<香港・台湾 買い物記録帖>台湾/火金姑のランプ


f0063645_17431649.jpg好好台湾」ほか、青木由香さんの手掛ける台湾(台北)トラ
ベルガイドでよく紹介されている場所の一つに、火金姑工作
」という店があります。 

「好好台湾」からそのまま引用すると...
永康街から外れた静かな住宅地の青田街(チンテンジェ)に、夜になるとポツンと灯りが
点ります。そこは、優しい光のランプをたくさんぶら下げたお店。中には、小柄な台湾版
マイク眞樹のようなおじさんが一人。さっきまで歩いていた台北の喧噪とはまるで別世界
です。
この文章を読んでから、魔法にかかったみたいに、この店に行ってみたくてたまらなかったのです。
由香さんがそういうなら、私もそこに行ったらそのように感じるだろうな...と。ランプを買うことは
ないと思うけれど、ちょっと覗くだけいい。

f0063645_54017.jpg
「この道でいいのかなぁ」雨続きの
夜の台北。静かな住宅街を少し心細
い気持ちで歩いていると、それらし
きあたたかな光がこぼれている窓を
発見。

やあ、ここだ、ここだー!

一瞬、ぼうっと立ちつくしてしまいました。なんというんでしょう、台湾の映画セットの中に居るみ
たいな。「靴に恋する人魚」とか「台北の朝、僕は恋をする」のシーンが頭の中にグルグル甦る。

f0063645_5425850.jpg

f0063645_633795.jpg


店内。

数え切れないほどのランプが、天井から
壁から、棚の上、台の上、テーブルの上
に。

そのどれもが、古いランプやパーツを組
み合わせて、店主の楊[金昆]金さんが生
まれ変わらせたものばかり。

f0063645_6122149.jpg
このコーナーは、そのパーツの一部が、そのぅ...雪
崩をおこしている場所。

古い楽器、なにかの管、アクセサリーの一部...一見
がらくたのように見えるけれど...このままなら確か
にがらくたなんですけれど...これこそが楊さんが古
ぼけたランプに新しい物語を語らせるための、大切
なパーツの山。

f0063645_6211914.jpgひとしきり店内を見ると、楊さんがテーブル
でお茶を淹れてくれます。
それほど饒舌ではないものの、身振りと表情
がチャーミングな楊さん。思わず、「どんな
人なのか、これまで何をしてきたのか」知り
たくなりますが、そこは適当にはぐらかされ
てしまいます。
「前はただ、こういうランプのコレクターだ
ったんだ。ずっとね」なんて。

永康街のゲストハウス「小自在」で手に入れ
た「康青留 旅人手帖」。そこには、火金姑
の楊さんは『土木学出身』とありましたけれ
ど。謎、たくさん。

結局...。
あの魔法の空間にいたら、ふと私の枕元で使っていたライトが壊れていたことを思い出しました。も
し、「火金姑」の灯りを置くことができたら、眠る前の時間が穏やかで幸せなひとときになりそう。

スーツケースにも入りそうな、小さなガラスのパーツを見つけ出して「これで作っていただいたらい
くらになりかすか?」と訊くと、「2500元」とのこと。大体6400円くらいです。思い切ってお願い
することにしました。翌日の夜、取りに来ればよいとのこと。

f0063645_6463053.jpg

台北の夢のかけらは、いま私のベ
ッド(?)サイドに。


枕元を照らす明かりが、ライト
ゃなくてランプになった。

一つだけ困ることは、睡眠導入機
能があるのか、点けたとたんにス
ヤスヤ眠ってしまうこと。眠って
はいけないときにも。





[PR]
by kadoorie-ave | 2011-11-27 06:51 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)
Commented by gogo-komomo at 2011-11-28 20:52
写真で見てもあたたかな光。私もほしい………。
これは睡眠導入作用あって当然だわー。
Commented by kadoorie-ave at 2011-11-29 10:10
>gogo-komomoさま
しばらく前に、仕事場の電球をLEDに替えました。明るいし、電気代もかからないのはいいんだけど、鋭く冷たく、硬い光なので疲れます。色は一応電球色なんだけどな〜。せめて眠る前は、こんなあたたかな光がいいよねー。
<< <香港・台湾 買い物記録帖>台... <香港・台湾 買い物記録帖>香... >>