香港キョロキョロそこかしこ<あの世の生活用品>

都築響一さん云うところの「冥土のみやげ」。
あの世のかたに送り届けるための様々な生活用品。紙でできた実物そっくりさんです。墓地にある炉
などで、きっちり燃やして煙にし、あの世で不自由しないように気遣ってあげる。...ので、子孫など
がビンボーだったり、顧みてれくれなければ、あの世でも暮らしに不自由するっていうことでしょう
か?
廉価版・普及版のお値頃セットで、最低限の生活を保障。オーダーすればジェット機だって土地やビ
ルだってありますし...趣味の世界に走ることだってできる。遺言にでも、ものすごく欲しかったギ
ターとか、カメラの機種とか...書いておくといいかもしれません。

f0063645_1316267.jpg  

f0063645_131626.jpg


関連記事:(2007/6/11)「手もとに置く本<Souvenirs from HELL 香港式・冥土のみやげ>
    : (2006/4/5) 「香港<お墓参り>


[PR]
by kadoorie-ave | 2012-03-31 13:33 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)
Commented by hongkonggaffe at 2012-03-31 15:33
冥紙を道路脇においた朱色などの缶の中で燃やしていたりもしますよね。
信心深さは、日本人の比ではないような気さえします。
お写真に紹介していただけたような「あの世での必需品」、
かつて、自分用のお土産で買い求めようかとも思ったことがありましたが、
やはり不謹慎かと省みて、思いとどまりました。(笑)
仏具屋さん、祭事屋さんなどの軒先に、よく吊るしてあったりしますね。
表面のセロファン越しによ~く見ると、ほんと、よく出来ているものだったりして、興味深いです。
Commented by kadoorie-ave at 2012-04-03 11:21
>hongkonggaffeさま
あの紅い缶、本気で買って帰りたいと考えたことがあります...。
もちろん、仏具屋さんにある「あの世での必需品」は、欲しくて欲しくてたまらないのですが、
私も不謹慎なのだろうと思い、手を出さず仕舞いです。
以前香港朋友のお墓参りに行く前に、御供えセットをホテルのベッドの上に置いて撮影しようとしたら
「ひゃあ、そんなところに置いてはいけません!ベッドなんて」と
友人が顔色を変えたことがありました。写真に撮ってはいけないのではなく、
そんな場所に置いてはいけないのだと。
もう少し詳しく話を聞けばよかったのですが、どういう意味合いでだめなのか聞かず仕舞いで。
<< 香港キョロキョロそこかしこ<トラム> 香港のまち、香港の若き養蜂家た... >>