白菜鍋<扁炉(ピェンロー)>


f0063645_1561749.jpg
さてと。一昨日作った鍋。今回は何かというと...

f0063645_1563641.jpg
ジャ〜ン!

「扁炉」(ピェンロー)です♪

上海滞在中、「李香蘭」出演の方々のお食事の一行にそうっと?混ぜていただいた時、終始穏やかな雰囲気
ながら、思いのほか真剣な目つきで味わっている姿が印象的だった石井英明さん。ブログ「オトナニナリタ
」に遊びに行ってみたら、1月12日のエントリー「食べる!」に美味しそうな鍋の写真が!
“妹尾河童さんの白菜鍋”で有名な「扁炉(ピェンロー)」のレシピだということでした。(そういえば昔、
妹尾さんの本で見たような気もするけど...忘却の彼方...)
作り方はシンプルだし、家にある材料で出来るし。その日の気分と都合にぴったり。

すぐに作ってみました。豚肉は大きな塊肉しかなかったけれど、中華包丁でスライス。中華包丁はね、いい
ですよ〜。気持ちよ〜く切れるのが愉しくて、まな板に向かって笑ってしまう。フッフッフ...。
それに、この山形の平田牧場の豚肉は甘いような香ばしいような旨みがあって、いつだって私を幸せにして
くれるんですよぅ。ウットリ....。
鶏もも肉はもちろん。さらに骨からの出汁もほしくて、手羽元も仲間に入れました。
干ししいたけは常時冷蔵庫のタッパーの中で水に浸って、スタンバイ状態。はぁい出ておいでぇ♪
あとは春雨加えてコトコトコト...。

f0063645_2463319.jpg
味付けは、とりあえずこのでいいかな。
腐乳をスープに溶いたのもおいしいかもと思い用意。
一味唐辛子がないので、先日鹿児島のレイコさんからいただ
いた「ひらめき」を。鹿児島名物小みかんの香りが辛さに爽
やかさを添えて、クセになるんです〜。
もしかして四川の豆板醤もいいかも...と、並べてみました。

はい。石井さんの仰る通り、誰にでも旨く作れました!誤っ
て食べ過ぎました。。。ちゃんと雑炊もこのスープで作りま
したとも。で、動きたくなくなりました。。。
[PR]
by kadoorie-ave | 2007-01-15 03:09 | おいしいもの | Comments(25)
Commented by shimotaka1971 at 2007-01-15 09:48

ウチも最近はまってますー「ピェンロー」。
先日は買い物に行くのが面倒で豚ばら肉だけ(鶏もも肉はナシ)で作りましたけど、
それでもじゅーぶん!おいしかったです。白菜が甘い!
シンプルな組み合わせなのに、鍋いっぱい作っても飽きないし。
ウチは雑炊は次の日の朝ごはんになるのが定番です。うま!


Commented by YaLin at 2007-01-15 15:41 x
うちのダーリンが本を持っていて、付き合っていた時一度ご馳走になりました。♪
初体験でしたが、はまりそうな味。
シンプルで好みのトッピングで色々な味を楽しめる鍋ですね。
だいだい毎年に一回以上、この鍋を食べていますが、
今年の冬には、まだ食卓に登場させていないのです。
Commented by 王華 at 2007-01-15 18:49 x
明日は昼間外出なんで、晩ごはんにパクらせていただきます!
美味そう〜。うちは親子して酸味好きなので、何か酸味のあるたれをちょっと工夫してみようかなあ。
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2007-01-16 06:31
おお!この鍋、扁炉って言うちゃんとした名前があったんですね。
実家に帰ると、何かとうるさ型の長男(国語高校教師・独身!)が偉そうに
この鍋をちゃっちゃと作っては「美味かろ~!」って自慢してました。
確かに美味かった~!
大分の柚子胡椒やカボスをぎゅっと絞ったり、ラー油を落としたり、
前にうつわがたくさん並んじゃうんです^^。

