曾祖父たち<白鳥芝朗と宮本臨三郎>

香港好きになったきっかけとして、昨日レスリー・チャン(張國榮/Leslie Cheung)を
ご紹介しました。
レスリーの存在に引っぱられるようにして初めて香港を訪れたのは、ついこの間....中国返還後。
沢山のものが小ギレイに新しくなり、空港も街中にスリル満点でドスンと降りていたていた啓
徳空港ではなくなっていました。広々としたチェクラップコク/香港国際空港。
それでも、初めてスターフェリーに乗った時には、なんともいえない懐かしい気持ちになり
ました。「ああ、ここは昔の横浜港と中華街を合わせて、ココナッツミルクを流し込んだ
ようなかんじの場所だったんだ...」
海の色が横浜と違う。でも、活発に行き交う小船がなつかしく、頭ではわかっていたつもりでも
そこに立って初めて「香港」が「港」だったと本当に理解した次第。

そして香港に惹かれるのには、自分の中に元々下地があったことに気付いたのでした。

私の母方の曾祖父は、祖父の父も祖母の父も船乗りです。まだきちんと調べていませんが、
多分1920〜30年代には客船の船長、機関長として欧州航路、北太平洋航路など当時の有
名な客船は大抵乗っていると明治45年生まれの祖母が言っていました。
祖父は機関長・宮本臨三郎(←もしかして字が違うかも)の息子で、三高時代はボート部に所
属、大学院卒業後は船乗りではありませんが、同様に日本郵船の社員になりました。
祖母は船長・白鳥芝朗の長女で、華やかな娘時代を送ったようです。
やがて結婚した祖父母が1930年代に10年近く住んでいたのが「上海」。
虹口の施高塔路(Scott Road)=現在は山陰路にある「留青小築」21號というのが当時の住まい。
朝、家の前に車(人力車ですね?きっと)が迎えにきて、外灘(バンド)にある日本郵船に通っていました。

戦時中、横浜の家は焼夷弾の直撃を受け何もかもが焼けてしまいましたが、たった一冊、
祖父が日本郵船のロッカーに入れていて助かったアルバムがあります。そこに、唯一の曾祖父
の肖像写真が残っていました。


f0063645_16282421.jpg
絵はがき仕立ての写真を裏返したところ
こんな住所が出てきました。
PHOTO,JOS,DELVILLE
95 RUE DES PEIGNES
—ANVERS—
...フランスでしょうか???
※追記:にむらじゅんこさんから、
ANVERSはアントワープ@ベルギーの
ことだと教えていただきました。
ありがとうございました。

「白鳥芝朗  鹿島丸船長時代」
という書き込みがあります。
※鹿島丸は日本郵船の欧州航路就航船舶 - 大正期
というところに説明が少しあります。


私の頭の中にあるのは、祖父母や母たちの会話の断片ばかりですが、手許に残った僅かな資
料と記憶を頼りに、これから少し昔の事を調べてみるのもおもしろいかな...と今思っています。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-09-13 16:53 | Comments(16)
Commented by gtchawk2002 at 2006-09-13 18:57
珍しいですね。。。
Commented by Chinchiko Papa at 2006-09-13 23:36 x
「鹿島丸」は1913年(大正2)の竣工ですから、もし昭和初期まで船長をされていたとすると、数多くの画家たちをフランスのマルセイユへ運び、また逆に日本へ乗せて帰ったんじゃないかと思います。
乗船名簿があると、面白いことがたくさんわかりそうですが、空襲で焼けてしまったでしょうか? 外務省の渡航名簿には、大正当時、渡仏した人たちの名前がいまだにわかりますが、乗船した船名まではわからないでしょうね。ちなみに、佐伯祐三がよく利用した船は「白山丸」です。
さて、「鹿島丸」には誰が乗っていたのでしょう?(^^ あっ、村山知義がドイツへ向かったのは、「鹿島丸」でしたね。
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-14 20:55
>gtchawk2002さま
私が生まれた頃には、祖父母も両親も慎ましい暮らしでしたが、昔の話を聞くと夢があって素敵でした。曾祖父たちは、もちろん当時の香港にも行っていましたよ!
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-14 21:16
>Chinchico Papaさま
鹿島丸に乗っていた時かどうかわからないのですが、竹内栖鳳、藤田嗣治...この辺は絵も家にあったそうですし、確実です。それと、宮下左右輔医博前夫人の秋子が藤原義江を追っていったときの船長は曾祖父だと聞きました。
何とかの宮様が...というのも聞きましたが...お名前が思い出せません。
日本郵船に問い合わせられるのは「海上社員乗船記録調査」で、本人の在籍期間などもわからないと調べていただけないのでちょっと困ったな...と。なにせ、祖母・母・私と「うろ覚え三人組」ですので。乗船名簿は、そのほとんどが船もろとも海に沈んだというようなお話を、歴史博物館で伺いました。
それにしてもChinchico Papaさん、ほとんどポアロかホームズのようですね。
Commented by greenagain at 2006-09-14 23:43
歴代の御先祖が船乗り!かっこいいですね。
貴重な歴史です。
書籍化希望します!光子さんのイラストをふんだんにお願い致します。
Commented by Chinchiko Papa at 2006-09-15 13:00 x
> 船名簿は、そのほとんどが船もろとも海に沈んだというようなお話を、
> 歴史博物館で伺いました。

