臘月ならぬ端月の『肉仕事』2

さて。今年は臘鴨腿にも挑戦してみました。鴨=duck。ですが中国語ではアヒルのことを指すらしい。さしあたり食料になってくれるアヒルもいないので、バルバリー鴨の腿なら近いかもしれないと取り寄せてみました。今年は試作なので小さめ、雌の腿肉(カネット)1本200g前後で360円ほどでした。雄だともう少し大きいです。

干しは1週間前後というところかな。

f0063645_17265024.jpg
f0063645_17265122.jpg

臘肉より少し、臘腸よりは遥かに作りやすいです。
試してみたい方は、作りたい干し肉の文字をコピペして、「做法」という文字と一緒に検索してみてください。香港や中国メインランドのレシピや動画が出てくるはず。
中国語がわからなくても、いくつかの無料翻訳サイトに入れれば概要はわかります。さあ、あなたも肉仕事仲間になろう♡


[PR]
by kadoorie-ave | 2016-03-02 17:30 | おいしいもの | Comments(0)
<< memorandom.toky... 臘月ならぬ端月の『肉仕事』1 >>