香港<窓や格子>

食べ物が続いたので、なんとなぁく好きな香港の窓ばかりを集めてみました。
(それにしても、写真の数ばかり多くて、重くて開けにくかったらごめんなさい)


f0063645_232471.jpg
←とても気に入って、前回香港を訪れた時に何枚も写真を撮ったり
イラストに描いたりしたのですが、取り壊しと建築計画の表示、
そして一階の店舗のそれぞれの転居先の貼り紙が貼られていました。

f0063645_233257.jpgf0063645_2332032.jpgf0063645_233351.jpg















↑(左)少々古いタイプのアパートメントによくある、建物の角のまあるい窓。
 (中)1933年創業の有名な茶楼「陸羽茶室」の夕暮れ時。あこがれのオールドスタイル。
 (右)上灣(ションワン)にあった建物。建物の左半分は取り壊してガリガリと削り取られて
    取り壊されていました。残されたこの部分では、一階で普通に漢方薬店を営業中でした。
    昔は随分洒落た洋風建築だったんでしょうねぇ。


f0063645_23283614.jpg
←灣仔(ワンチャイ)にある古い建物の残る一角。

f0063645_2329391.jpg
←この家は二階の広いベランダのようなスペースに植木鉢がリズミカルに並び
 なんとも楽しげでした。

f0063645_23291977.jpg
←スターフェリー(九龍と香港島の渡し船)乗り場の中の窓。

f0063645_23353263.jpgf0063645_23361019.jpg
←灣仔の先程と同じ
区域の「とても古い」
アパートメント。
香港人の友人張さん
ご夫妻が、わざわざ
車で連れて行って
くれました。
香港人の方にとっても
見学したい建物のよう

f0063645_23374239.jpg←同じく灣仔にて。

f0063645_23445923.jpgf0063645_23452464.jpg



←左は小さな養老院の窓。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-04-14 23:48 | 散歩と旅・建物 | Comments(8)
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2006-04-15 01:26
わ~。やっぱり怪しい~^^!アジアじゃない、欧州でもない、どこなんだろ?って街並みですね。窓を飾るのって日本の建物には薄い習慣だし、こういう街って、迷い込むと時代も含めてほんとどこの国にいるのかわからなくなりそう~。やっぱし一度行ってみなきゃですね!
Commented by r-work at 2006-04-15 09:13
いい窓たちばかりですね(笑) 雰囲気のある建物の窓は限りない魅力があります。いまの日本の窓辺は味気なくて、見とれるようなものがなくて。

鹿児島は古い石造り建築が残っていて、それは味があるんですが、どんどん取り壊されてしまい、石橋も洪水で流されて、鹿児島の古くてよいものたちがどんどん失われていくことが、このお写真を見ていて切なくなってしまいました。
Commented by atom at 2006-04-15 16:48 x
真新しいアーティスティックな建物よりも、ごくフツーの人達の住む欧亜混血の古い建物の方に惹かれるのは何故でしょうね。 写真でも絵でも実に「絵」になります。切り取らなくても存在しているだけで「絵」になります。
Commented by kadoorie-ave at 2006-04-16 00:33
>pyontaro-piyopiyoさま
鉄と格子好き(‘鉄格子の中’が好きというわけではありません)の私にとっては、なかなか楽しい街です。中国国内の広州には、昔英仏の租界だった地帯があり、建物だけはどう見ても完璧なフランスの町並みそのものなのでした。けれど、窓から巨大なパンツ(ズロースというのでしょうか)がぶら下がっていたりするのでそれこそ「ここはどこなんだろ?」って街並みです。立派な物以外はガツンガツンと取り壊されていましたが。
Commented by kadoorie-ave at 2006-04-16 00:39
>r-workさま
歳月を感じる窓はいいですねえ。昔はどんな人がどんな思いで暮らしていたんだろうと色々なイメージがふくらみます。
香港も、味があっていいなぁと思っていたものばかり、みんな取り壊されて姿がありませんでした。新しく建てられたものは、いったい、50〜70年後にはいい味を出してそこにあるのでしょうか...。
Commented by kadoorie-ave at 2006-04-16 00:53
>atomさま
魅力や味わいという点では最新の技術や有名な建築家のデザインも、積み重なって来た歳月の醸し出すものに勝てないような気がします。
元は取るに足らない平凡なものだったろう建物ですら、それなりの風格が出ていて素敵でした。
香港の人たちにとっても、なんでもない古い建物に愛着や郷愁を感じるようで、写真を撮っていると「あっちのも写しておきなさい」とか「この建物は自分も好きだけど、日本人のあなたも好きか?」などと話しかけられました。
日本でもどこでも同じなんですね。
Commented by GG-1 at 2006-04-16 02:20
窓枠だけ、と言う目で見ると日本でもあるかもしれませんが
窓とベランダ(手摺り?)との組み合わせは独特の妖しい魅力を放ってますね
立派な物以外はガツンガツンですか・・
何処の国も様子は似たような物なのですね
Commented by kadoorie-ave at 2006-04-17 01:18
>GG-1さま
古い建物はそれぞれ個性があって、たまらなくいい味を出しています。
建物ができたばかりの頃の、誇らしげな様子なども見てみたい気がします。
それにしても、上灣の半分削られた建物、他の階には人気(ひとけ)もなかったのですが
一階で営業中の漢方薬店には、頑固そうな老人が
「誰が立ち退くものか」といった風情で頑張っていましたし、
古くからのお客さんとおぼしき人たちもちゃんと買い物に来ていて
根性あるなぁ....と感心してしまいました。
すごいのですよ、取り壊して撤去中の残り半分の様子の迫力が。
<< 香港<扉と格子> 香港<おやつ> >>