それではついでに....<" I love Leslie Cheung "BAG>

ちょっと間が空いてしまいました。
パタパタとお仕事に集中していました。
今回は、初めての仕事先ばかりで、少々肩に力が....。徒競走で「位置について、用意!」っていう
状態が、絵のイメージが決まるまで続くかんじです。
ところがいいイメージを掴むには、リラックスして自分を自由に解き放つのが大事(私には)。
そのためにぃ〜コーヒー飲んで、気に入ったCDかけて、大竹伸朗のエッセイを読みながらマティス
の画集を開き....って、随分と長い助走をするのが情けない。ため息をつきながら身をよじったり。
誰が見ても遊んでいるようにしか見えない.....。
(大掛かりなプロジェクト...のわけはもちろんなくて、いかにも私にぴったりの楽しい仕事でこの
有様です。)

でも、ノってきた時の高揚感と、仕事を出し終えたときの、空も飛べるんじゃないか、海も泳いで
渡れるんじゃにかと思うくらいの爽快感と開放感♪これはたまりません。イラストの仕事はやっぱ
りたのしいなぁ。
   *        *        *        *        *
さて。レスリー・チャン関連の内容が続いてしまったので、ついでにこんなしょうもないもの
もご紹介します。
誰の為にもならない、162%自己満足用グッズ。
じゃ〜ん!
" I love Leslie Cheung "BAG〜♪


f0063645_033118.jpg
型紙作って、布を裁断して
作ったのですっ。
何年も前。

●長時間の街歩きに耐えるため、ま
ずは軽くなくてはいけない。

●ガイドブックや地図なんかも入っ
て、しかも取り出しやすくなくては
困る。

●しかも一眼レフとレンズなんかも
入れる。だから、底はしっかり芯の
入ってるヤツ。

●だのに、お洒落なレストランに
入ったとき、「太ったショッピング
バッグ...を抱えたおばさん」
(実際はそうなんだけど)には見え
ない....というか、洒落たレストラ
ンにもかろうじて入れるカバン。


●目立たないけど、少しは目立つ?レスリー・チャンを宣伝できるもの....
とはいえ、「大人」が持ってもおかしくない.....

●ついでに、端から端までファスナーでしっかり閉められる(スリ対策)。切符などのために外ポ
ケット付き。

●私の身長(152cm)でもバランスのいいカバン。

そんなカバンが欲しかった...。だから、自分で作るしかなかったのでした。

表の生地は、ざっくりとしたインドシルク。両面接着芯で、焦げ茶のキャンバス地を裏に貼り合わ
せました。
とっても重宝!!でも、ヘビーに使っていたので、シルクがあっちこっち擦れてボロボロになって
しまいました。久しぶりにここ2〜3日使ってみましたが、やっぱり使いやすい!

じゃあ、また作ればいいじゃないかって??

一度作って、大変さが身にしみたので....なかなか。。。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-09-21 00:04 | イラストの仕事 | Comments(18)
Commented by *やん: at 2007-09-21 01:04 x
クリスマスに送られたお手紙の中に、貼られていたこのバッグの
写真が、実は気になっていました。

そうだったんですね*^c^*
こんなにすごい手作りをされるなんて感動です!!
一生懸命作られている姿を、彼に見てもらいたかった!!!!!!!
でも、今はお空から見て下さっているはずです☆

シルクだなんて、相当オシャレですね。

ここまで一生懸命になってくれるファンを持って、張國榮さんは
最高に幸せな方です。

そしてやっぱり光子さんは可愛い〜〜〜♪
Commented by YALIN note at 2007-09-21 10:59 x
昨日、ありがとうございました。
近いうちにアップしますね。
月餅の写真が必要であれば、送りします。

このパックを見せてもらった時、とても感動しました。(^o^)丿
もし、新しいバックを作るなら、ぜひ誘ってね!(^_^;)
一緒に作りましょう!
Commented by na_geanna at 2007-09-21 11:23
しかし・・・・ここまで「レスリー チャン」氏が好きとは・・・驚きです!
しかも、自作されるんだからびっくりですよ~
生地にも形にもこだわってるところが、みつこさんらしいです!
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2007-09-21 16:12
やっぱりエンジン暖める時間というか、きりきりきりとゆっくり弓を引いて
気持ち落ち着かせたり高めたりする時間って大切ですよ!
その分、びよよょょょ~ん!って、放たれたらすごい勢いで
飛んで行っちゃうんでしょうね!
間違ってぜんぜん違うニューバッグ作りの方へ飛んで行かないようにして下さいね^^;
Commented by gogo-komomo at 2007-09-21 20:34
す…すごーい!!皮でパイピングもしてあるんですね。「I love~」の
ビーズももちろんひとつひとつ縫いつけたんですよね。うわー。詰まって
いるのは「愛」以外のなにものでもないですね。すばらしい!!!こんな
大人っぽいファングッズが世の中にあればいいのになぁ~。
先日、厚かましくもメールさせていただいたのですが届いていますでしょうか?

