香港路地的裏グルメp65~<大坑>

大坑。香港取材のとき、池上千恵さんが「見て欲しい・描いて欲しい物件がある」ということで連れ
てきてくれたのがこの辺り。
ふぅぅぅん、なにか見覚えがあるような...デジャヴ??...違うなあ、もしかして以前に朋友Tammy
さんとそのご主人張先生(この『先生』は日本語で男性を呼ぶときの『〜さん』『〜氏』にあたるよ
うな言葉。teacherじゃありません)が連れてきてくれたのがこの辺りだったような。
そうえば見覚えのある店があります。確か腸粉の美味しい店です。気になっていた店なので、二枚の
写真を合成してしまいましょう。(画像をクリックすると、拡大します。)

f0063645_23585655.jpg

↓さらに同じ店でもう一枚追加。ああ、このローカルな下町の空気がたまりません。

f0063645_005357.jpg

この「康記粥店」、気に入っているので何枚も写真を撮ったのですけれど、千恵さんも取材してたのね。
私が同行したのは、「香港路地的...」の一部のお店なので、本ができるまで、この店も「路地的」に
載っていると気づかなかったのです。記事はp74にありましたよ〜!

f0063645_07586.jpg
さて、大坑といえば、張先生&Tammyさん
に連れてきてもらった時の印象は、ちょうど
この画像のようなかんじ。

車の整備・塗装や板金の作業場などの多い、
こざっぱりとした下町の印象。

ここに最近は小じゃれたカフェなどもできて
きて、注目のスポットになっているとか。地
価や家賃もどんどん上がってきているとのこ
とで、いつまでこのような懐かしめの香港
感じられる地域でいられるか、気になるとこ
ろです。

f0063645_015041.jpg
さて。

香港好きの皆さま。
中でも、映画などで下町の風
景を見て、すっかり香港が好
きになった皆さま。

いかがでしょうかこの写真。
好き?
好きでしょ、好きでしょ?
私は大好きです、路地にグリ
ーンの天幕。明るい赤のプラ
スティック・スツール!
簡素なテーブルの上のアルミ
製ペコペコやかん。

この組み合わせを見ると、
「香港に来たーーー!」って
いう気がします。



では、このお店については次
の回で。




[PR]
by kadoorie-ave | 2011-10-05 23:31 | 散歩と旅・建物 | Comments(6)
Commented by gogo-komomo at 2011-10-06 20:21
はい!好きですっ!
大坑なくして、路地的裏グルメは語れないです~。どんどんおしゃれな
店が進出してきているけれど、康記や炳記のような店は永遠にここに
あってくれなくちゃ困る! うわーん。早くここに行きたいよぅ~~~!
Commented by arak_okano at 2011-10-08 06:06
アラックです。
香港の朝は、お粥か雲呑麺ですね!!
路地裏グルメ、バグース!!
Commented by ころた at 2011-10-09 10:09 x
天后を定宿としていてご近所なのに
ここ知らなかったんです。
銅鑼湾行くときもバスどおりばかり
一度だけ銅鑼湾道を歩いていったことあるのですが、ただ通りすぎただけでした。
先日原画展でkomomoさんにお会いしたときに
この街の魅力をうかがい
ぜひ、今度行くときは攻めてみたいと思っています。
路地的裏グルメの最初のページの挿絵のエピソードもうかがいましたし。
Commented by kadoorie-ave at 2011-10-09 17:36
>gogo-komomoさま
いいですよねえ、大坑!!!
あまり注目されすぎて地価や家賃が上がらないことをのぞみます..香港でも人気なのはよくわかる...けど、そっとしておきたいところでもありますね〜。さあ、もうすぐ香港だぁ!楽しみですね〜。
Commented by kadoorie-ave at 2011-10-09 17:37
>arak_okanoさま
アラックさんこんにちは!
路地裏グルメは、何度食べても飽きない味が多くて大好きです。
お粥...雲呑麺....もう食べたくなってきました。
Commented by kadoorie-ave at 2011-10-09 18:01
>ころたさま
大坑は微妙に行きづらい場所ですよね。だからこそ、これまではそうっと放っておかれたのだと思います。
私は香港朋友一家がよくこの辺りで食事をする(昔ながらの味のおいしいところが色々ある)というので、連れてきてもらっていました、車で。なつかしめの唐樓が多くて、好きなのですけれど、この辺りでもジワジワどんどん減っているような...
<< 香港路地的裏グルメ p70<炳... 香港路地的裏グルメ<p22 添... >>