香港...ではなくて新宿ですが

先日、遅咲きの品種の桜咲く新宿御苑を、今年も一目見たいと出かけました。
チラッとでも見られれば幸せ、と思いほんの一時間ばかりでしたが。

ウコン桜(ウコンのような黄みがかった桜ということですが私には薄〜いグリーンに見えます)や
八重咲きの福禄寿、一葉、松月が大好きなんです。
特に松月の柔らかな色合いや質感は、もううっとり。見飽きません。→コチラ参照

今回は、大急ぎで好きな木に挨拶して回っただけなのですが
何故か今まで気づかなかったものを発見いたしました。
御苑をご存知の方なら皆さんご存知の場所なのかもしれませんが....。

<旧御涼亭(台湾閣)>。
ここは、 昭和天皇の御成婚を記念して、当時の台湾の方々から贈られた建物、ということでした。
設計:建築家、森山松之助。  竣工:昭和2年。   木造平屋建て・本瓦葺き
延べ面積:165㎡
建築様式:中国南方地方(福建省)の建築(ビン南建築)様式。
               (本格的中国風建築の日本における数少ない遺構だそうです。)
平成14年から保存改修工事をしていたんですね!
平成16年度に東京都選定歴史的建造物に指定されました。

で。
私が中国の文化にも興味を持つようになったきっかけは、
映画でこのようなシックで素敵な格子にクラクラ来ちゃったからでした。
身近にこんないいものがあったなんて。
それから私は、「格子」好きなだけでなく、「暗い建物の中から眺める鮮やかな緑」好きでもあります。

大好きな場所がまたひとつ。増えてしまいました。しあわせ♪



f0063645_154815.jpgf0063645_152977.jpgf0063645_16283.jpg

f0063645_163720.jpg
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-04-23 01:10 | 散歩と旅・建物 | Comments(8)
Commented by GG-1 at 2006-04-23 15:50
特徴ある屋根を画面に入れる方が多い中
中からの景色や窓格子のみというのは、好きさ加減が判っていいですね
日本の建築では絶対に見られないような窓ですものね
Commented by kadoorie-ave at 2006-04-24 01:01
>GG-1さま
あ、そういえば....屋根にも特徴がありましたね。
なのにすっかり格子に気をとられていました。
ああ、ここでゆっくり質のいい中国茶でもいれてボーーーーッとできたら
ほんとに極楽なんですが。(中国茶って、酔うんですよ♪)
Commented by r-work at 2006-04-24 07:49
いいですねー、窓。中国を旅したとき、こんな窓、たくさん見かけて、
とてもうれしかったことを思い出します。沖縄取材のときも。
沖縄はやはり文化が違うなあと、お隣りの県だけど、そんなことも
思いました。鹿児島も中国との交流が盛んで、こういった建物が
ちょっとだけあったりするんですよ。
Commented by kadoorie-ave at 2006-04-25 03:40
>r-workさま
飛行機に乗っていると、鹿児島から中国への近さにビックリいたします。
沖縄料理を、日本に遊びに来た香港の友人たちといただいたのですが
「広東料理とよく似てるね」「食べやすい」と言っていました。
建物に限らず鹿児島のお料理にも、中華の影響が意外なところで見られたりするんでしょうか。
Commented by r-work at 2006-04-25 09:25
そうなんです。鹿児島からは東京に行くよりも中国の方が近くて、ほんとにあっと言う間に着いてしまうって感じなんですよねえ。
鹿児島は琉球を通して中国の食文化の影響を受けていると聞きます。
全国的に有名なサツマイモは鹿児島ではカライモと呼んでいますし、
これはもちろん「唐の芋」という意味ですしね。さつま揚げも、そう。
食文化はかなり影響を受けていると思いますが、鹿児島はもともと
シラス台地で作物が育たない場所でしたので、とても貧乏だった、
そういう意味では、中国からの多くの影響を受けても表現が
できなかった、ところもあるのかなとそんな風に想像しています。
でも、四方を海に囲まれて、外来文化からたくさんの情報を
得られ、歴史的には先進国であったときもあって、カリフォルニア
ワインを作り、ぶどう王と呼ばれた長沢鼎や、北海道でサッポロ
ビールの前身を創った村橋久成など、多くの文化の担い手が
鹿児島から出ています。そう考えると今はさっぱりですけどね(笑)
Commented by kadoorie-ave at 2006-04-25 14:09
私、海からの交易の歴史を妄想するのが大好きなんです。
我が実家には、根拠があるのかないのかすら全くわからない
「とおーーーい昔のご先祖さまは紀州の船乗りだった」...という噂もあるので、
もしかして血が騒ぐんでしょうか?なんちゃって。
Commented by humsum at 2006-04-27 17:00
こんにちわ!!
折角、TBいただいていたのに..遅くなってしましました..
台湾閣の丸窓..これは字をデザインしたものでしたね..
説明板を見たのですが..忘れてしまいました..(苦笑)
こういった緑の風景がスキです..
Commented by kadoorie-ave at 2006-04-28 06:47
>humsumさま
台湾閣について説明板もよく見ずに「好きだわここ!ぅわぁ〜いいなぁ」と
ただ感心するだけで帰って来てしまいました。
改めてGoogleで台湾閣について調べてみたらすぐにhumsumさんのところに
行き着いたというわけです。
humsumさんの写真で、やっと建物全体の様子を把握できました...!
<< 展示会、<Boutique d... 展示会のお知らせ<Boutiq... >>