Commented by kadoorie-ave at 2007-09-22 07:20
>*やん*さま
すごく情熱はあるのに、 レスリー情報はあまり詳しくなくて
当時レスリーの行った店...とか、居る場所...など、みんな知っていてかけつけているのに
「何それなんのこと〜?」なんていう寝ぼけっぷりでした。
それでも、コンサートやイベント時はなぜかいい席になったり、素敵なラッキーがたくさんありました。

楽しかったなぁ。

香港の新聞は口性ないので、つまらないことや根も葉もないことを書き立てたり
来港したファンの写真を新聞に載せたりすることがあるので
「変なおばさんファン」としてレスリーの足を引っ張るようなことがあったら大変!と
気を遣ってました。(そのくらいしか、してあげられることがなかったから....)
10キロ減量もした.....。踊ったときあまり格好わるいといけないかと思って。
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-22 07:28
>YALIN noteさま
こちらこそ、おかげで楽しい月餅作りの時間でした。
水餃子もそうだけど、作業台を囲んでお喋りしながら作ると
愉快にはかどりますね〜。
YALINさんにお茶を入れてもらったのも、美味しくてしあわせでした。
バッグのほうは、これで意外に短時間で作れたんです。
もちろんフルスロットルちゃん降臨!って状態で、ロケット噴射で作ったんだわ。
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-22 07:33
> na_geannaさま
ねー、呆れてものも言えないでしょう??
生まれてから一度だって、ゲーノー人のファンになったことはありませんでしたが
(せいぜい、いいねえ、応援してるわぁー....くらいで)
彼の容貌、雰囲気、演技、その他表現の全て、普段の行いや言動に至るまで
何でもかんでもが共感できて好きなんです。今もね。
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-22 07:41
> pyontaro-piyopiyoさま
お、前半のお仕事のところに反応してくださってありがとー♪
私はエンジン暖める時間が長く、自分に自分で「だいじょうぶ、本来の自分の趣味を
自信もってだせばいいんだよ」とか
「出来るだけ趣味に走ったくらいで丁度いいんだからね」
「さあ、どんな気分に浸ればピッタリの雰囲気の絵が描けるだろう...」なんて
自分を励まし続けないと立ち上がってペンを持つことができないんです.....
簡単に言うと、自信はあるけど自信はないっていうか。
実際描く時間は、油を差した機関車みたいな気分です。うまくいけばロケット?
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-22 07:50
> gogo-komomoさま
えへへ、そうなんです。なんにせよ、グッズ作りは燃えますね〜。
ビーズもスパンコールもみんな一つ一つ縫い付けたんです。
でも集中してるから思ったより早く出来てます。
香港で、華通陶瓷の店員さんにほめられたのと
銀座でジャマン・ピエッシュっていうアクセサリーとかバッグのお店の人に褒められたのが....自慢でエッヘン!(なんちゃって)
Commented by *やん* at 2007-09-22 17:53 x
彼の為に10kgの減量、、、  感動しました!!
実は私にも同じような経験があります*^c^*
またこんな思い出話をゆっくり語り合いましょう^c^/
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-22 23:35
>*やん*さま
10キロ減らしてこの現状はどうよ!っていうのは,言わないことにして.....。
やんさん、実はある映画のメイキングビデオに入っていた
ファンのパーティーの映像に(映らないようにしていたつもりだったのに)出ていた自分が...
レスリーの後ろに暴れるドラえもんがいる!!ってショックだったものですから。
Commented at 2007-09-23 01:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by *やん* at 2007-09-23 01:59 x
私も去年の11月の費玉清のシンガポールでの船上コンサートの
ために、5kg減量しましたが、同じく「この現状はどうよ!」でござい
ます^c^;
その映像が見たいです!!
とっても可愛いドラえもんが見たい♪
Commented by YUYA   at 2007-09-23 20:59 x
私も欲しい~ と思わず見とれたバッグだけでなく、10キロの減量!
ファンの心意気ですね。大好きな人を思って、自分の方をアップデートするって、なんというか・・・レスリ的な気がします(^^)
でもホント、レスリーって「ちゃんと生きなきゃ」っていう気持ちをココロの中にそーっと灯してくれる人だなあ・・と感じますね。
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-24 03:46
>鍵コメさま
わぁ、ありがとうございます。
そうっ....と訪れてみますねぇ。
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-24 03:52
>*やん*さま
おお、素晴らしい。私、今ではまた10キロ捨てたいお荷物があるのです。
でも、よほど強い想いがないとちゃんと実行できない!
あの時はねぇ、ダンベルに燃えました!(鉄アレイ...じゃないです)

あの映像は、自分で見てぶっ飛んで、家具の後ろに隠してしまった(何のため?)くらいショックでした。
あのドラえもんは可愛くも何ともなく、「変態のクsoバ○ア...」が映ってると思ってしまいました。(号泣)
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-24 04:02
>YUYAさま
一つには、「PASSION TOUR」のノリやセンスにできるだけシンクロしたかったんです。
そのためには少し減量しないと自分としては気分が合わない気がして....
(彼の衣装のブレスレットのイメージに合わせて、蛍光棒ならぬ蛍光ブレスレットを片手だけで10本ばかりつけてみたり。)
PASSION TOURというだけのことはあって、こちらもPASSHIONの沸くツアーで、ダイエットには最高でした...。
<< もうすぐ中秋節!<YALINさ... Leslie Cheung張國... >>