朝日新聞社『広告月報』2007年9月号<That's NEW /ザ・ペニンシュラ東京>

20007年10月号の「広告月報」の担当ページ「That's NEW No.182」ではオープンしたばかりの
話題のホテル、ザ・ペニンシュラ東京に行ってまいりました。
(もちろん取材時はオープン前の準備期間中。)
もちろん、あの、香港の由緒正しいホテル「THE PENINSULA Hong Kong」が東京に進出したもの
です。

お話を伺えば伺うほど、そのエレガントな居心地の良さにウットリしてしまいました。
ああ、泊まりたいのんびり過ごしたい。何かおいしいものを食べに行きたい♪

f0063645_23464625.jpg

f0063645_23475257.jpg

そうそう、余談ですがこのペニンシュラグループのオーナーはKdoorie(カドゥーリー)家というユ
ダヤ系イギリス人の財閥です。実は私のハンドル・ネームは香港の九龍側にある某住所(通りの名
:Kadoorie Avenue /嘉道理道)からとったものですが、それがこのKadoorie家の名前だと知った
のは、にむらじゅんこさんに指摘されてからでした。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-09-03 23:44 | イラストの仕事 | Comments(9)
Commented by na_geanna at 2007-09-04 04:08
これまた、豪華なホテルの取材に行かれたんですね~
料金を見ましたら・・・とても泊まれません(笑
せめて、一生に一回の贅沢で泊まってみたいもんですね!

さて、みつこさんのHNはこのペニンシュラのオーナーと
香港の地名と一緒だったとは・・・・うーん含蓄があるHNですね。
ちなみに、小生のHNも仏語で「渡り鳥」と言う意味です・・・
って言ってみました(笑
Commented by greenagain at 2007-09-04 04:39
宿泊料金が、おお~!
しかし、都心だから探検しやすそう(目がキラーン♪)
車とビルの絵、お上手!
車に四苦八苦しているので、今回、光子さんの血が通ったようなロールスロイスに釘付けになりました。生きてるみたいです!
ホテル内の雰囲気も伝わってまいりました。
「Kadoorie」の、特に「oorie」部分のビジュアルが好きです。
Commented by nimunimu at 2007-09-05 01:22 x
香港へ行くたびにペニンシュラ・ホテルにはお世話になっております♪
もちろん泊まるのではなく、そしてアフタヌーン・ティーでもなく・・・
ちょっと化粧室を借りに・・・・へへ。だってもぉ~のすごくきれいなんですもんっ!
一度くらい泊まってみたいものです。。。
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-05 01:25
>na_geannaさま
そうなんです。なにせ、"That's NEW"はおニューで話題のものを取り扱うので
私一人では決して入れないオープン前の場所や、発売前のものに接することができるのでございます。

「なんだか締め切りに追われて疲れちゃったわ、いつもの部屋、空いてるかしら?」とか
「今日はのんびりペニンシュラで何もしない一日を...」な〜んて言ってる自分を....
むなしく妄想する私でした。
>>ちなみに、小生のHNも仏語で「渡り鳥」と言う意味です・・・
→は〜い、もちろん存じておりますよう♪
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-05 01:35
> greenagainさま
もう、最高の立地なんですよ〜♪一等地とはこのことだぁ!
そのうえ、もちろん風水も考えてあるって....小耳に挟みました。
車とか、メカは....仕事の依頼が来ると内心弱っちゃたな...って思います。
どー考えても得意そうじゃないでしょ〜?でも、私に依頼する以上メカを精緻でリアルに...を期待してるわけないので
「私が描くのは、これ(取材対象のもの、場所)を使う人の『気分』であって、
メカをリアルに...じゃないですよ」と念のためお断りしています。(気分がちゃんと伝わってるといいんですが...)
角 織恵じゃなくカドゥーリー・アヴェニューより♪
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-05 01:42
>nimunimu さま
ややや、にむにむさん先日はお会いできて嬉しかったです〜〜!!ありがとうございました。
(いただいた例の雑誌、何度も何度も眺めてはビニール袋に入れ、また出しては眺めしています。へへ〜〜)
ペニンシュラ、上のほうにあるFERIXでしたら遊びに行ったことが...。
all or nothingタイプの私は、「ペニンシュラに泊まりたい!でも、泊まれないんなら
(払えないから泊まれないんですが)もー安くてどーでもいいところでいいやとか思っちゃいます。
ところで、パークハイアット東京のトイレも素晴らしいです。もうね、住みたいくらい。(情けない...。)
Commented by kago-fp at 2007-09-08 00:31
こういうところに取材ででも行かれるなんて、なんともお贅沢~。
思わず、うっとりしてしまいますねぇ。とても行けないけれど、
がんばっているごほうびに行けたらいいなあと夢想できたのは、
これは光子さんの描かれる世界のあたたかさですね。
イラストが伝えるホテルの魅力には、写真には出せない光子さんの
世界観があるからですよねぇ。
Commented by kadoorie-ave at 2007-09-08 02:25
> kago-fpさま
皆さんが見るより前に、取材できるのはワクワクする事です〜。
ただ、オープン前って多くの部分がまだ内外装工事中だし、肝心のスタッフやお客さまの姿はないので
大仏に目玉が入っていない状態といいますか...オープン後も見に行かなくっちゃ本当の様子はわかりません。

That's NEW記事は、読者はもちろん、取材をさせてくださった企業の方にも
満足していただけるかどうか毎回気になります。
Commented by asiacollection at 2007-09-14 17:48
香港のペニンシュラホテルの中華レストランでは、ヘリコプターで香港観光一周つきのパッケージディナーがあるとのことです。ペニンシュラの屋上から飛んで、帰ってきて夕食というプランのようです。いかがですか。来年?
<< <ザ・ペニンシュラ東京/個人的... New Tシャツ試作中。 >>