菓子ですが、おつくりなったものがまるでプロのお菓子のようで感心しておりました。それに皆様のおいしかったコメントをみるにつけ羨ましい(^^;。で、金木犀のシロップ漬けというのはどのようにして作るのでしょう?花の落ちる頃でいいのでしょうか。中国菓子は作れそうにないけれど、このシロップ漬けだけならできそうです。
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-30 11:34
> ai さま
まぁっ、どなたかと思えば「CRAFT藍」のaiさんではありませんか♪書き込みありがとうございます。
金木犀のシロップ漬けは、上海方面のものだったように思います。
<作り方>
花が開き切ったら、枝を揺すったり手で摘んだりしてざるなどに集め、
ゴミを取り除きます。(枯れていない、そこそこきれいなのを集めるのが意外と大変でした)
流水でさっと洗います。
花100gとして、水100ccと氷砂糖30g、桂花陳酒30cc.
これを鍋に入れて沸騰させます。
沸いたら花を入れて花が揺れる程度の弱火でゆっくり煮詰めます。
徐々に花がキレイな黄金色に変わってきます。
煮汁が半量くらいになったら出来上がり.....(以上、文化出版局「香港のデザート」脇屋友詞・著より)
この本には、レンコンを3mm位にスライスしたものにレモン汁少々かけておき、さっと湯がく。
→グラニュー糖50g+はちみつ20g+水800ccを火にかけ、レンコンを20〜30分煮て、仕上げにレモン汁。
煮汁ごと盛りつけて、桂花醤を添え、かけて食べるというデザートが載っています。桂花醤は冷蔵庫で一年は軽く保ちます。
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-30 11:34
>aiさま
追加。金木犀の花は100gなくても大丈夫です。とれた花に応じて他の材料を加減すれば良いだけです。
(私は上回るくらい集めようとしたので、蚊に刺されるは、ご町内の金木犀を次々まわるはで大変でした。
欲が深過ぎたようで....。)
Commented by ai at 2007-09-30 18:10 x
作り方までありがとうございます!
今朝、金木犀の花をむしり、熱湯をかけてから蜂蜜につけておきましたがこれじゃダメですね~。植木鉢の金木犀ですし、とうてい100gは無理で、片手に一杯という感じでした。花を食す風流は何処の国にもあるのですね。
Commented by kadoorie-ave at 2007-10-02 00:10
>aiさま
>>金木犀の花をむしり、熱湯をかけてから蜂蜜につけておきましたが
......そこに桂花陳酒を僅かにたらし、少し煮れば大丈夫ではないでしょうか?ほんの一さじ、二さじ分だとしても。
昨年作った桂花醤、今年出してみたら、まだいい香りが漂いましたよ!
デザートのトッピングに少量のせるだけで、一度に沢山は使いませんし。
<< 中秋節のお茶会と、ル・コルビュ... もうすぐ中秋節!<YALINさ... >>