台湾の第一印象って....。

私の台湾の知識は、中華圏の映画に夢中になってからの表面的なものです。

香港の返還の頃、アクションやコメディーではない香港映画にビックリ&ゾッコン→
中国本土の映画の色彩が深くて美しいので、心惹かれる。ついでに文化大革命にガーン。
色んな世代の監督の目から見た映画で文化大革命を考える。
そのあと若い監督たちので今の中国を考える→

f0063645_103325100.jpgクラクラしながら今度は台湾の映画。
ホウ・シャオシェン(侯孝賢 )の「非情城市」がしみる。

大慌てで他の作品も見て、ツァイ・ミンリャン映画ほかなんでも見る。→

その間に「中国」「中華」関連で堅苦しくない本は、意地汚く読みあさる、音楽を聴く。
京劇を観たり市民講座『中国を知ろう」に出たり。→
スカパーで台湾のテレビを見る。
(北京の普通話と台湾の北京語って随分発音が違うんだなぁ....と思う)



....という具合。本当のことを言えば、最初は映画で香港の俳優トニー・レオンに興味を持って、
気付けばレスリー・チャン(張國榮)のことで頭がいっぱい。
全ての道はレスリー・チャンに通ずなのです。

芸能情報ではなく、彼のことが理解できるならどーーーーんなことでも知りたかったのです。
ルーツとなる中国文化全体や、彼を取り囲むこと何でも。
(あまり語らないようにしてきたのですが、中華関連のことを話すとつい.....。)

おかげでレスリー・チャンが亡くなるまで、作る料理も週5日中華。特に香港家庭料理を。
あとの二日は純和食、日本人だってことを忘れない為に。またはフレンチ、イタリアンなど。
(今も死ぬほど好きなんですが....張國榮。。。)


f0063645_10155652.jpgハッ!!話がすっかり逸れてしまいました。
台湾のことでした。

とりたてて
台湾映画以外からの先入観もなく、台北についたのでした。
香港に初めて行ったときのように「異国情緒」を感じて緊張するかと思ったら、別に何も......。
南国の空気や色彩ではあるけれど、走る車の様子も、建物もそんなに日本と変わらない。
そこかしこから聞こえてくるのは「演歌」!みたいな曲ばかり。
でも「楽園の憂鬱」のような南国特有の倦怠感みたないのはあるかなぁ....というところ。

香港に初めて行ったときは「帰って来た....!!」という思いがして、
泣きそうになったものでしたが。

台北市内にタクシーで入ったときは....。
建物はみなそんなに大きいものが目立たない。町並みは垢抜けた色ではない。
そんなに古いものも見当たらず、ピカピカ新しい訳でもない。
東京郊外か、地方都市に来ちゃったようなかんじ。

それにしても、なぜみんなこんなに煤けているの?煤けているというより、排ガスまみれの
ねっとりした汚れかたなんですけど.....。どんより淀んでいる。
何もガッカリしないけど何も期待しない、そんな感じ。
(なんせ、もともとPARIS好きです....)

f0063645_10153629.jpg

上は街に感じた基本色。濃いめの緑色とレンガの色、またそれを薄めたような色。黄色。
これがついたばかりの第一印象。(なんですって!なんて怒らないでね台湾好きのお方。)


ただ、不思議なのは緊張しやすい私が、ダラ〜ンと穏やかでいられて
街に、慣れない人を排除するような空気が微塵も感じられない所でした。

さて、この第一印象がどんな風に変化するのでありましょうや?

