展示したもの<街歩きシリーズ「灣仔 THE BLUE HOUSEの蒼い扉」


f0063645_15401361.jpg以前(2006/5/1)ご紹介した灣仔(ワンチャイ)の
古いアパートメントの一階部分の扉が
香港の...というよりも、
英国そのものといった風情でした。
それがおもしろくてイラストに。


実物のイラストのほうがもうちょっと
色が強いのですが...
ま、いいか..ということで。
お許しください。

なかなか凝った造りのドアで、
中央の「MAILBOX」のプレートが
往事を思わせます。
けれど、今の住人がチャイニーズだと
いうことはドア上部の武将の絵や
入り口両脇の植木の様子などで
よくわかります。


女の子のチャイナドレスは、’50〜60年代に流行った体にピッタリしたタイプのドレス。
襟を高くしてちょっと映画「花様年華」の形を意識してみました。
似合いさえすれば着てみたいです....今のキンキラチャイナドレスには余り興味がありませんが
本当にエレガントだったこの時代までのチャイナドレスは着てみたい。。。
(ものすごく、とぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーい夢。
だって着ればいいんじゃなくて「素敵に着こなしたい」んですから。)

さてさて、いつもの「レイコさんの台所ノート」で、
コロコロこんがりおいしそうなオリーブオイルパンを見ていたら、
急に自家製が食べたくなって、自分の15年来の定番パンに久しぶりに挑戦。
「回数を重ねるしかない」という言葉も書いてあったな....
そうですよね〜、ここのところ忙しさにかまけて作っていなかったから相当腕が落ちたかも....。
(腕が上がっていなかったものが、落ちたのですシクシク)
腕が落ちた仕上がりでも♪全然気にならない〜♪....のも問題ですが。

「胡桃とカレンズ入り田舎パン」です。

f0063645_16103327.jpg

粉だけは、フランスパン専用粉「パリジェンヌ」とフランス産石臼挽き小麦粉「ムール・ド・ピエール」を使用。
捏ねは500gのドウが入るフードプロセッサー「Cuisinart DLC8PLUS」というのを使っていますので
2分ばかりで終ってしまうのです。気の短い私にピッタリ.....トホホ。
釜伸びが今ひとつだったとか、捏ね過ぎのせいかキメが細かくなり過ぎたとか
反省は色々ありますが....やっぱりおいしーー!!
この香りは全部私のもんだし♪外は一応パリパリ、中しっとり。
もうちょっと皮がしっかり、バリッとしているといいのですが、どうしたらいいのかわかりません。

プロっぽい厳しい目で....見てはだめです....。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-06-19 16:27 | イラストの仕事 | Comments(14)
Commented by 9630tk2 at 2006-06-19 19:01
そうですね~、いかにもというドアですね~。物凄くいい雰囲気が
でていますね~。何か食べてますね?!!多分僕の感では甘梅
じゃないでしょうか?(笑)レイコさんの台所はみんな見ていますね!!
Commented by fuu-koubou at 2006-06-19 20:01
光子さん、パリジェンヌとムールドピエールを使うあたり、
お主、只者ではありませぬな・・・・(笑)
どちらも本当に美味しい粉だもの。それをご存知なのですから・・

秘伝の(!?)レシピ、本日発送いたしました。
今日の午後だから、明後日かしらね、届くのは・・・。
Commented by yamomet at 2006-06-19 22:39
光子さん、翡翠色のドアが素敵です。
個展の時の古い洋館探検の時の光子さんの話を思い出し笑いしてしまいましたけど。
光子さんが大好きという50~60年代のチャイナドレスが好きなんだぁ~!というオーラは一瞬で伝わってきました。
今日はぱっと訪れた時にこのチャイナドレスの女の子の「脚がすごくきれい。身体のラインが整っててモデルみたい。」とあたかも実際の写真のように見てしまいました。香港の翡翠マジックなのかなぁ・・・・
いえ、だからといっておぢさんが若いこういう感じの娘に下心などがあろうわけが……                       (自爆)
Commented by r-work at 2006-06-20 00:28
蒼いドアのすてきな感じに、お茶目なチャイナドレスのすてきな女性が
加わると、とたんに生き生きとした光子さんワールドに
入り込んで、楽しませてくれる…。今日もなるほどなあです。

