香港右往左往 2016年2月 (その7) あれ?アレがない! その3

香港に着くなり失くしてしまった手帳の顛末。
香港右往左往 2016年2月(その2)銅鑼灣へ

香港右往左往 2016年2月(その5)あれ?アレがない! その1

(※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます)

f0063645_05181023.jpg
こうして、無事私の元に帰ってきた手帳。
私にとっては大切だけど、貴重品でもないものを、なんでわざわざ!?それだけに、嬉しくて嬉しくて。

人でごった返している広いレストランのホールを、運転手さんが迷いもせずに、私めがけてズンガズンガとやってきたのにもびっくりしたなぁ。お客の私の容貌を、なーんとなーく覚えていたのでしょうか。偉いものですなぁ!

おかげでその晩の食事は楽しいが上にも楽しく、美味しいが上にも美味しく食べられました。

偶然が重なっているのだとは思いますが、20年近く香港に通っていても、これまでに決定的に嫌な目には遭ったことがありません。それどころか、あちこちで香港の人から親切にされまくっていて、どうやって恩返ししたらいいかわかりません。
今回の運転手さんをはじめ、出会った香港の皆さんにとりあえず言っておきますが...
本当にありがとう!!

[PR]
by kadoorie-ave | 2016-03-27 06:04 | イラスト付き | Comments(4)
Commented by hongkonggaffe at 2016-04-02 19:53
香港の人の “ 愛すべきぶっきらぼうさ ” って、背中合わせで “ とことんよくしてくれる “ みたいなことがあるように感じたことがあります。でも、それは知り合えて自分と相手がだんだん距離が縮まった時に、、が多いのでしょうから、この素敵な出来事は、1回乗せただけの小野寺さんに 気持ち一つで歩み寄って下さった運転手さんのお人柄そのものなのですね。
ほんと、お客の顔を(しかも車内のシート越しでしかないのに)憶えてらっしゃるんだなぁ。運転手さんは「手帳のこの予定どおりならきっと手渡せる」と気持ちを強く持って下さったのではないでしょうか?あの階段を上がる時も、テーブルに迷い無く歩み寄って来る時も、ひょっとしたら運転手さんには「なんとかして渡したい → きっと渡せる → あ!よし!あの人だ!」みたいな確信と喜びがあったような?・・・拝見してて嬉しくなって妄想してしまいました。
Commented by kadoorie-ave at 2016-04-04 11:56
>hongkonggaffeさま
戻ってきた手帳を改めて見返したのですが、この時はまだ2月。しかもどんな手帳にするか決めかねて新調したばかりで、ほんの数ページしか使っていませんでした。でも、改めてよく見ると農暦新年の後だったこともあり、中に書いてあったのがほとんどが香港の食材名、広東語を写したメモ、香港に行ったら買うもの、行きたいところ、香港に関連するイラストばかり。(個人情報はなし!) 心優しく男気溢れる司機が、それを見て同情してくれたのかな...(笑)
Commented by kurashiki-keiko at 2016-04-09 01:35
さすがイラストレイター、どんな状況だったかがよく分かりました。
こんな親切な人もいるんですね。心が温まりました。
日本は落とした財布が戻ってくる国、として有名なのだそうですが、香港でも、こんなことがあったなんて。
一人の人の行いがその国(地域)全体の印象を良くも悪くもするものですね。
Commented by kadoorie-ave at 2016-05-03 17:18
kurashiki-keikoさま
今頃お返事書いていて、すみません。香港の忙しいイメージばかりが伝えられることが多いのですが、香港人に親切にしていただいて助けられた方もとても多いんです。目があっただけで笑う習慣はありませんが、かなり暖かい心の持ち主が多いです。(悪い人、嫌な人がいるのはもちろん世界共通ですが。)
<< 香港右往左往 2016年2月 ... 香港右往左往 2016年2月 ... >>