イラストの仕事<四国 旅マガジン GajA>

10月の上旬に四国は徳島まで取材に行って参りました。これは「四国旅マガジンGajA」といって四国を中心に販売されている、四国の旅の雑誌の仕事なのであります。
この雑誌、全国の大手書店にも取り扱いがあります(もちろん四国旅マガジンGajAのサイトやAmazon.com他にも)。

一昔前と違って、日本のローカル発の雑誌にクオリティの高いものが増えたことは知っていましたが、「四国旅マガジンGajA」も凄い。オールカラーで写真が大きくノビノビ使われている。というと、グラビア雑誌でやたら文字数少なく、「読むとこないじゃ〜ん」と損したような気分になるものが多かったりするのですが、これは楽しく読み込めるし情報量も丁度いい。執筆陣もローカルのみでふんぞり返っている文化人ではなく、毎号「あらこの人が書いている」とニンマリする人が登場。特集も徹底していてほぼ丸一冊。デザイナーのかたもいい仕事している。スッキリきれい、素直で楽しげな誌面だけど、雰囲気だけじゃないのよ♪なんだろうこれは。こんないい雑誌があったんだ...というのが、この雑誌を知ったときの感想。

f0063645_1614098.jpg
これが本日発売、最新号の表紙。

最新号の中味はこちらで一部ご覧いただけます。
 →四国旅マガジン GajA No.054『スローで行こう!電車で行こう!』

私がイラストを担当したのは[特集2]鉄カメラマンが女二人旅をプロデュース『四国の右下どんつきまで。』というページ。この“鉄”カメラマンというのは、昔から当ブログをご覧になっているかた(何人いらっしゃるかわかりませんが...汗)にはお馴染み、どつぼさんこと坪内政美氏であります。

中のページをご紹介すると...こんなかんじ。

f0063645_16481758.jpg

f0063645_16484029.jpg

イラストを二つばかり大きめにご紹介しますね。画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

f0063645_16515183.jpg

f0063645_16521197.jpg

今回の特集は8年ぶりの鉄道旅の特集だそうです。鉄道マニア専門誌というわけではありませんが、この号でしたら旅に出たいけれど面倒だから雑誌で充分派のかたから、鉄道と聞いただけで目が血走りテンションの上がるマニアのかたまで。また単なる旅情報好きの方から四国好きのかたまで、どなたにもご満足いただける内容だ...と昨晩見本誌を隅から隅まで読んでみて思った次第でございます。
--------------------------------------------------
目 次
[特集1]
ごとごとローカル電車で行き当たりばったり
文○宮田珠己 写真○GABOMI

[特集2]
鉄カメラマンが女二人旅をプロデュース
四国の右下どんつきまで。
文、写真○坪内政美 イラスト○小野寺光子

■エッセイ
旧友に逢える四国 文○杉浦哲郎(スギテツ)
セザンヌ 絵、文○牧野伊三夫

■グラビア
美しき四国 鉄道と四季 写真○坪内政美
100年目のことでん 仏生山工場 写真○GABOMI

見たい!知りたい!オトナの社会科見学

わが町に美味しい歴史あり
THE駅前食堂

これぞ旅の醍醐味!
四国の駅弁34選

四国のローカル線 解体新書

徹底取材! 駅スタンプ百花繚乱

旅が100倍楽しくなる
へぇ〜な鉄道雑学10
and more…
-------------------------------------------
ああ、全ページお見せしたい...
目次だけではよくわからないかもしれませんが「徹底取材!駅スタンプ百花繚乱」というページが合計4ページありまして。それぞれ(1)土讃線・予土線/(2)高徳線・徳島線・鳴門線・牟岐線/(3)予讃線/(4)土佐くろしお鉄道・阿佐海岸鉄道...各駅にある(ありったけ全部か?)スタンプがびっしり並ぶページが、ところどころに挟まれています。これは壮観。マニアならずともワクワクしますゾ。
あとね、宮田珠己氏の旅紀行「ごとごとローカル電車で行き当たりばったり」は、声を出して笑ってしまいました。

四国はええがじゃ〜〜♪
[PR]
by kadoorie-ave | 2012-11-25 17:30 | イラストの仕事 | Comments(2)
Commented by 讃岐おばさん at 2012-12-04 11:37 x
四国の紹介、どうもありがとうございます。
楽しそうですね!
アマゾンに発注しました~
Commented by kadoorie-ave at 2012-12-15 21:53
>讃岐おばさんさま
もうお手元に届いて中身をご覧になったでしょうか。いかがでしたか?
この雑誌の各号それぞれの豊かな内容に、四国の豊かさそのものを感じます。この仕事のおかげで、また四国に行くことができて嬉しかった〜!
<< ウォーキングと危険な罠(=書店) すきなもの >>