中華の土鍋を買ったのです。


f0063645_223418.jpg
大きな中華の土鍋が、我が砂鍋(中華土鍋)ファミリーの仲間入りをしました。

中華土鍋(砂鍋)は以前のエントリーで書きましたが、柔らかくてもろい素材なので、私のように道具に無理
をさせたり、ご無体な使い方をするとヒビが入りやすいのです。

f0063645_21301515.jpg

↑このイラストは、そのとき載せたもの。元々の中華土鍋ファミリーです。左の一番大きな鍋はご飯を炊い
てお焦げを作ってみたら、ピリン、パリパリパリ‥‥と不吉な音がして、底全体を真一文字に渡る、隙間2ミ
リ以上のヒビが入ってしまったのです。。どうにか隙間が塞がらないものかと何度もお粥を炊きました。お
米がとろけるまで、ジャージャーと水が漏れるのも厭わずに!
でも、ここまでバッキリ割れてしまうと駄目ですね〜〜。毎回ジャボジャボ漏れる。
10代の頃からしょっちゅう通っている、横浜中華街の料理道具屋「照宝」は、大抵の道具は揃うなくてはな
らないお店。今まで何回も「ないかなぁ」と見に行っていましたが、いつもタイの小さな土鍋だけ‥‥。
ところが、10月に行ったらあったのです!
お値段は‥‥ガーン、香港で買ったのの19倍!!香港では確か...13HK$(1香港ドル=15円として)くらい
じゃなかったかな。でも飛行機代や持ち帰る重さを考えたら、仕方ないのか。
なにより、もうあなたのいない生活なんて考えられないの!なのです。
仕事で家にへばりついている日。大きく切った素材を、コトコトと何時間も煮るときなぞ、座り過ぎで腰が
痛いなどと言っては立ち上がって覗いてしまう、その愉しみ。
この砂鍋の仲間があれば、料理の腕が数段上がる気がします。
今回買った鍋は、今まで使っていた10人前の中華粥の炊けるのよりさらに大きい、15人前用。理由、大き
い鍋が好きだから。それだけ。

f0063645_21504015.jpgポトフもこれで作ってみました。

f0063645_21505488.jpgf0063645_21511771.jpgf0063645_2215335.jpg

水餃子を120個ばかり作って、次々茹でました。何人もでわしわしと食べるのは愉快です。
三分の一が、プレーンなタイプ。白菜と豚バラ肉の「白菜餃」。三分の一は「香菜餃子」=香菜を思い切り
沢山+豚バラ肉。残りは「芹菜餃」=セロリ+炒り卵。
「芹菜餃」は、セロリの大きな株が100円だったのでやってみたのですが‥‥これがうんまーーい!!食べる
と減るのが哀しかったです。※お皿にあるのは、醤油ではなく、中国黒酢(鎮江黒酢)です。

f0063645_21514125.jpgf0063645_2152216.jpg

こちらは、先日アースダイビングでご一緒したfuRuさんたちにお誘いいただいて恵比寿に食べに行った
「肉骨茶(バクテー)」というスープの真似。シンガポール&マレーシアでポピュラーな暖まる漢方スープ
です。これは、結構癖になるのですが、食べたばかりなのにまた食べたくなって、作った次第。
本当は現地のかたでも「バクテーの素」パックを使うのですが、只今家にありません。でも食べたい!
そこで、調べましたところ、5リットルのスープに使う漢方素材・スパイスは‥‥
甘草(10g)、当帰(20g)、八角(5個)、桂皮(1本)、陳皮(1片)、丁字(10個)、棗(2個)、クコ
(20粒)、茴香(10g)胡椒、川弓ですと。あと、できれば中国醤油の「生抽」と「老抽(たまり)」を使
うと違う...と。(他には生姜、皮付きにんにくなど)これで、下煮したスペアリブを煮込みます。
ないものは甘草・当帰・川弓。ですが、これを漢方薬局に行って揃えるまで待てないので、えーいままよ!
と、作ってしまいました。
きも〜ちおとなしめの香りになってしまいましたが、なかなかイケる!おすすめでーす。
(使ったスペアリブ:今回は1.2キロばかり。/忘れてました、黄芪(オウギ)も入れました。)

f0063645_8582626.gif←オウギ
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-12-12 22:59 | おいしいもの | Comments(20)
Commented by こもも at 2006-12-12 23:56 x
す、すごい美味しそうでクラクラしてきました!
おおきなお鍋、しかも土鍋でコトコト煮ると素材のうまみがしっかり引き出されそうですよね! 
皮からちゃんと手作りの餃子、120個も作るとなると何時間かかりですか? 
私も芹菜餃だいすきです。今、無性に食べたくて仕方ありません!!あああ~(悶絶)
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2006-12-13 00:06
あ!お料理。実は光子さんのお料理エントリーのファンだったりします^^。
だってどう見ても美味しそうだし、こりゃ元気になるよなぁ~とか
こりゃお店では食べられそうにないなぁってお料理なんですもん!

