展示会のお知らせ「上海と旗袍 −アンティークチャイナドレスで巡るアール・デコの世界」

来たる10月2日(金)〜9日(金)に、吉祥寺のエスカリエ・セーにてアンティークの旗袍とイラストの展覧会を致します!
「THE GOOD OLD DAYS & GREAT SHANGHAI STYLE 
           上海と旗袍 −アンティークチャイナドレスで巡るアール・デコの世界− 」

※詳細や変更点などは随時こちらに書き足してまいります!
※10月4日(日)のトークイベントは既に満席となっております。なお、大変恐縮なのですが、会場にゆとりがないため、トークイベント中参加者の方以外はご入場いただけません。
(14:00開始/15:30頃終了予定)


 ●広岡今日子のサイト:「大上海糖果號」
  広岡今日子の著書など:amazon.co.jp
 ●小野寺光子のイラストサイト:「MITSUKO ONODERA」  
 小野寺光子の著書、イラストを描いた本など:amazon.co.jp

また、Facebookのイベントページも作成いたしました。アカウントをお持ちの方はぜひご覧ください。
  →→ https://www.facebook.com/events/1695846963977320/
-----------------------------------------------------------------------------------

1920-30年代は、旗袍(チャイナドレス)の全盛期。年ごとに流行はめまぐるしく変化し、より美しく旗袍を着こなそうと、女性たちがデザインの工夫に妍を競った時期です。

その流行の最先端が、外国人居留区「租界」をもつ上海でした。そこに暮らす女性たちは、本来の美意識に加え、欧州の最先端モードをいち早くキャッチし、旗袍のデザインに取り入れましたが、同時期に世界的流行を見せたアール・デコの影響を色濃く受けた旗袍も少なくなく、そこにはいま見られる「チャイナドレス」の想像をはるかに超えた美が宿っています。

今回は、広岡今日子のアンティーク旗袍コレクションから選りすぐりをご紹介。さらにその旗袍をまとった女性がいる風景を、イラストレーター・小野寺光子がえがきます。
旗袍の本当の美と、「魔都」と呼ばれ、最も輝いていた頃の上海を感じてください。

● 展示内容
1 上海メイドのアンティーク旗袍と、それを着用した女性を描いたイラストレーションの展示
2 当時のアクセサリー、小物類の展示
3 40年代の旗袍を再現した、香雲紗旗袍販売(大変希少価値のある生地で仕立てられています!)
4 小野寺光子オリジナル小物販売
6 広岡今日子と小野寺光子によるトークイベント  イラストと旗袍でみる上海
・ 10月4日(日)14時〜
・ 先着10名 お茶と小さなお菓子付き 
 (量は大変ささやかですが、今回の展示内容と関わりのあるものを、パティシエでもあった広岡今日子と、香港好きの小野寺が作ってお出しします。)

-----------------------------------------------------------------------------------

f0063645_159653.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2015-09-23 02:16 | Comments(3)
Commented by syo-kunin at 2016-01-01 08:28
光子さん、あけましておめでとうございます!

去年はこんなブログにお付き合い頂き、ありがとうございました!!

今年は健康第一、のんびり過ごして行きたいと思っております。
本年もどうぞ宜しくお願い致します~☆
Commented by kadoorie-ave at 2016-01-02 19:43
syo-kuninさま
ご無沙汰しておりますー!明けましておめでとうございます。
今年こそ心を入れ替え、ブログを充実させたい....と.......思っております...
書き初めのつもりで、やっと新年のご挨拶をアップしたところでございます。
ふつつか過ぎる者でございますがよろしくお願いいたします。
Commented by kurashiki-keiko at 2016-01-25 22:50
漢字でなんと読むのかよくわかりませんが、あのチャイナドレスにも色々あるのですね。
夫の仕事の出張先で買ってきてくれたチャイナドレスは裏地みたいなピカピカした布地で半袖でスリムで
とても私など着られそうもない物でしたが、デザインとか素材も時代によってずいぶん変遷があるのでしょうか。
興味深いです。
<< 謹賀新年! 2016年 【お知らせ】ブログ「ONE D... >>