そうそう、山形で食べた平田牧場のトンカツ、ほんとに美味しかった~^^!
Commented by nimunimu at 2007-01-16 18:07 x
うぅ・・・あまりに美味しそうで言葉がでてきません。豚肉&白菜、さいこーーー☆
そういえば、先日上海の本屋さんで妹尾河童さんの本(中国語に翻訳されたもの)を見かけました。
上海に帰ったら辞書片手にお勉強がてら読んでみようかな???
Commented by kadoorie-ave at 2007-01-17 00:24
>shimotaka1971さま
まぁ、サマンサさんちも!
こういう時の豚はやっぱりバラですねえ。中華の鍋物もほんっと、大好き。
ところで、ついこの間このブログで「中華の土鍋を買いました」
「香港で買うお値段の10倍以上だった」と書いた気がするんですが....なんかねぇ、なぁんかねえ....また、ヒビが入って来ちゃったんですよう!
ピタピタもれるんですよう!!どーしよう?
そりゃお粥を炊きまくるしかないんですけど。いつまで保つだろう。
鍋の手(把手)を握って、「鍋さん、鍋さん、しっかりしてよ!まだ逝っちゃだめだ!」と取り乱す私です。
Commented by kadoorie-ave at 2007-01-17 00:30
>YaLinさま
まぁ、ご主人たら「扁炉」でさらに好感度アップ!したんですね。
おいしいもの作ってくれる男の人はすっごく魅力的に思えます〜♪
材料切ったら火にかけておくだけだけど、どれもいいダシが出てうれしい鍋でした。
Commented by kadoorie-ave at 2007-01-17 00:42
>王華さま
酸味は何にしましょう?
そういえば、和食に較べて中華の鍋なんかのほうが、「各自で好きに味付け」っていうのが多いんでしょうか?
微妙に変化をつけていくのも楽しかったです。
Commented by kadoorie-ave at 2007-01-17 00:52
> pyontaro-piyopiyoさま
おお、pyonさんの兄上も!
最初はもしかして妹尾河童さんの本あたりをお読みになったのでしょうか?
柚子胡椒ダァイスキ。そうか、カボスいいですねぇ。
pyonさん、平田牧場の豚肉を、ちゃぁんと山形で食べてるんですね。いいなぁ。
私は家にいることが多いので生協に入っていて、そこの肉が平田牧場のなんです。
市販の平田牧場のより断然安くて新鮮なもので、その魅力で生協やめらんない...。
Commented by kadoorie-ave at 2007-01-17 01:27
>nimunimuさま
まぁ、妹尾河童さんの本、中国語版が出ているとは。
つい先日も、中国で最近随分日本の本を中国語に翻訳した本が増えてきたというのをラジオで聴いたばかり。
(そういえば、台湾に行ったときはみうらじゅんの本が平積みされていて、つい笑ってしまいました。)
中国の本もここ15年くらいで紙質、印刷、製本の質が急激に良くなりましたぁ。
そういえば私の子ども時代(@もちろん日本)もそうだったなぁ、この間まで鮮明なカラー印刷で立派な紙だと思っていたものが
何年か経ったら、もう古くさくて粗雑なものに思えたな...と。
でも、その頃より、中国のほうが進化のスピードが早いのでビックリします。
Commented by nihaoperio at 2007-01-17 19:30
うわあー美味しそう!
というわけで、今晩はこのお鍋に決定です。
只今、実家製の干し椎茸を戻しております。(わくわく)
美味しいお塩と、腐乳スープと、山椒入りラー油で食べてみようと思ってます。
楽しみだ~♪いつも、ありがとうございます。
Commented by tomotubby at 2007-01-17 22:43 x
今夜さっそくつくってみました。
七味唐辛子がなかったのでタバスコで代用しました。
なかなか美味しゅうございました。ハイ
Commented by マダム・チャン at 2007-01-18 14:55 x
これ、私も妹尾河童さんから聞いて、実は我が家ではハルピン風に
作っています。
どこがハルピン風かと言いますと、中国東北の名物酸菜(発酵させた
白菜)を使うんです。東京のうちでは母が漬けた白菜のお新香を。
何ともコクがあっていいですよ~。
この酸菜はハルピンでは火鍋にも入れるし、餃子の具にも使います。昔、冬は白菜しか葉物が食べられなかった頃、保存用としてたくさん
作って、いろいろな料理に使っい回した名残なのだとか。
姑はボルシチにもキャベツではなく、この酸菜を入れます。
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2007-01-18 20:36
光子さん、びっくりです!ありがとうございます~^o^ 
独特のアングルをつなぎ合わせていろいろ想像しちゃいました!
もうすぐ開館、楽しみです~。
可愛い封筒の絵も宝物にしちゃおっ^^!ほんとにありがとです~。
Commented by kadoorie-ave at 2007-01-19 00:50
>nihaoperioさま
私、干し椎茸大好きです。大好きな鍋素材がシンプルに集合〜ってかんじで
いいですよね。この鍋。作り方も難解ではなく、気軽にチャレンジできるけど
お味は複雑で旨みの塊っていうのが気に入りました。またやろっと!
Commented by kadoorie-ave at 2007-01-19 00:54