TBありがとうございます。うれしいです。粉モノの輪が広がって(笑)
ふうちゃんも書いてらしたけど、さすがに粉の使い方からして違い
ますね。そんな粉…見たことない初心者です。スーパーの粉で
やってますので、そんな粉を使ったらどんなんだか、わくわくです。
私のとっても好きなパンです、こういう手のものを食べると、
おすしのようにまた、抱え込んで食べてしまいそうなので、コワイ~。
Commented by humsum at 2006-06-20 06:00
おはようございます!
ドアのメールボックスのプレートとチャイナドレスに目がいってしまいます
同じ色合いだからでしょうか..50〜60年代に流行ったドレスなんですね
素敵ですね..田舎パンの外側、パリパリの部分を齧ってみたいです!!
Commented by kadoorie-ave at 2006-06-20 10:16
>9630tk2さま
よくおわかりになりました〜!甘い干し梅「甜話梅」です。それもね、
コーズウェイベイの老舗駄菓子屋?「么鳳」の袋を持っているんです。
Commented by na_geanna at 2006-06-20 13:12
光子さんって、絵も上手なら料理も上手なのですねぇ~
うらやましいなぁ・・・
光子さんのところにUPしてある香港の画像っていいですね!
生活感と色んな文化がクロスオーバーしてる感じが
一杯にじみ出てきて、とっても素敵です!
ちなみにこちらの方ですが・・・恐怖感が漂う場所なら一杯
ありますけど・・・どうですか?
Commented by kadoorie-ave at 2006-06-21 00:50
>fuu-koubouさま
こういうのを猫に小判、××に真珠というのです〜。
このフランスパン専用粉を使うたびに、粉に申し訳のないような気もしたりして。
近所においしいフランスパンを売るお店がないのです。食事パンがない。
ふうさん、夜おそく帰宅しましたらポストにふうさんからの秘伝のレシピが
届いていました。ありがとうございますーー!
Commented by kadoorie-ave at 2006-06-21 11:14
>yamometさま
そうなんです。この絵は女の子のスタイル命、のイラストなんです。
50〜60年代のチャイナドレススタイルはピッタピタなので
こんなスタイルの子なら素敵に着こなせるだろうなぁと。
そして脚なんですが....これは私が子供の頃の祖母の脚を思い出して描いたんです。
幼心にも、祖母の脚がきれいでうらやましかった...シャープなかんじで
こんなパンプスを履いていたのがうらやましかった覚えが。
なーんにも遺伝しませんでした、うーむ残念...。
Commented by kadoorie-ave at 2006-06-21 11:14
そういう小麦粉ならば、技術のない分を補ってくれるのではと期待いたしまして。
なんとなく、素朴さと香ばしさが出たような気が...でも、レイコさんのように分析できないので
本当の所、どれほど違うのかはわかりません...。
Commented by kadoorie-ave at 2006-06-21 11:59
>humsumさま
ドアを見ていたら、こんな女の子が似合うんじゃないかなと
イメージが浮かんで来たのです。
実際は、この建物が新しかった頃どんな人が住んでいたんでしょう?
田舎パン、くるみが大好きなので色々なパンにチャレンジしても
結局このパンに戻って来てしまいます。
Commented by kadoorie-ave at 2006-06-21 12:02
>na-geannnaさま
もっぱら、私の興味は「これってどうやって作るのだろう...?」というところに留まっているようです。
それをさらに追求して「究極の良いものを作ろう...という向上心もあればよかったのですが。
「このくらいでまぁ、いいか」というところですぐに興味も一休み...。
Commented by GG-1 at 2006-06-21 15:28
魅力的な建物だけでは魅力ある絵にはなりませんね
何時もながら光子さんの絵は、生き生きとした人物が添えられてますね
人々に愛され使われてこその、生きた建物になる気がします
チャイナドレス姿の魅惑の光子さんは、個展時に見れなくてちょいと残念
着こなすと言う事は、体型がうんぬんではなく本人に魅力があれば良いではないですか
楽しく朗らかなチャーミングな方とお見受けしましたよ~
遠くない遠くない♪
Commented by kadoorie-ave at 2006-06-23 00:36
>GG-1さま
どうも私は、人を観察したり描いたりしているのが好きみたいです。
建物を眺めていても、その中に空想の人物を当てはめて
勝手にストーリーを膨らませるクセがあります。
チャイナドレス、そうですね。モタモタしているうちに何時お迎えが来ないとも限らないし
早く着てみないといけませんね。
ただ、「もし無駄な部分をそぎ落としたら、中からすっごくスタイルのいい私が飛び出して来るかもよ???
そうなってから着るほうがいいかもしれないな〜」などと、
おめでたい妄想にとらわれて...。
<< 展示したもの<筲箕灣「あんなと... 展示したもの<街歩きシリーズ「... >>