ミニミニ個展<大きいシノワさん、育つ。>

今日は先日の「大きいシノワさん」を縫い合わせ、綿を入れ...「骨のある子」に育て上げました。少しふっ
くらもしました。
着るものがなくて寒そうだったので、勢いでベビードールのような...ムームーのような?...ふんわりしたミ
ニのチャイナドレスも作りました。作っているうちに、服を縫ってもらっているシノワさんがうらやましく
なり、自分のを縫う時間が欲しいと小さな溜め息。

f0063645_062458.jpgf0063645_065626.jpg

※(注)服を着たシノワさんの頭部に見える茶色いものは、『ウサギのようなシノワさんの耳』ではなくて
背後にかかっているただの布の縁です。失礼致しました。

そして、B5ほどの大きさの水彩イラストも一つ仕上げました。よしよし、この調子。
夕飯の画像をおまけに。どうってことありませんが、なかなかご飯の進む中華のおかずでした。

f0063645_0181225.jpg
手前の白い器は、豆腐が隠れてしまいました。自家製鹹卵
(塩卵)のゆで卵と、香菜、ごま油タラリの「中華風崩し冷
や奴」。深い器のは「鶏レバーとしいたけのピリ辛煮」。生
姜がたっぷり、仕上げに焼酎をチャチャッと回しかけて臭み
を消します。
奥の黒い器は「じゃがいもとピーマンの黒酢シャキシャキ
炒め」....と、あまり手をかけずにできるメニューで。

『鶏レバーとしいたけのピリ辛煮』のレシピを、こももさんへのコメントへ
のお返事に書き添えました。元はウー・ウェンさんの「ウーさんのおうち中
華」という本からです。

[PR]
by kadoorie-ave | 2007-07-08 00:00 | イラストの仕事 | Comments(16)
Commented by na_geanna at 2007-07-08 03:11
とうとう完成しましたね~大きな「シノワ」さんが!
下着が書いてあるのがとてもセクシーでございます(笑
(頬を赤らめてるのが、ぴったりな表情ですな)
ミニチャイナドレスも仕上がって、ひと安心と言ったとこでしょうか?
さて、この日の惣菜で「鶏レバーとしいたけのピリ辛煮」は
とても、ビールに合いそうな逸品ですね~グビグビ
Commented by hao3chi1 at 2007-07-08 06:39
お久しぶりです〜。シノワさん、素敵ですね。コサージュが一段とお似合い。晩ご飯、おいしそうですね〜〜。器がまた雰囲気があって、よいですわあ。
Commented by 王華 at 2007-07-08 09:14 x
シノワさん、旗袍っぽくない装いもまたよし、ですね。
抱き人形サイズなんかしら?

あまり手をかけずにできるメニューといいながら、栄養のバランスも彩りもしっかり意識してるのがさすがっすよ。
私、パプリカなんか何ヶ月買ってないんだろ・・・。
Commented by *やん* at 2007-07-08 10:48 x
シノワさ〜〜〜〜ん^c^/

大きいシノワさんとっても素敵です!!
朝から興奮状態です^v^;