※追記:greenagainのみどりさん!私が広東語を勉強しようと思ったのはコレ↑ですよ、コレ。
   レスリー・チャンがきっかけですよ〜
大きな声では言えないけど。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-07-19 10:44 | 散歩と旅・建物 | Comments(8)
Commented by greenagain at 2006-07-19 11:58
え、立派な理由ではありませんか!(^^)!語学上達の一番の動機付けだと思いますよ。
素敵な解説、ありがとうございます。精進をされたのですね。敬服致します!
中国映画、つい渋いものに目が向きがちで(「山の郵便配達」など)、イケメン映画はまだ左程見ていません(あ、深夜、ユン・ピョウだったか、アクション映画が面白かった記憶アリ)。
街に感じた基本色、興味深く拝見しました。渋い色!
建物、またまたお上手ですねー。車がぷぉーんと走ってる(笑)!
よし、だら~んとしに台湾だっ(いつか、そのうち)
素敵な記事、ありがとうございました!
Commented by GG-1 at 2006-07-19 14:04
彩度が高い街は華やかかもしれないが疲れます
住むなら、くすんだような脱力系がエエですな
気温が高く日差しの強い所は派手目が多いと思いますが
眠っているような活気(?変な言い回しだな)が緊張しなかった原因では
Commented by たんげ at 2006-07-19 18:37 x
私が台湾に抱いていた想像のイメージとピッタリです!!!

私はツアイミンリャンの映画に出てくる台湾がリアル台湾だと思ってて
「なんて日本のさびしい郊外都市っぽいんだ!!」と思ったので。
すすけててさみしくて、全部グレーな感じ。

でも嫌いじゃなかったな。
Commented by kadoorie-ave at 2006-07-19 23:24
>greenagainさま
非常に純粋な理由で広東語を勉強しようと思ったのはいいのですが
よく考えたら暗記とお勉強が大嫌いだったのでした。
街で相手の雰囲気を飲み込みながら、調子を合わせていくほうが合っているみたい。
イケメン映画にはさほど興味がありません。アクションも、元々は興味がありませんでした。
今は楽しむようになりましたが....。渋いものから、ラブコメディーあたりまでが元々好きなもの。
昔、香港映画ってぎゃーぎゃーうるさいと思っていたのですが
よく考えたら、テレビの「日本語」に吹き替えされたのががうるさいのでした。
広東語は、よく喧嘩しているようだなんて言われるようですが
そんなことはない。音がやや低くて、キンキンしたところがないし、角ばった音もない。
リズミカルな話し方できもちい〜〜です。
Commented by kadoorie-ave at 2006-07-19 23:31
>GG-1さま
脱力系、ですね。台湾は。穏やかです。
最初にちょっとガッカリしたのは、ビルの外壁が70〜90年代のテラテラしたタイル貼りがほとんどってことです。
枯れた塗装やモルタルっていうのがあんまりないんです。
なんていうか...場末のスナックやカラオケ屋さんを思わせるような...。
でもね、なぜかそれが愛おしく思えてくるんですよね...。
(河も空気もバッチかったが....。)
Commented by kadoorie-ave at 2006-07-19 23:42
>たんげさま
そうそう、あんな感じです。
だから、降り続け得る雨が台風の影響だとわかっていても映画「Hole」を思い出してしまいました。
香港のスマートさとはまた違う、演歌の似合う街。
それでいて、アッと驚くお洒落な場所とかあるんです♪
肩肘張らず、何もかも敷居がひく〜〜い。気が楽です。
犬も放し飼いが多く、薄汚れていたりするのですがうるさく吠えるものも少なかったな〜。
その辺でテキトーにゴロゴロしているからか。
動物までもが、いい表情でのんびりなのでした。(あくまでも、日本人から見たら...の印象。)
Commented by hao3chi1 at 2006-07-20 06:34
おかえりなさいませ〜。レスリーが生きてさえいてくれれば、私は広東語学習に邁進していたことでしょう。ううう。レスリー亡き後、気が抜けてしまい、香港映画すら観ておりません。
台湾旅行記、続編を楽しみにしております。
Commented by kadoorie-ave at 2006-07-21 11:41
>hao3chi1さま
ただいまです。今になって放心状態。(仕事はしているのですが....)
取材の旅先でも、帰って来てすぐにでも当たり前のように仕事を続ける、
そういうライターさんやエディターさんたちを見ていると尊敬で目がまんまるになります。
(私もそうなりたい、ならなくちゃ!)
広東語、やはりそうですか。私も同じです。広東語そのものが好きなのでもっと勉強する気は
あるんですが、現地に行かないと吸収しない、やる気が出ないみたいです。
<< さあ、夜市に繰り出そう。<寧夏... ただいまです!15日夜、台北よ... >>