台湾<旧・日本郵船 基隆支店>

実は、まだ台湾取材の報告は続いているのです。断続的で申し訳ありません。
郊外に行ってみたかったのと、“鉄道”を利用してみたかったのである朝、台北駅から電車に
乗り込みました。

f0063645_2249172.jpgf0063645_2354513.jpg

行く先は基隆。台北から北東に40分間ぐらいだったかな?「台灣鐵路局」とは素敵な響き。
基隆は昔、台湾の玄関口となっていた港町で夜市も有名。が、今回私が基隆に来たのは夜市
のためではありません。

とりあえず一つ目の目的...駅前にある旧・日本郵船基隆支店の建物(下・左と中)を眺める。
その後ろに見える建物(下・右の写真)も良い雰囲気です、何のビルなのだろう。

f0063645_2355092.jpgf0063645_23551797.jpgf0063645_024759.jpg

旧・日本郵船ビルは現在「陽明海洋文化芸術館」になっています。一階のカフェと売店の様子
だけ見学。ウロウロしていたら、受付の男の人がすっ飛んできました。「何かお困りの事でも?
なんでもご案内しますよ、これから中を見るんですか?」と英語で。やー、あまりに素早い動き
なんで、何か怒られるんじゃないかと思いました〜。

f0063645_23431331.jpg
「ごめんなさい今日はこの藝術館を見る時間はなくて、
これからココに行かなくてはならないんです。
歩いて行かれる距離でしょうか?」と地図を見せると、
真剣に地図を眺めながら「ああ、ここだったらバスか
タクシーじゃないと行かれませんね。」
言いながら建物の外に出て、タクシー乗り場はアチラ。
バスに乗るんなら、○○行きで料金は△△元。
乗り場がわかりにくいけど...と指差してくれました。

「小銭はありますか?バスに乗るなら必要ですよ、
バス停まで連れて行ってあげましょうか?」

いえいえ、それには及びませんと手をヒラヒラさせると「雨が降ってきましたよ、傘はありますか?
なければこれ差し上げますよ」(多分彼のmy傘だと思われ...)持っていなかったけど、さすが
にダイジョウブ、ダイジョウブと御礼を言いながら辞退しました。いやー、なんて気持ちよく親
切なんでしょうか。すごいや。

頭からどんどん濡れはじめ情けなくなってきたので、あわててタクシーに乗り込みました。バス
はわかりにくそうだから帰りにね。ちょっと柄の悪そうな運転手さんに地図を見せると、あーそこ
ね、わかったわかったと黙ってうなずき.........
........「着いた」と降ろされたのがここ。
↓   ↓  ↓  ↓  ↓

f0063645_0241356.jpgわーーん、なんじゃこりゃ。
ボロボロの自動車修理の店がいくつも並んでいるけど
他にはなんにも見えないよ〜。やさぐれたこの雰囲気、
うらぶれた風景に愕然。でも、この建物の脇の通路の先に
海があるような...
おそるおそる進むと 
↓  ↓  ↓

f0063645_028317.jpgf0063645_22222488.jpg

岸壁。いちおう。 小さな入り江には「働く船」が停まっています。
不安いっぱいでキョロキョロしたら...

f0063645_0382871.jpg
あった!!これが一番の目的だった。ネットで見た
船の画像とおんなじだーーーーー!!
さーて、この白い船はなんでしょう?わかります?
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-09-22 00:40 | イラスト付き | Comments(10)
Commented by tomotubby at 2006-09-22 02:00 x
馬祖北竿島などへ向かう船ですか?
Commented by humsum at 2006-09-22 05:48
おはようございます!
旧・日本郵船ビルとは、嬉しいですね..
日本と違って..大事に使ってくれているのですね..
見習いたいですね!!->日本の不動産やさん!!
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-22 22:27
>tomotubbyさま
うふふ、この船は繋がれっぱなしで動かないのです。氷川丸みたいに。もとはマグロ漁船なんですが....。
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-22 22:42
>humsumさま
台湾には、古い建物を活かして使っている所がかなりたくさんありました。何より日本と違うなぁと思ったのは、使わなくなった古いビルを取り壊すでもなく放置してきたということ。(危ないんです...)
最近になってリノベーションが盛んになり、古いものを大切に使おうという気運が高まっているようですが、なにはともあれ残っていたからこそですね。日本の建築は丈夫だ、という評判もあるようですしね。
Commented by tomotubby at 2006-09-23 10:14 x
え、マグロ漁船ですか??「マセマティック放浪記」に小樽と基隆を結ぶ貨物船のことが出ていましたがこれとは違いますよね。↓貨物船としてはちっちゃすぎるから
http://www.nansei-shuppan.com/mathematics/mathematics_01_50.html
うーん。わからないっす。降参です
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-23 22:02
>tomotubbyさま
さすがはともたびさん!そんな貨物船のことまでご存知とは。
これは、民間美術號といって庶民の生活の中の美術品を中心に展示している
ギャラリーなんです。中に入ってみたら予想外の広さと、センスの良い温かな空間に
ビックリでしたよ!
Commented by tomotubby at 2006-09-24 03:01 x
船のギャラリーだったんですね。面白そう。

情報です。
まえに教えていただいたURBANNOMADのお店が出る
渋谷東急東横店7階のちょうど上8階で
今「なにわうまいもん市」をしていて、あの
台北永康街「冰館」のかき氷が食べられますよ。
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-24 12:10
>tomotubbyさま
船のギャラリー、思った以上に良い空間でした。不思議の世界でもある。
なによりおじさん(といっても私と10歳しか違わないんですが)がいい人で。
懐かしいものへの情熱を感じます。妙にセンスがいいし。

今「なにわうまいもん市」のサイトを見ました。うぅ、どうしましょ!マンゴー冰」おいしそう!
でも、それだけじゃ済まなさそう。いろんなものに手を出しそうです。
Commented by kouchie74 at 2006-09-24 19:44
夜市に行っていなかったの。残念でしたね。
基隆と言えば夜市と碧沙漁港ですよ。
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-24 20:32
>kouchie74さま
そうなんですよ。基隆のあと九份にも取材に行かなくてはならず、残念ながら夜市はあきらめたのです。
それと、他の旅行案内本であまり紹介していないものを取材しようってことで...。
それでも、やっぱり基隆にも行くことが出来てよかった。
沢山の人に親切にしてもらっちゃいました。
<< 台湾<基隆『民間美術號』 その1> 祖父のカメラ >>