「地図集」日本で初めて翻訳された香港の小説

香港トラムに乗ってぶらり旅 写真展&香港茶話會のご案内はこちらです!
   →ONE DAY: http://oneday55.exblog.jp/17395282/
Facebookにも「香港トラムに乗ってぶらり旅」のページができました。
   →FB「香港 トラムに乗ってぶらり旅」
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
先日、富永さんに「お薦めしたいものがあるの」と教えていただいた本。


f0063645_1034951.jpg『地図集』

あの...地図帳ではありませんので誤解しないで。
尊敬する富永さん(@香港・台湾のことならこの人に訊いて♪)が、
熱心に語るには「日本ではじめて翻訳された、香港人の作家
による小説
なの」だそうです。

つまり、これまで一冊も香港人による香港の小説は、日本で出版さ
れたことがない
ということなのであります。なんてこった。

富永さんのご推薦ならよさそうだなあ...ということもありますし、各書評を読んで、私も期待が膨ら
む。まだ読んでいません。これから注文する予定。でも情報として是非ご紹介しておきたいと思った
次第です。だって、面白そうよ。
未読の上に文才のない私が四の五の書いても仕方がないので、各方面から拾った書評その他をここに
載せておきます。興味のあるなし、面白いかどうかは各自のご判断で。

富永さんからいただいた毎日新聞切り抜きのコピー。
(画像をクリックすると読みやすい大きさに拡大してご覧いただけます。)

f0063645_1150481.jpg


今週の本棚:鴻巣友季子・評 『地図集』=董啓章・著毎日新聞ウェブサイトより(こちらも画像
をクリックすると拡大してご覧いただけます)

f0063645_121727.jpg


翻訳者の一人、中島京子さんツイッターでの発言から(下から上にお読み下さい)

f0063645_12132890.jpg
  

河出書房新社のサイト「地図集」

●Amazon.com→「地図集」 

------------------------------------------------------------
ボウッとして...いたわけではないのですが、ブログでご紹介したい本も溜まってしまっています。か
こさとしさんのご本とか...!素晴らしい内容なので、満を持して!と思っていたのですが、これでは
持しすぎ。旬を逃してしまう。反省〜

 
[PR]
by kadoorie-ave | 2012-04-14 16:23 | | Comments(2)
Commented by suzie at 2012-04-19 10:24 x
先ほどamazonから届いたばかりの「地図集」をぱらぱらとめくってみれば…。やはり興味深い香りがそこはかとなく漂ってきます。
作者は香港大學を卒業し、現在は香港中文大學創作科の講師をされているそう。30年代から現在に至る家族の物語「天工物語」は、中国返還後の最高傑作と評価されているとか。この「天工
物語」も翻訳を切望します!
Commented by kadoorie-ave at 2012-04-28 23:43
>suzieさま: こういう香港ならではの空気が伝わってくる小説、待ちわびていたような気すらします。
ぜひとも「天工物語」の出版を待ち望みます♪
<< 少々バタバタ... 「香港トラムに乗ってぶらり旅」... >>