朝日新聞社<広告月報 7月号(2007年) Thast's NEW>

朝日新聞社「広告月報」の私の担当ページ「That's NEW」です。 7月号では、目黒にありますパイオニア
株会社
に、新しいカーナビが誕生したというので取材に行ってまいりました。

f0063645_22503553.jpgその名はサイバーナビ

f0063645_2249262.jpg私がカーナビに詳しいとお思いのかたは...いらっしゃいませんよね...。

一生懸命予習して行くも、カーナビが無いどころか免許すら持っていないの
で、お話を伺うまで、「第3世代に入った!」宣言と言われても、なんのこと
やら...だったのです。(頼りなくて申し訳ない...)
AV(オーディオビジュアル)やI(インフォメーション=情報量)の質がま
すます向上したのはもちろんですが、ここにきてC(=コミュ
ニュケーション)の部分が非常に高められた
のですね。
キーワードは「知の共有」

f0063645_023957.jpg

「サイバーナビ」を搭載した車の走行データを携帯を通じてリアルタイムに収集することができます。さら
に、専用ハードディスクに蓄積された、各ユーザーの詳細な走行データは、パソコンにつなぐことでメーカ
ーの専用サーバーに集積されます。その膨大な情報が精選され有用な情報となって、ユーザー同士で共有で
きるのであります。

「知の共有」によって、細い路地の渋滞情報もわかるし、目的地の建て物のどこに駐車場入り口があるの
か?
まで案内されるので、建物まではたどり着いたけれど駐車場に入るのに手間取って遅刻〜なんていうこ
ともなくなるそうです。

さあ、これでまた一歩「ナイト2000」(だったかな?)の世界に近づいたの
ですね♪
 ※今ですと、私の肩をたたくと「サイバーナビ」について解説を始めます。お試しください。
ただし、間違って8月号の「That's NEW」のほうの最新取材内容のほうを解説しちゃうかも...。只今宣伝
中の白地にウルトラマリン(青)のラインが映える、アレの取材でした。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-07-06 23:59 | イラストの仕事 | Comments(6)
Commented by na_geanna at 2007-07-07 01:20
日本って「カーナビゲーション システム」が進んでますよね~
こちらじゃ、カーナビの普及率が物凄く低いのですよ・・・
理由は、大都市部以外は東西南北にきっちりと道が別れてるのと
目的地の番地とかが、道路名+番地だけなので解りやすいというのも
あるんだと思います。
でも、大都市部は一方通行の嵐にパーキングジプシーで運転が
ヘトヘトになってしまいます・・・
Commented by tomotubby at 2007-07-07 07:10 x
「知の共有」って野中郁次郎センセイのナレッジ・マネジメントからの引用みたい。一般人の「暗黙知」をITで「形式知化」するってやつです。たぶん
Commented by kadoorie-ave at 2007-07-08 07:17
>na_geannaさま
カーナビ、友人の車についているのを横目で見たことがある程度でしたので
今までは、大きめの道路しかナビしてくれなかったとか、そういうことは何も知りませんでした。
自分で予習するよりも、広報や開発担当者から直接お話を伺うと「なるほど〜」と、うなずいたり感心することが多いです。

歩いている場合だと、迷子になりやすいのは断然日本で、地図を見ても今ひとつわかりにくい気がします...。
公共の交通機関の掲示もわかりにくい....日本語、読めるはずなのにぃ。
Commented by kadoorie-ave at 2007-07-08 07:24
>tomotubbyさま
さきほど『野中郁次郎センセイ』について、少しだけ検索してきました。
なるほどほんとだ....ともたびさん、どうしてそんなに何でも知っているのでしょ?きっとすごくすごい人なのだ。
Commented by kago-fp at 2007-07-10 16:19
一般人の「暗黙知」なんて、その人だけの世界、もしくは同情した人だけが恩恵に預かれる的なものなんでしょうが、ITで「形式知化」できるってーのがすごいですね。まさに知の共有が夢ではなくなっていくと、年をとった人間ならではの「勘」とか「感」が軽くなるような気がするのはアナログ人間だからかしら…。
光子さんの方をぽんと押してみたい衝動にかられます。でへへ
Commented by kadoorie-ave at 2007-07-11 01:39
>kago-fpさま
あれ?もしかして『野中郁次郎センセイのナレッジ・マネジメント』って
大人としては常識だったのでしょうか。みんなの教養についていけない...!
(私は自分がわかっていないということだけはわかっている『無知の知』の段階でございます。)
私も、あまり物事が便利で情報量も増えると、野生の勘が衰えるんじゃないか...なんて心配するほうです。
でも、ドライブを楽しむためのパートナー(車の形のロボット?)だという見方をされると、へえ、そんな考え方もあるのか...とも思ったり。
車の免許も、自転車に乗る技術もない私には、遠い世界の話ですが。どこへ行くにも徒歩と電車...。
<< ミニミニ個展<大きいシノワさん... 思い出話の途中に、さらに...... >>