「鹿島丸」も、米軍の潜水艦に撃沈されていますね。もし、乗船客名簿が残っていたら、どれほど貴重な資料になったかと思うと残念です。もうひとり、「白樺」の有島武夫も鹿島丸で渡欧しているようですね。ちょうど同時期、横浜生れの今東光の父親も、日本郵船で船長をしていましたから、白鳥キャプテンの同僚だったのではないでしょうか?
渡欧してひと旗あげようと考えた当時の画家たちは、基本的に貧乏でしたから1等船室で航海した人は少なく、たいがい2等以下の船室だったようです。そうなると、船長と親しくレストランで食事をする機会もなく、たまに最上デッキから下のデッキを見下ろすと、絵を描いている客がいるから画家かな?・・・と、白鳥船長は思われるぐらいじゃなかったかと。(^^;
藤田嗣治ぐらい有名になると、1等船室を利用したでしょうね。佐伯祐三があの格好で、1等船客に混じってレストランに入ってきたりしたら、即つまみ出されてしまったのではないかと。(笑)
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-16 00:28
>greenagainさま
祖母は昔の話をすると、すごく生き生き嬉しそうな顔をしますので
できたら、色々調べてあげたいというのもあるんですけど...。
書籍化は、調べるのが私ではなくChinchico Papaさんだったらあっという間に
中身の濃いものが出来ると思いますが、私だとペラペラのリーフレットがせいいっぱいかと。
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-16 00:54
>ChinchicoPapaさま
そうですねぇ、鹿島丸そのものにはチャップリンやジャン・コクト—なんかも乗った記録があるようですが、曾祖父がどの時期に乗っていたのか調べない事には...ですね。ジャン・コクトーは鹿島丸での船旅が随分気に入ったようで、「サービスは素敵、酒蔵はとびきり!」とほめていたそうです。パリの社交界で呑むより、おいしいワインが揃っていたのを喜んでいたらしく。さきほど、祖母から聞き書きをしたメモの切れ端を見ましたら、他に乗った船に「賀茂丸」「龍田丸」などの名前も挙がっていました。忘れてた。
Commented by chacobi at 2006-09-16 20:32
なんだか、とても素敵なお話です。。。
だからでしょうか、光子さんが上海に惹かれる理由は。
身体の中のお爺さまのDNAが呼んでいるのかも知れませんね。
そう思うと、私の祖父は材木問屋を営んでおりましたので、今私が建築の仕事に携わっている訳はその繋がりがあるのかも知れませんね。特に昔の家にとても興味があって「この家に使われた木はもしかして、、、」などと思うと不思議な気持ちになります。。。
そういうことを辿っていくと楽しいですね。。。
Commented by r-work at 2006-09-16 22:42
光子さんの以前からのお話から勝手に推察して、光子さんのお宅には
なにかロマンが漂うなあと思っていたのですが、なるほどなエピソード
ですね。たしかにDNAには「どこから来たのか」ということが、はっきりと
刻まれているわけですから、惹かれるものには訳があるのでしょう。
未来へ描き残すことが光子さんのDNAからの使命なのかも…。
Commented by nao at 2006-09-17 23:06 x
なんと!
フランス、香港にひかれる血の源がここにあったとは!
本当、ロマンを感じずにはいられません。
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-18 11:17
>chacobiさま
素敵かどうかははわからないのですが、上海に惹かれる理由はやはりここにあると思います。
それと、母方の母方...というように辿って行くと、全員絵を描く人だったりします。性格的に絵を描くのを好むタチが遺伝しているのか、環境のせいかわかりませんが。曾祖父も、本当は画家になりたかったそうで、あまりのうまさに私など悲しくなってしまいます。藤田嗣治と絵を描き合って船上で交換したこともあると聞きました。
chacobiさんの木の話、いいですね〜。(それって、本気で調べたらいつどこの家を建てるのに何の木を売ったかとかとかわかるのでしょうか?)
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-18 11:28
>r-workさま
小さい頃(特に法事の時とか!)大人たちが話す思い出話をじーっと聞きながら、上海や港の話を拾い上げては空想にふけっていました。大人の言葉の断片を繋ぎ合わせて、その風景を妄想したりとか。。。
でも、母に尋ねると「そんなに上海の話なんてしていないわよ」と言います。そうなのかなぁ...。
色々描きたいのですが、力が伴わないのがもどかしい。
あまり真摯に一つのことを追求するのが得意ではなく小さな頃から浅く広く...というチャラチャラしたタイプだっていうのが情けないです。誰に似たんでしょ。
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-18 11:33
>naoさま
私が小さい頃には何もなくて、大人たちの思い出話と昔の面影の「空気」だけしかありませんでした。
それで、かえって想像をたくましくして育ったのかもしれません。
海の向うはどんな世界だろう、上海ってどんな所だろう。欧州航路って?
船上のプ−ルで泳ぐって、どんなふうに?など、わからないことだらけでしたから。
Commented by Junquo at 2006-09-20 07:18 x
Anvers は、ベルギーのアントワープのフランス(ワロン)語表記ですよ。鹿島丸ですか!かっこいい。スコットロードは、わたしの好きな道のひとつ。ゾルゲ事件の尾崎秀実も、ここに住んでいましたね。訪ねたことありますが、大正時代にあるような、メートル法でなく、尺寸でつくられたような、小さなかわいいモルタル式長家でした。残念なことに、今、スコットロードは大改築中です
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-21 00:41
>Junquoさま
まぁじゅんこさん、あれはアントワープなのですか。この通りが今もあるかどうか調べてみなくては。スコットロード、大改装中だとは。留青小築は内山書店の裏手、魯迅の故居がすぐそばにあるようです。西洋と日本の建物の折衷だとどこかに書いてあったような。どうなったでしょう?
<< 上海/施高塔路(Scott R... 9月12日 レスリー・チャン/... >>