大きなお鍋ってそれだけであったかい感じがして好きです。
でも19倍って・・・!香港が安すぎるのかなぁ?!いかにお料理が日常の暮らしに密着してるかってlことなんでしょうか!
Commented by greenagain at 2006-12-13 00:32
私も光子さんの料理部門、好きです!
土鍋、かわゆい形ですね~。「土鍋愛」が発生するのもわかります。
餃子120個、うーん、懐かしい・・・。うちも大昔、餃子といえばその位作っていました。外じゃ満腹になるほど餃子注文できないですもん。。。
特に香菜餃子、芹菜餃の味を体験してみたいです!
バクテーも美味しそう。冬は鍋ですね!
そろそろ、鍋しようかな~
Commented by nimunimu at 2006-12-13 06:48 x
うわぁー、美味しいそう!そして豪快!!
それにしても15人用の鍋を持ち帰るとは・・・その心意気に脱帽!!
わたしもお料理をできるおうちに引っ越したら、この鍋のちびバージョンが
ほしいなぁ☆
Commented by fuRu at 2006-12-13 09:17 x
うわわわわわっ!
ほんと、おいしそうです。
恵比寿にお誘いした甲斐があったかな。
こんどぜひ、オリジナルで
バクテー、頂きたいところです。(^o^)
私も、先日頂いた情報をもとに挑戦してみようと思っています。
まずはスパイスを集めないといけませんね。
Commented by カーク at 2006-12-13 11:42 x
「照宝」ははまります、見ているだけでもなんに使うんだろうかなと楽しい時間を過ごせますね。
バクテー美味しそうですね、それにしても沢山のスパイスがあの絶妙な味を出すんですね。
また、機会がありましたら祖師谷とか行きましょう。
Commented by gtchawk2002 at 2006-12-13 15:20
光子さん、すごいすごい、これも分かります。私は時々土鍋を使う、鳥肉と野菜と餃子。。。簡単でおいしい
Commented by kouchie74 at 2006-12-13 20:11
砂鍋ですか。すごいね。買ってもって帰ってきました。
気持ちはよく分かりますよ。(お値段)
私もこの間台湾で中華鍋を購入、持って帰りましたよ。(笑)
「肉骨茶(バクテー)」は癖があって、好き嫌いがあります。
でも冬に持って来い一品です。
すごい美味しそうです~~
Commented by kadoorie-ave at 2006-12-13 22:17
>こももさま
この鍋はとってもエライ!とにかくお任せすればおいしい煮込みができてしまう。
水餃子のほうは、数人でおしゃべりしながら皮を作り、包めば楽しいのでしょうが....。
水餃子の作り方を教えてくれたのは、吉林省出身の女性でしたが
家族総出で上手に包んだものだと聞きました。
で....私は包んでは20個たまると沸かした湯に放り込み、茹で上がったら
自分用に取り分けて台所でパクパク。みんなが残りを食べている間にまた次を作るという
奴隷気分なのがちょっと....はやく、皮をのしたり包んだりできる要員を養成しなくっちゃ!
Commented by kadoorie-ave at 2006-12-13 22:28
>pyontaro-piyopiyoさま
そ、そんな...お褒めに預かりまして....ありがとうございまする。
あまり、フェミニンで麗しいテーブルにはならず、「大きい」とか「たくさんある」のが特徴でしょうか。
何故か「オ食事ヲ イタダク」ではなく「飯ヲ カックラウ」になっちゃうんです.....。
先代の大きな中華土鍋は、日本円にすると200円足らず!驚きです。
古い坂道の、小さな雑貨屋の隅で見つけたのです。
Commented by kadoorie-ave at 2006-12-13 22:33
>greenagainさま
「土鍋愛」...そうなんです。土鍋って、鍋そのものが美味しそうだったりして。
私の台所は、土鍋と鉄の鋳物の鍋(ル・クルーゼとかダッチ・オーブンとか)が多くて
信頼できる仲間ってかんじです。土器と鉄器好き?
思い切り餃子を食べるには、自家製が一番ですよねっ♪
Commented by kadoorie-ave at 2006-12-13 22:40
>nimunimuさま
初代の鍋を香港から持ち帰った時は、他に白無地のホタルのお茶碗6客、大皿3枚
生抽とか腐乳とかXO醤など瓶入りの調味料5〜6本など....手荷物でないと心配なものばかり。
ぜぇんぶ肩からかけて、ヨロヨロしながら帰国しました。
家で見たら、両肩がアザとミミズ腫れになっておりました。。。
負けないぞぅ!
Commented by kadoorie-ave at 2006-12-13 22:49
> fuRuさま
恵比寿に誘っていただいたおかげで、バク中患者(バクテー中毒)になってしまったようです。
高級な豚肉....ではなく、例のハナマサで大きなポークリブの塊を買って切り分けました。
川弓がないのが少々寂しかったのですが、よく考えたら普段も怪しい広東風漢方スープを作っているので
そこそこ漢方の素材もありました。でも甘草や当帰を食材として常備する人ってどうなんでしょう....!???
Commented by kadoorie-ave at 2006-12-13 22:55
>カークさま
「照宝」はアフターケアもとてもいいです。中華包丁も預けておけば丁寧に研いで返してくれるんです。
中華包丁、本当に便利な道具です。かたいものの千切りもなんのその。
切ったものを、揃えたままの形でさっとすくい取ることも上手にできます。

