MADE IN HONG KONGの駱駝牌水壺(2) 駱駝牌の古い工場がホテルになるって!!??

九龍灣宏基街3號にある古い工場はこれ。画像はGoogleのストリートビューから拾った画像です。こういうのが好きな人には沁みる建物だと思うのだけど...
f0063645_02280409.jpg
場所は九龍灣宏基街3號 新駱駝大厦!
f0063645_02281367.jpg
f0063645_02281086.jpg
建物を向こう側の宏光道から見るとこんな外観。↓
f0063645_03263866.jpg
宏基街側の屋上に近い部分の壁には、駱駝牌のマークが大きく入っていてかっこいいんです、あぁたまらない!入口の「唯一冷熱水壺廠」の文字もいい!
そう「唯一冷熱水壺廠」というのが駱駝牌の会社の正式名称です。建物の中に入れなくても外側だけでも実物見たいものです。見なくては!まさか取り壊されていたりしないでしょうね...?

そこでHandsome Co.の人にまたメッセージを送って確認することにしました。
私:『九龍灣宏基街3號にある古い工場は、まだ稼働しているのでしょうか。または九龍灣ではもう生産はしておらず、九龍馬頭圍道の義達工業ビルを中心に生産している状態なのですか?』
九龍灣宏基街の新駱駝大厦を見学することはできますか』

Handsome Co.:『今は九龍灣の建物は工場としては稼働していません。この建物はもうすぐ改修され、ホテルに生まれ変わります。
        工場内は安全が確保できないので、立ち入ることはできません。』

な、な、なんと!!ホテルになるって!??
枯れきった工場の姿を見たかったーーー!でもホテルに生まれ変わるというなら、あの建築を壊さないということか?

私:『どのようなホテルになるのですか?』
Handsome Co.: 『ホテルは、新駱駝大厦のオリジナルの特徴の多くを残しています。ホテルは会社の歴史をそこに留め、記念するものになると思います。
        壁のアートからカーペットに至るまで、すべてのものが駱駝牌とは何かを物語っています。
        いくつかの部屋や廊下には、駱駝牌の古いパッケージや製品を元にしたイラストを飾る予定です。(←そのイラストはHandsome Co.が製作します)
        工場だった頃の様子がわかるように、ホテルの壁の一部はむき出しのコンクリートのまま残されます。
        近い将来、あなたもそのホテルを訪れることができますよ。』

そうだったのか。知ーらーなーかったよーーー!
ネット上で調べてみたら、なんと既にホテルのサイトも出来上がっていました(サイト内に未完成の部分はありましたが) : CAMLUX HOTEL 君立酒店
なかなかスタイリッシュで美しいホテルじゃぁありませんかっ。ベッドに付いているランプの傘が魔法瓶の頭でできていたりするようだし♪ アイディアがユニーク!
f0063645_03492691.jpg
GoogleMapを見ても、既に「君立酒店」の名に変わっています。宏光道側から見ると、こんなふうになってたんだー!
f0063645_03361173.jpg
そんなわけで、これは実際に香港で駱駝牌の関係者にお会いして確認しないといけないな...と思ったワタクシでありました。
(MEMO : 3月31日に確認した時は予約はまだできない状態で部屋の価格表示も無かったたのに、4月1日にはもう予約できる状態になっていました。早っ!
     黄埔の工場でお会いした駱駝牌のおじさんの言ったこと、またはそれを通訳してくれた友達が間違っていなければ、三ヶ月後をめどにオープンしたいって言っていたような気がするけど...
     違ったのかな。三日後だったの???)



[PR]
by kadoorie-ave | 2017-04-02 03:38 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)
<< MADE IN HONG KO... MADE IN HONG KO... >>