イラストの仕事<るるぶ東京駅 丸の内 八重洲 有楽町>

またまた久しぶりのブログへの投稿。
食べ物ネタはここのところFacebookに日々記録しているので、もしもご興味のあるかたはそちらもご覧ください(といっても日々食べたもののただの記録です。洒落たレストランや料理屋での写真はほぼ皆無...)。

東京駅の駅舎が創建当時の姿に甦ったというので、ガイドブックが何種類も本屋に並んでおります。東京駅をそこそこ使い慣れているかたでも、通る場所って決まっていて案外知らないところがあるかもしれません。構内も駅周辺もどんどんリニューアルされていますし。


f0063645_9563211.jpgそこで、「るるぶ東京駅 丸の内 八重洲 有楽町」。

私が担当したのは、「丸の内仲通り」のイラストマップです。道の両側の建物を描くということだったので、まだ日差しの厳しいときでしたが、一軒一軒ビルのスケッチをし、写真を撮って往復。
東京駅側から日比谷方面まで通りの右側だけ撮って、日比谷(ペニンシュラホテルのところ)まできたら休憩(エスプレッソとジャンドゥイア←チョコレートを気付け薬に)。そこから通りの反対側を描いて撮って帰る、と。


天日干し状態でフラフラにはなりましたが、角の丸い私好みの“ビルヂング”も多く、そのデザインやタイルの質感などを見てまわるのは楽しかったなぁ。

f0063645_10215999.jpg
←見開き2ページでこんなかんじ。


私のイラスト部分だけお見せすると細部はこんなふう。↓↓↓自分で見てきたのは地上からのアングルだけなので、GoogleのストリートビューやGoogle Earthも使いまくって、ビルの形を一応理解、そして省略....。パースがあまりにも正しいとビルを魅力的にお見せできないため、無理矢理変形もしています。正確さを好むかた、寛大なゆる〜い目でご覧ください。(画像をクリックすると少し拡大するはずです。)

f0063645_10322826.jpg
[PR]
by kadoorie-ave | 2012-11-12 10:39 | Comments(2)
Commented by clarus4510 at 2012-11-13 10:41
光子さんの描くイラストの世界に入り込んで歩いてみたいです。
Commented by kadoorie-ave at 2012-11-14 11:24
>clarus4510さま
クラルスさん♪あの通りは香港政府観光局、ペニンシュラやCOVAなど香港を思い出させてくれるところが揃っていますよね。改めて歩いてみるとビル自体も正統派昭和のビルが多くて面白かったです。その雰囲気はちゃんと出たかなぁ?
<< すきなもの 見たこともない世界を描くこと >>