2011年、香港。<龍記飯店(燒臘)/中環 Central>

香港島の中環(Central)結志街5號(Gage Street 5)。燒臘で有名な「龍記飯店」はこの坂道にあり
ます。燒臘というのは、叉焼やガチョウ、鶏や豚、鳩のローストのこと。広東料理の花であります。
焼きものさえ買って帰れば、慌ただしい夕飯の準備だって、ひょいっとやってのけられそう。手抜き
じゃありませんよ、こればっかりはプロでなければ作れない味です。大きな烤炉(かまど)も必要で
す。レストランの中には、焼き物専門の職人がいて、厨師や点心師とはまた別の独立した職種なのだ
とか(「香港菜單」謝華顯/著より)。それほどに専門的な技術を要するものが、街中の店でホイホイ
買えるのが、たいへーんにうらやましいです。

f0063645_023314.jpg

f0063645_0235488.jpg

引きも切らずやって来るお客さん。注文をとるのにお店の人もてんてこ舞い。


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-08-15 23:46 | 散歩と旅・建物 | Comments(4)
Commented by マツモト at 2011-08-16 12:49 x
燒臘の油が垂れているのと同じように、よだれが垂れてきそうになりますっ。
Commented by kadoorie-ave at 2011-08-17 00:48
>マツモトさま
ああ、なんと実感のこもった表現なのでしょう...。私も右に同じ。
Commented by 豆腐花 at 2011-08-17 23:52 x
龍記飯店は香港に行くと必ず食べに行きます~!時々、テイクアウトして
ホテルでビールを飲みながら・・・太ってしまうううう
Commented by kadoorie-ave at 2011-08-18 12:45
>豆腐花さま
ホテルでビールを飲みながら....!いいですよねえ〜〜〜。最高ですね。今回はできなかったけれど、次回は絶対テイクアウトします。
それにしても、高カロリーなものってどうしてこんなにおいしいのでしょ。机に向かって一日中じっとしている自分がいやになります。思い切り体を使った労働をして、そのあと、存分に食べる....そして眠る。それが理想です。
<< 2011年、香港。<青空... 2011年、香港。<caffe... >>