臘腸(らぷちょん)作り

1月末、臘腸の在庫があと僅かでした。今年の農暦新年(旧正月)は2月19日、蘿蔔糕(大根餅)は必需品。そして蘿蔔糕を作るとなれば、どうしたって臘腸はなくてはならない必需品。
農暦新年までに香港に行く予定はないし、そもそも肉製品は日本に持ち込み禁止なわけだし、さてどうしよう?うーん、どうしよう。
...考えてみれば、あれも人間が作ったもの。作り方さえわかれば、レベルの低いものでよければできるんじゃないの?…買いに行くよりカンタン簡単かもしれない(多分)。何より面白そうだー♪欲しいものでないものは作るのが近道!

そこで、ネットでググりました。検索ワードは「臘腸 做法」。広東語の繁体字または普通話の簡体字のレシピがヒットするので、翻訳サイトにコピペして訳してみる(クラクラするような滅茶滅茶な訳だったりするけれど、参考にはなる)。幾つかのレシピを重ねて大体の作り方を掴み、まずは必要な材料を注文。
腸詰めなので、豚の腸が必要。羊じゃなくてフランクフルト用の豚の腸なんですねー。肉は豚の赤身とバラ肉を生活クラブ生協で購入。さらに信用の置ける肉屋で背脂も手に入れた。広東式の干し肉に絶対必要な玫瑰露酒は家に常備してある。これらを包丁で刻んでよく混ぜて、ムニュムニュと詰めていくのです。
臘腸は燻製にしません。乾燥させるだけ。よって塩分、糖分など調味料も大切ですが、スピリッツである玫瑰露酒の量をかなり入れます。そしてこれが臘腸の特徴でもある甘い芳香を醸し出すのであります。

最初は慣れないので巧く詰められず、泣き出したい気分だったけれど、次第に要領が掴めるように…(なった頃には終わりだった)。
それを約15センチほどの長さに縛っていくと、にわかに腸詰めらしくなってくるのです。空気が入ってしまったところは針で突いてちゃんと抜いておく。これでとりあえず一段落。洗濯用のピンチハンガーに吊るしていきました。
f0063645_5151412.jpg


これに大ぶりの洗濯ネットを被せ、天気の良い日にベランダに出して干しました。

天気の悪い日は、↓網を敷いた上に載せて冷蔵庫内で乾燥を続ける。
f0063645_5151567.jpg



ネットで拾った情報によると、2週間くらいでほぼ出来上がるという話でしたが、うーん、2週間ではまだ柔らかさが残っていた。でも試しに蒸して、恐る恐る食べてみたところ… (下の画像は蒸す前です。形のよくないのを試食してみた)
f0063645_5151688.jpg



あっはっはー!美味しいではないか‼︎(数時間後にもお腹を壊すこともなく、体調に変化もなかったので一応成功でありましょう。)
とりあえず、完全に乾燥してはいないものの、なんとか無事に農暦新年の蘿蔔糕に使うことができたのでした。
残りはまだ乾燥を続けているけれど、とりあえず36本できる予定なので、私の臘腸ライフはしばらくはご安泰なのであります。

(参考)2016年初頭の肉仕事 ↓↓↓


[PR]
by kadoorie-ave | 2015-02-28 04:35 | Comments(4)
Commented by じゅんこ at 2016-10-09 15:32 x
初めまして。突然のコメント失礼いたします。
数年前、息子夫婦から台湾土産でもらってか、「この食べ物は、何てもんだろう?」と探していました。
今年の9月に、還暦のお祝いに台湾旅行に行ってきましたが、息子夫婦もどこで買ったかもわからず・・・・
三越・空港似たような物を買いましたが、思ったような物ではありませんでした。
ネットショップで買いましたが・・・・・

それなら、作ってみようと調べて、こちらにお伺いできました(*^_^*)

道具も・材料も集めつつあります。
あとは、豚の背油と豚腸を買うだけ・・・・・

ネットって、とっても便利ですね。
グダグダ書きましたが、まずは、作り方のお礼まで。
上手くいくかは・・・・お楽しみです。

アヒルの塩漬け卵の月餅も、大好きです。
今回のお土産で買ったのは、残念な味でしたが・・・・・・

Commented by kadoorie-ave at 2016-10-11 10:48
じゅんこさま
はじめまして!お作りになるんですね?
やっと涼しくて乾燥する季節になってきました。
11月〜1月がベストですが、年中蒸し暑い台湾や香港でも作れるのだから、そろそろ大丈夫かもしれません。
「肉を干す」って日本では特別な感じがして、私はついニヤけてしまいます。
どのくらい乾燥させたいかにもよりますが、乾くのに1週間しかかからない時もあれば、
3週間経っても乾ききらない時もあります。
ここ10年ちょっと、肉をいろいろな形で干してきた経験では、
表面がヌラヌラしてきたり、変な匂いがしてこなければ大丈夫...
(と思っています。絶対とは言えませんが。そこは動物的な勘で)
Commented by じゅんこ at 2016-10-11 19:37 x
お返事、ありがとうございます!!フェイスブックもこっそりと覗かせて頂きました(*^_^*)ア●ゾ●で、ハマナスのお酒も購入!!準備万端です。後は、お肉・背油を購入し、時間と気合が一致したら・・・・・GO!!です。質問ですが、お酒の量はどれくらい入れたらよいでしょうか?出来たら、どこかで紹介させて頂きますね。
Commented by kadoorie-ave at 2016-10-16 00:34
じゅんこさま
豚肉合計1kgに対して30cc~90cc。レシピによってかなり差がありますが、私は60ccにしています!
また、台湾式の「香腸」は玫瑰露酒よりも高梁酒を使い、乾燥も1週間程度で済むようです。(例:http://springorchid1.pixnet.net/blog/post/29501965-自製手工台灣香腸 )
<< 香港のアーティスト、Chanq... memorandom.toky... >>