粤東磁廠の記事

「香港右往左往」シリーズの途中ですが、香港在住の喜喜さんが、「小野寺さんもこの食器屋さんに行ってましたね」と香港の新聞記事の画像を送ってくださったのでご紹介しますね。
f0063645_12330695.jpg

九龍灣にある食器の店、粤東磁廠についての記事です。
最初、すわ結業(閉店)の話かと青ざめましたが、そうではなくてひとまずホッとしました。
問題は絵付け職人に後継者がいない、という話。何処も同じかぁ…。(後継者に困っているとなるとやっぱり香港に行くたびに行っておいた方がいいかな...??)

粤東磁廠:http://www.porcelainware.com.hk/
Facebookページ:https://www.facebook.com/yuettungchinaworks

広い店内なのに、天井から床まで食器でびっしり、歩く隙間も僅か。少しでもよろけたりすると、積まれた食器たちもブルブル震える、器の魔窟状態です。そんな中からお気に入りの食器を見つけ出すのは本当に楽しくて、時間を忘れてしまいます。
そして時折ほんの少し視界が開けたと思うと、絵付けをしている職人さんの姿があるのです。記事の冒頭を読むと1928年の創業のようですから、それ以来ずっとこうして絵付けをしてきたお店なのかな。ペニンシュラホテルの食器も担当していて、そのB級品が手に入るということから、日本人が比較的訪れる店でもあります。

いらっしゃる場合、手は埃まみれになります。手荷物はコンパクトなほうがよいです。器好きのかたは時間を忘れてもいいように、ゆとりを持ってスケジュールを組んだ方がいいかもしれません。



[PR]
by kadoorie-ave | 2016-04-23 09:03 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)
Commented by shinmemo0417 at 2016-04-24 10:17
しばらく香港行ってないけど
パン屋も食器屋も魅力的だね
行きたい虫が、フツフツと
Commented by kadoorie-ave at 2016-05-03 17:10
shinmemo0417さま
ふと気づくと、初めて行った頃の建物がどこにもなかったり、町の人の暮らしを成り立たせてきた店が、メインランドからの客向けのブランドショップとドラックわストアだらけになっていたりなど、変化していく香港をヒシヒシと実感しています。が、若い人を中心に、新しい動きもたくさん。また、郊外のおもしろさにも気づきました。機会があれば是非!
<< 香港右往左往 2016年2月 ... 香港右往左往 2016年2月 ... >>