上海<ノドがいがらっぽいですか?>

上海に着いて丸一日が終わる頃から、エヘンエヘンゴホゴホ。咳が止まらない。まずい上海に着くなり風邪
でもひいたのかなと不安になりました。夜(汚い話ですみません→)洗面所で出た痰を見て一瞬びっくり。
黒ずんだ赤茶色....こりゃもうだめだ、ひどい病気だわ!と思ったのですが、どこにもだるさはないし。咳
をしながらよく見たら、なぁんと!昼間吸った上海の土ぼこりの色のようでした。空気全体がどことなくホ
コリっぽいなぁとは感じていましたが、そこかしこで行われている取り壊しの影響もあるんでしょうか?
レンガの色だった。

で、そんないがらっぽい私とあなたには!こちらがおススメ。
金嗓子喉片。
なくてはならない私の喉の友。
英語で言うとGolden Throat Lozengeです。中国は広西金嗓子有限責任公司というところが作っていま
す。→HPはこちら

f0063645_2354237.jpg

このノドのクスリとの出会いは、以前習っていた上海語の先生のところで。
先生の上海のお父様は病院勤めのお医者さま。そのお父様オススメののど飴がこれだったのです。先生自身
も上海に行く人がいると「これ買ってきてください」と頼む、お気に入り。
これが効く!軽いノド風邪の時も、これでスッキリ。大声出し過ぎた時にもこれで穏やかなノド
に。

f0063645_2364337.jpg
自然で味も悪くないし、私も切らさないようにして、旅行にも必
ず持参します。
でも、そんなこんなで上海に滞在していたらあっという間になく
なっちゃった。上海でこれ切らすのは困る。ずっと咳こんでいる
のは困る。(私は軽い喘息持ち♪)

参考までに。
このメガネのおじさん、広西金嗓子有限責任公司の社長さんかと
思いきや、薬を開発した上海華東師範大学生物学教授・王耀東セ
ンセーのお顔でした。

f0063645_237655.jpg南京東路の大きな薬屋さんならあるだ
ろうと、同行の俳優さんたちに「ノ
ド、大事でしょう?これいいです
よ〜」とおすすめ。寄ってみました。

いやーのど飴(薬)があるある!
ずら〜り色んな会社から出ています。
ですが、ちゃんと他のも試したことが
ある私は「金嗓子喉片」に一直線であ
ります。

小箱一つに金の小袋4つ。その中に5粒
ののど飴。
お土産にも最適です。小箱で配っても
小袋で配っても。私は小箱が6箱だっ
たか8箱だったか入った大きな箱入りを
買いました。
今思えばそれを2〜3箱買えばよかっ
た。

