香港<灣仔の古いアパートメント その2>

さて、昨日に引き続き灣仔(ワンチャイ)の青い建物。
坂を上がって行くと見えるのがこの姿でした。


f0063645_011652.jpg


坂をもう少し上がって、このアパートメントの正面はというと....

f0063645_06222.jpgこんなふう。
GIift Shopとありますが
どこがその店舗部分なのか
よくわかりません。


f0063645_026297.jpg
よく見ると、はげかかったペンキで
「雪糕(アイスクリーム)」
「雪條(アイスキャンディー)」
「啤酒(ビール)」「汽水(サイダー)」
「文具」「玩具」の手書き文字が。
その上には小さな黒い看板。
「RAINBOW ARTS CO.」
...どこがその店かわかりません。
グリーンのシャッターは
平日は開いているのだろうか。

ところで、ここは建物の階段のある
入り口でもあります。
ペンキははげていますが
丈夫そうな木をたっぷり使っている
ようです。


f0063645_06593.jpg
反対側には錆びた「CAMEL」の
プレート。

f0063645_075291.jpg
上を見上げると....こんなふう。

なぜか、建物の半分は塗装をしていません。
塗り直す前の様子を伺い知ることができます。
f0063645_013255.jpg








これは、塗装し直していないほうの一階部分。




先程、この建物のことが何かわからないかと香港のサイトを検索していたら
こんな記事が!
英語ならおわかりになるという方はこちら

(う〜ん、意味は朧げながらわかるんですが人に説明できるほど明確には訳せません〜〜。
ごめんなさい)
とにかくこの青い家は歴史的に非常に価値のある家だということらしいですね。
(以下、間違っていたらごめんなさい)
1920年代〜50年代の建物が残るこの地域の保護と地域発展のためのプロジェクトが発表されたということです。
それも、私がこれを撮った2〜3日後のこと。
青い家はこの区画の中でも特に重要らしく、ヨーロッパのアールデコ様式のバルコ ニータイプの建物で、1870年代に初めて灣仔に造られた病院の跡地?だということです。
(斜め読みですしよくわかりませんが。この界隈、どうなるんでしょう?)

オマケ。青い家の窓のアップです。


f0063645_1293155.jpg

<実は、夜、この建物の階段部分に少しだけ立ち入ったのです。次はその写真を...>
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-05-01 01:36 | 散歩と旅・建物 | Comments(6)
Commented by humsum at 2006-05-01 05:11
前回もですが..かなり圧倒されて拝見しました..
拝見しながら、映画「ブレードランナー」を思いだしていました
雨の中の日本人街..こんな雰囲気でした..向こうの人には..
日本もこんなイメージに見えるのでしょうね..
青い家の内部も期待です..
Commented by GG-1 at 2006-05-01 11:15
だ~っと青色に塗ってあっても魅力的な建物ですね
死んでいるのではなく、今も活用されている建物ならではでしょうか
香港Housing Societyとは民間ではなく国の機関なのでしょうか
保存プロジェクトに1億ドル(若しや香港ドル?)とは豪勢です
日本も見習って欲しいなあ
同潤会アパートを跡形も無く亡くしたり、ホンの一部を復元して後はガラスの塊にする前に!
Commented by kadoorie-ave at 2006-05-01 23:22
>humsumさま
このような古い建物と、新しい高層ビルとがゴチャゴチャと一緒にあるのが
私には新鮮なのですが、日本に来る外国人の方達も同じように感じるのでしょうね。
青い家の内部....といっても、フラッシュも焚かずボケているわブレているわで
階段の入り口だけなのに心霊写真のようなんです。何が写っているのかわからないかも...。
Commented by kadoorie-ave at 2006-05-01 23:33
>GG-1さま
これだけ強い色なのですが嫌みな色ではなかったです。なんというか、油絵のようでしょう?
かすれ具合とか、色の重なり具合とか。
油絵を勉強していた頃、安っぽくてこなれていない色、
うすっぺらで浅い感じの色を、「生っぽい」「染まったような色」と呼んでいました。
香港では意外とそんな色を見かけないのが不思議です。
この区域の保護が決まって嬉しいような、どんな形で「保護」するのか少々不安なような気もいたします。
ホンの一部を残して後は観光名所っぽく開発するのでないといいのですが。。。

Commented by atom at 2006-05-02 00:13 x
香港や東南アジアの街には「歴史」を感じますよね。特に中国や中国人の「激動の」と言っても良いくらいの重い歴史を感じます。中国や香港の人達の表情にもそれを感じます。特に年配の人達の皺、、声、目力はものすごい迫力。 今の平和ボケした日本人の顔には目力は無く、ものすごく間抜けな表情に思えてきます(自分も含めて)。

香港だけでなく海外に行くとその街の色や形に惹かれます。日常の自分の国、自分の生活圏には無い色や形だから新鮮に見える。だから逆に外国の人が撮った日本の写真や絵に自分の国の良さ、魅力を強く認識します。と言うよりはマヒしていた事を改めて教えられます。  

次の個展は香港でなさればきっと香港の人達に喜んでいただけると思います。
Commented by kadoorie-ave at 2006-05-02 19:03
>atomさま
香港にいると、まさに世界の大きな動きのただ中にいるという気がします。
特にお年寄りには「歴史のうねりの中で翻弄された人々」という厳しさを感じますねえ。
若い人々は、国境など関係なく世界中を股にかけて活動しているという気がします。
それだけに、日本の良さもしみじみ...ですね。
<< 香港<灣仔/夜の青い家> 香港<そうそう。4月26日の「... >>