Google 廣東話輸入法

廣東語で書くどころか、話すのも挨拶程度で四苦八苦。そんな私でも、たまには少しだけ広東語で書きたいときがありまして、便利なものはなんでも総動員、手伝ってもらうしかありません。
ちょっと興味深いと思ったものを自分のためにメモ。

まずはGoogle 廣東話輸入法
広東語のピンインで入力するとちゃんと繁体字の廣東話で書ける。



そして「Chinese Alphabet - 中国語の漢字にピンインのローマ字ルビ」というサイト。
まだゆっくり試していないので、感想はそのうち。
こちらは「北京語読み(現代漢語)」/「広東語読み」から選べるようになっているので、広東語を選べばいい...と。
[PR]
by kadoorie-ave | 2013-08-09 15:00 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(0)
<< 一段落!二つ目の峠を越えました。 レスリー・チャン(張國榮)<繼... >>