台湾で檜の風呂桶、買いませんか?<林田桶店>

先日の「I Can!」や「台北當代藝術館」に行く途中、中山北路と長安西路の交差点の角に
古めかしい台湾風バロック洋式の建物発見!
見ると沢山の木桶が店の軒先にまで溢れ出ています。
近づいてみると風呂桶はじめ、杉や檜の桶、桶、桶...どれも日本で昔から見かける
スタイルのものばかり。
なんだか、日本人としては郷愁がそそられるなぁ....買って帰りたい!風呂桶を!!
林田桶店」という、サビにサビた貫禄満点の看板が。(写真では奥にある看板)
経営者は「林田」といっても日本人ではなく台湾人の「林相林さん」。
(台北では店や会社の名前を日本風にしているところ、時々見かけますね。)
一代目の林さんのお父様がこの店を始めたのは1928年(昭和3年/民国17年)。
二代目の林さんは13、4歳の頃、基隆にいた日本人の親方のもとに修行に出され、
腕を磨いたのだそう。
民国50年代(ってことは...1961年?)位までが木桶業が最も盛んだった頃で、
林さんの記憶によれば台北に30軒ほどの木桶屋があったそうです。
その後、安く手に入るカラフルなプラスチック製品の出現で完全に競争力を失ったとのこと。
林さんは今でも、店の一角で作業を続けています。

f0063645_22263933.jpg

f0063645_22271755.jpgf0063645_22273182.jpg

f0063645_22274791.jpgf0063645_22455843.jpg
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-09-02 22:42 | 散歩と旅・建物 | Comments(6)
Commented by riccaland at 2006-09-03 00:38
昨日から、とっても台湾に行きたい病が発症しちゃってる私…。
林さんって、人間国宝の指定を受けてらっしゃるんですよねぇ~。
私も、台湾に行ったら、ここで何か買って帰りた~い!って思いながら
ガイドブックで見ていたところです♪
こういうお店、日本でも少なくなってるから、貴重ですよねっ☆
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-03 01:15
>riccalandさま
そうなんだ、林さんは人間国宝なのか....。
では、ぜひとも檜の風呂桶を買ってお帰りくださいませ!え?だめ?なら飯台でも...。
遠くから見ても、かなりの存在感のお店でした。
周りにあったほかのお店は既に朽ち果ててしまい、取り壊したようでした。
無垢の木ってやっぱりいいですねぇ。
....でもriccaさん、台湾は美味しいものが唸るほどあるので滞在中忙しいかも。
Commented by yaliusat at 2006-09-03 05:28
素敵な桶屋さんですね。昔の侯孝賢の映画(「風櫃の少年」とか「童年往事」)に出てきそうな感じ。
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-03 22:25
>yaliusatさま
台北を歩いていると、侯孝賢の映画の面影がそこかしこに。
日本ではこの秋公開の「百年恋歌」(原題:最好的時光)を楽しみにしているところです。
短い滞在とはいえ、台湾に行ったあとは空気を思い出しながら観られるかな、と思って。
桶屋さんは、そこだけ時間の止まった異空間のようでした。職人仕事っていいなぁ。
Commented by kouchie74 at 2006-09-11 07:49
実家の近くにもこのような店があります。
でも子供頃このような風呂桶を使ったことがないですね。
ドラム缶だったらありますけど。^^
今考えてみると珍しい経験でした。
Commented by kadoorie-ave at 2006-09-12 09:38
>kouchie74さま
ドラム缶のお風呂は、ご実家で使っていた時期があるということ?
それとも何かイベントで?
私の小さい頃は、実家や祖母の家のお風呂はこういう木の風呂桶でした。
父が時々裏庭で薪を割っていて、手伝いをした記憶もあるなぁ。懐かしい。
<< 入ってみたかったのだけど...... こんなところもあります<台北國... >>