小箱一つで大体6元くらいだった..は
ず。
私は声を大にして言いたい!
ほんとにこれはいい。


王華さんのブログの以前の記事にも、金嗓子喉片についてのエントリーがありました。→コチラ。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-03-14 04:14 | 散歩と旅・建物 | Comments(14)
Commented by 王華 at 2007-03-14 07:59 x
「何かヤバいもん入ってませんか」って怖くなるくらい効きますよね。
しかしそこはニセモノ天国の中国、まがいもんが結構あるようなのでご注意を。
雑貨店やスーパーに売られてるものはちょっと危険な香りがします。
大きめもしくは有名薬局なら安全・・・だと思う。
Commented by nimunimu at 2007-03-14 21:35 x
わたしはこののど飴がないと生きていけないカラダになってしまいました。。
香港ではこの飴の缶入りバージョン(紙箱と同じデザイン)を見つけましたよ。もちろん即買いっ!
Commented by morimaman at 2007-03-14 22:16
花粉症でやられている今の私が行ったら、確実に、上海の空気にやられる?
喉もよいですが、鼻の粘膜にも効く薬はないでしょうか。
Commented by tomotubby at 2007-03-14 22:26 x
海外に行くとノド飴はいつもリコラを買うのですが、
杭州ではなかったので、薦められるままに
スイカ味の粉末のセキ止め薬を買いました。
けっこう効いたんですが、名前を忘れてしまいました。
忘れられない味です。
Commented by kadoorie-ave at 2007-03-15 10:15
>王華さま
まがいもん、得意技ですもんね。
私は、その薬局の「のど飴」の充実ぶりに目を見はりました。のど飴コーナーだけでこんなに!
みんなのどがいがらっぽいのねえ.....と妙に感心しました。
今回買ったのもよく効いたので、正規品であったと思いわれます。
Commented by kadoorie-ave at 2007-03-15 10:20
>nimunimuさま
>>わたしはこののど飴がないと生きていけないカラダになってしまいました。。
→私も、日本にいてもこの飴を切らすのが不安です。。。
おおっ!香港には缶入りバージョンがあるんですか。
同仁堂ののど飴と違って、缶のデザインが愛おしいってもんじゃないですが、
あのデザイン見ただけでホッとするようになってしまいました。。
で、その缶入りにはたっくさん入っているのでしょうか?
Commented by kadoorie-ave at 2007-03-15 10:26
>morimamanさま
ノド・鼻が敏感になっていると、些細なことで咳がでるかもしれませんが...でも、花粉はあるのかな...?
クシャミと鼻水が治まって、かわりに咳が出たりして!?
鼻の粘膜に効くのはあるんですが、確か日本に持ち込めない成分が入っていたという気がします。
細いロケット型の容器を鼻の中に当てて、スッと粉末を吸い上げるタイプ...。
Commented by kadoorie-ave at 2007-03-15 10:31
>tomotubbyさま
スイカ味で粉末の咳止め...なんだか楽しそうな。。
それもお土産によさそうですね。
日本ののど飴、気分良くスーッとはするのですが、症状が改善するとこまではいかないのがなんとも。
それとも何か悪いものでも入っているんでしょうか、金嗓子喉片。
いや、入っていてもいい。きもちのいい穏やかな効き目♪♪
Commented by nimunimu at 2007-03-15 22:01 x
缶タイプは箱タイプと同じくらいの大きさ(缶の厚みの分、若干大きいくらい)で容量もいっしょ。あの金の袋が4つ入ってました。
箱の外の各種表記が繁体字と英語ってのが香港っぽい。改めて缶箱を見ると、その他にもこんな違いが・・・
①「輸入品」扱いのなっている(中国⇒香港)
②「専売特許」のナンバーがある
③王耀東教授の写真の顔がちょっと老けている
そーいえば、HPの王耀東教授もちょっとお年を召してましたねー。
Commented by kadoorie-ave at 2007-03-15 23:09
>nimunimuさま
なるほど、缶はそんなに大きなものではなくてハンディーな大きさなんですね。
なんだかコレクションしたくなりますね。繁体字とトレードマークの王耀東教授に興味津々!
HPのどこに教授がいるのか、どうしても見つけられない...(涙)
Commented by nimunimu at 2007-03-16 01:05 x
えーっと・・・ここです↓↓↓
http://www.goldenthroat.com/docc/news/news.asp

この頭はぜったい王耀東教授にちがいない!
ん?でも髪の毛があんまり減ってない・・・もしかしてアデランス?
それとも育毛剤も開発したとか???
Commented by kadoorie-ave at 2007-03-16 13:23
にむにむさん、ありがとうございます〜。
早速拝見いたしました。ほんとだ、あのセンセーですね。
お歳は召したものの、ツヤツヤのお顔にビックリしました。仏さまみたいになっちゃってますね。
Commented at 2012-04-03 22:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kadoorie-ave at 2012-04-07 02:27
>鍵コメさま
こちらこそ、ご無沙汰しております。
1月のイベントの時は、本当にありがとうございました。ご参加いただいて、とっても嬉しかったです。

こののど飴、今やなくてはならないお守りのようなものです。
喉が弱いので、喋りすぎてはガラガラになり、風邪の引きはじめもいつも喉から。
でも、早めにこの飴をなめれば、あぁらふしぎ、すっきり穏やかになり、救われてしまいます。
常備薬とはこのことですよね。
TBありがとうございます!これからも、どうぞよろしく!
<< お知らせ<「サリー久保田 メジ... 上海<南京東路3/東海珈琲館で... >>