お洋服はもちろんですが、手を抜かれていないブラジャーも、
とっても可愛いです♪
身長は何センチあるのでしょう?
Commented by こもも at 2007-07-08 22:46 x
くったりしていた大シノワさんに魂が入ってる!!ちゃんと“ぶらじゃー”までして
いるんですねー。うむむ。なんとおしゃれな!
鶏レバーとしいたけのピリ辛にに惹かれます。聞いているだけで白飯をガガッ!
とかっ込みたくなります。仕上げの焼酎って、イモでも麦でも大丈夫ですか?
イモはさすがに臭いかなぁ??
Commented by kadoorie-ave at 2007-07-09 09:10
コメントへのお返事が遅れがちですみません。
> na_geannaさま
下着は昨日染色用のきれいなマーカーを買ってまいりましたので
もっとラブリーな雰囲気になっておりまする。
できたら、おしゃれなシノワさんにはもっと色々な服を、気分次第で着てもらいたいので
時間があれば、作り足したいんですが....さて。どうなるでしょう。
「鶏レバーとしいたけのピリ辛煮」、結構ご飯もビールも進んじゃいますよ、多分。
しいたけ(ここでは干し椎茸)って、ごく当たり前な素材ですけど、生姜とレバーに妙に合いますね。
Commented by kadoorie-ave at 2007-07-09 09:20
> hao3chi1さま
こんにちは!こちらこそご無沙汰しております〜。ほうきのお掃除、楽しそうですね。
私、実はほうきが大好きなんです〜。軽くて手軽で....職人さんの作ったものならさらにほうきそのものが美しいし。
大きいシノワさんのコサージュは、胸元に何かつけてみたくて、昔作った「なんちゃってコサージュ(?)」を留めてみました。
造花を寄せ集めたコサージュです。
この日の夕飯は、短時間のわりにいい具合にできました....って喜んでるのは、いつもモタモタしてるからです。
Commented by kadoorie-ave at 2007-07-09 09:39
>王華さま
型紙もとらずに、衝動的に作っちゃったので、上半身をもう少しピッタリに作ればよかったとか反省いろいろ。
でも、この歳になってお人形さんで自分の夢を実現している気がします...。
小さい頃はお人形さんごっこなんて「うげぇやってらんな〜い」┐( ̄_ ̄;)┌ って感じでしたけど...。
(私は犬または叱られるお父さん役。)
夕飯、いえ夕飯に限らず手を抜きながら彩りよく見せたいとき、パプリカにはしょっちゅう登場願っています。
だからパプリカばかり買ってんの。
Commented by kadoorie-ave at 2007-07-09 10:36
>*やん* さま
大きいシノワさん、今は私のそばでポーズしながら立ってます。
ブラとショーツも、かわいい色をつけました。ただし、クラシックな人なのでショーツは深ばき♪
身長はですねぇ....頭からかかとまでだと87センチくらいです。爪先をのばすと95センチほどでしょうか。
Commented by kadoorie-ave at 2007-07-09 10:52
>こももさま
シノワさん、結構お洒落好きで、下着にも手を抜きません(今、そう決めました...♪)
鶏レバーね、多分芋焼酎で大丈夫ですよ(もったいない気もしますが)。
材料は鶏レバー300gだと干し椎茸(薄切り)30g。生姜のみじん切り30g。
ごま油で生姜を炒め、豆板醤大さじ1→鶏レバー(色が変わるまで)の順に炒める。
酒少しと砂糖大さじ1・醤油大さじ2を加えてさらに炒め戻した椎茸と水3/4カップも加えて煮る。
水分がほとんどなくなったら強火にして焼酎大さじ1くらいを加え、ジャァッと絡めて出来上がりぃ!!
<以上、ウーウェンさんのレシピより。>
Commented by 王華 at 2007-07-09 10:58 x
えええっお人形さんごっこしなかったの?私は今の見た目からは想像もつかないでしょうが、大好きでしたよ(照)。
私はスカーレットちゃん持ちだったけど、ハイソな雰囲気漂うバービーがやっぱり欲しかったんだな。
(確かバービーはちょっと高かったはず)

ところでレバーのレシピ、ウー・ウェンさんのだったんすね。
ということは仕上げの焼酎って元は白酒の可能性大。だから焼酎だったらきっと何でもいいはず〜♪
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2007-07-09 22:02
素敵なドレスにかわいいイヤリング。
「私、お帽子もほしくってよ!」 ってシノワさん言ってるよ^^!
Commented by kadoorie-ave at 2007-07-10 04:14
>王華さま
王華さんがお人形ごっこ好きなのはわかっておりました...。
私の周りには、ちょっとイヂワルな女の子集団(つまりとっても女の子らしい...)がいたので
その子らのお人形の世界での空想がおもしろくなかった....流行りの着せ替え人形も、持っていなかったしなぁ。
(バービーは『アメリカの大人の女なキャラ』が『こどもらしくない』って絶対買ってもらえないアイテム...)
(後に、ゲーム大会で優勝してタミーちゃんだけ手に入れました。とっても大事でした。持ってるだけで満足。)
一人で紙に女の子を描いて、その子の着せ替えの服を描いて遊んだりするのは好きだったかも。
そうそう。レバーはウー・ウェンさんのレシピです。私なんて....白酒だろうと思いつつ、手もとになかったんで実は漬けかけ?の梅酒を使っちゃった...。
Commented by kadoorie-ave at 2007-07-10 04:32
>pyontaro-piyopiyoさま
あらまぁ、私、ちょうどシノワさんの帽子のデザインを考えていたところよ!
でも、横に広くて奥行きのない(極度の絶壁)頭の形だから、
どんな型紙作ったらいいのかしらと頭を悩ませているの♪
イヤリングは、香港で買った手持ちのなので、シノワさん専用のがほしいなあ。
Commented by kago-fp at 2007-07-10 16:15
大きなシノワさんはおしゃれな着せ替えシノワさんだったのですね~。
すてきなチャイナドレスもイヤリングもかわいい下着もうらやましい限りですね。シノワさんたら、生まれたばかりなのに~。ん?
大人になっても、着せ替えのお人形なんかを見ると、女性って楽しくなってしまう気がしますね。食玩を集める大人買いに通じるのかも?
Commented by kadoorie-ave at 2007-07-11 01:50
>kago-fpさま
シノワさんのホネ(アルミの針金)が今ひとつふにゃふにゃなので
ポーズはつけやすいのですが、すぐ足腰がぐにゃり。首もくにゃり。
やはり背骨と腰骨はしっかりさせとかにゃいかん(←自分への言葉)、としみじみ思いました。
服を縫うのは、『ちょっとくらい縫製が曲がっていても、作品なんだから構わない♪
きちんとできたらおもしろくないもの』なんて居直ることができるので、人形は気楽です。
お金もあまりかからないですしね。シノワさんに使った布を、そぅっと自分にも当ててみるのですが、残念なことにあまり似合いません。何故?
<< ミニミニ個展<PARIS SH... 朝日新聞社<広告月報 7月号(... >>