>また、機会がありましたら祖師谷とか行きましょう。
是非是非!よろしくお願いいたします。
Commented by kadoorie-ave at 2006-12-13 23:08
>gtchawk2002さま
“中國人精於飲食、尤其著重湯水、因湯水有清補滋潤之妙♪”
というわけで、私は香港に行くとスープなどのお料理本を買って帰ります。
土鍋でじっくり煮た料理は、シンプル(simple)な素材でもとても美味しくできますね〜。
Commented by kadoorie-ave at 2006-12-13 23:19
>kouchie74さま
台湾や香港に行っても、買うものは料理の道具や調味料。それに本!もちろんおいしいものも。
みんな重いものばかりなのでフウフウ喘ぎながら帰ってきます。
落ち着いた優雅な店でエステやマッサージを受け、
気に入った服やアクセサリーを買って帰ろう〜〜って予定していても
結局市場や料理道具の店ばかり見て帰ることになります。
もう少し外見のメンテナンスをしないといけないんですけど.....○| ̄|_
Commented by 王華 at 2006-12-14 15:20 x
うちにも北京から渡来した全くおそろいの鍋、あります。ただしうちのは衝撃防止用のワイヤーがめぐらされてますが。
どっちにしてもこの手の鍋、陶土がもろいから取り扱いには気を遣いますよね。毎度びくびくしながら使ってます。
これからの季節は、塩漬けの三枚肉を薄切りにして、酸っぱくなった白菜漬、たっぷりの春雨と煮込んだのがもう、最高!です。
実は三枚肉のかわりに羊でも相当美味しいです。ただし羊はある程度脂があるところを。

餃子はね、お好きであれば酢の中に腐乳をちょびっと入れてみてください。コクが出て一層おいしくなりますよ。私は中身のあんづくりの時にもいれます。
と、たまには上海を離れて北京ネタでした。
Commented by Tomotubby at 2006-12-15 03:49 x
よだれがわいてきました。小野寺さんちの子になりたいです。上野駅の上海料理の店でお味噌の入った土鍋料理を食べたことがありますが、美味しかったです。タジンもそうだけど土鍋って確かに料理が美味しくなりますよね。恵比寿の肉骨茶出す店はどこでしょうか?実は先日、ブログでプッシュしてきた海南鶏飯屋さんにいろいろ食べにいったんですが、明らかに味が落ちていてがっかりしまして、新規開拓したいので、ぜひに教えてください。
Commented by kadoorie-ave at 2006-12-16 03:04
>王華さま
私も本当は「衝撃防止用のワイヤー付き」のが欲しいです。
広州の知人はあれは丈夫なものだと主張するのですが...。
塩漬けの三枚肉と酸っぱくなった白菜漬け!それは、もうもう美味しそうです!
羊も暖まりそうでいいなあ。さっそくやりますっ!
腐乳も大好きです。そっか、餃子のお酢の中に入れるんですね、やってみよう。
夏は香港の家庭料理が多いのですが、冬になると、中華の料理も北上していきますねえ。
Commented by kadoorie-ave at 2006-12-16 03:11
>Tomotubbyさま
ウチの子になると、食べたい時間になっても「まだできてないよう!」とお預けをくらい
夜眠たくなった頃に「どうぞ〜!食飯!」なんてことになりますよー。
恵比寿の肉骨茶の店は、駅から徒歩3分くらい。「新東記」といいます。
http://www.sintongkee.jp/
本文中の「fuRuさん」という文字をクリックすると、お店の詳しい紹介があります。
店主がシンガポール人女性だと聞きました。あの日は丁度いなかったけど
いろいろ料理について教えてくれるそうです。
<< 上海<泰康路/田子坊から脇の路... 上海<新新里のこと> >>