>tomotubbyさま
わかりやすい作り方、充分中華気分を味わえるところが
気に入りました。
レシピとにらめっこでなく作れるのも助かります。
余り細かく丁寧に素材をカットすると、中華らしくならないので
一生懸命でっかくぶつ切りにいたしました。
自分のスケールと同様、なんでも小さく切り過ぎてしまうので。
Commented by kadoorie-ave at 2007-01-19 01:04
>マダム・チャンさま
マダムは直接妹尾河童さんからお聞きになったのですね?すごい。
酸菜!白菜のお新香!...うっとりです。
漬け物を上手に料理の中で活かすのも、中国らしい使い方ですね。
早速試してみます。とりあえず手に入りやすい白菜のお新香から。
>>姑はボルシチにもキャベツではなく、この酸菜を入れます。
...この一行に、ハルピンという土地の背景が感じられて、想像(妄想)の世界に浸りました...!
Commented by kadoorie-ave at 2007-01-19 01:10
> pyontaro-piyopiyoさま
もっと早くお送りしたかったのですが、なんと、料金不足で一度戻って来てしまったのです。
間もなく日本新美術館のオープンですね。
建物だけでも、遊び心が感じられて大きなおもちゃにいるようですよ〜。
私も改めて行ってみたいです♪
封筒の絵、もっとちゃんと描けば良かったです...。海のいきもののかわいらしさをもっと出さなければ!
描いていて思いましたが、海のちいさな生き物のキャラクターのマンガでもあったら愉しいですね!
Commented by r-work at 2007-01-22 06:49
先週はなかなかにバタバタしていましたが、こんなにおいしそーな
ものを光子さんは食べてらしたのですねぇぇぇぇ(笑)
この組み合わせはスープでよくいただきますが、鍋にして、
自分で少しずつ辛味や酸味を加えて食べて行くと、止まらない
気がしちゃいますね(笑) 「ひらめき」も、光子さんのところで
拝見すると、とっても特別なものに見えてしまうから不思議です(笑)
いつもありがとうございます♪
Commented by kadoorie-ave at 2007-01-22 10:21
>r-workさま
なんといっても、石井さんのブログで「だれにでも美味しく作れる」というフレーズにクラッときました。
時間な〜い、体力いまいち。これで食べるものがつまらないとさらに元気がなくなりそう...と思っていたところでしたから。作り方単純、でも味は複雑。ポカポカ暖まるし、ちょうどよかったです。
「ひらめき」、ちょっと試した人は皆、とりこになります!爽やかさと辛みと香ばしさ!
見ていて「あんまり景気良く使うんじゃな〜〜い!」なんてヒヤヒヤしてしまうのです。ケチと言うか心が狭いと言うか...
Commented by yukiりん at 2007-01-22 14:49 x
こんにちは!ピェンロー、昨晩作ってみました!簡単ウマウマで家族にも大好評でした。白菜の甘みとスープがいいですね。鍋というと つい冷蔵庫の野菜室の掃除もかねて…なんて少し余っている人参や大根やらを入れたくなるのですが、レシピによるとソレは邪道だぁ~とのことで今回は押さえました。(^^; 「ひらめき」…気になります、キラリーン。
あっ、遅くなりましたが今年も宜しくお願いします。
Commented by kadoorie-ave at 2007-01-23 00:34
>yukiりんさま
私も普段、ついつい野菜室の掃除も兼ねて栄養をみ〜んなぶち込んでしまおうと欲張り過ぎます。
このくらいがいいんですねぇ。常夜鍋もそうですが、シンプルなのっておいしい。
簡単ウマウマは、お互いの持ち味を引き立て合う、いいダシのでるものばかりでしたね。
疲れた日にはまたやるつもり♪
こちらこそ、遅くなりましたがどうぞよろしくお願いいたします!
Commented by kadoorie-ave at 2007-01-23 01:10
>yukiりんさま:追加です。
「ひらめき」は、ブログでお付き合いしている鹿児島のお料理ライター(で、フードスタイリストもなさる)「レイコさんの台所」のレイコさんが送ってくださったものです。
さすが、おいしいものをよく知る方なので素材の良い、鹿児島らしいものだと感心しました。
ラベルに書いてあるのを写しました〜。
「21世紀 手作り香辛料  さつま町特産第一号
自然食品 ひらめき 小みかん・タカノツメ・ゴマ
鹿児島県さつま街鶴明会謹製  /製造者:代表者 薩摩郡さつま町神子 高嶺虎男 TEL 0996-59-2776
賞味期限2年」
七味のようなものですが、爽やかで、胡麻がたっぷり入っていて香ばしいんです。
小みかんも鹿児島(さくらじま?)名物で香りの良い小さなみかんだそうです。
Commented by yukiりん at 2007-01-23 12:39 x
ご丁寧にありがとうございます~。単純なワタクシは、早速 虎男さんに(名前が素敵(笑)に電話して注文してしまいました。しかも10本入り!これで当分は「ひらめき」そうです。(^^; ありがとうございました。
Commented by kadoorie-ave at 2007-01-24 02:50
>yukiりんさま
素早い!私も今ある一本がなくなったら10本入りを注文しなければ!虎男さんに!
<< 上海<祖父母の住んでいた家へ/... 上海<多倫路から四川北路へ出る> >>